NFT

【NFT】SBT(Soul Bound Token)とは?活用事例や入手方法を解説

【NFT】SBT(Soul Bound Token)とは?活用事例や入手方法を解説

悩む人
最近NFTで「SBT」ってよく聞くようになったけど、よくわからないな...普通のNFTと何が違うの?

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • NFTの「SBT」とは
  • SBTの特徴【普通のNFTとの違い】
  • SBTの活用事例
  • SBTを入手する方法

最近、NFT界隈で「SBT」という言葉を聞く機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、SBTとはなんなのか、普通のNFTと何が違うのかわからない人も多いはず。

結論、SBTとは転送や譲渡ができないNFTのことを言います。

本記事では、SBTの基本を紹介しつつ、NFTとの違いや実際の活用方法を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、SBTの入手には仮想通貨が必要です。まだ口座を持っていない人は早めに準備しておきましょう。

コインチェック

\最短5分で登録完了!/

コインチェックに無料登録する

NFTにおけるSBTとは?

SBTとは「Soul Bound Token」の略で、直訳すると「魂に縛られたトークン」となります。通常のNFTと違い、転送や売買ができないという特徴を持ちます。

SBTは、イーサリアム(ETH)の創設者のひとりであるヴィタリック・ブテリン氏らが発表した論文から広まりました。

2022年ごろから国内でもSBTが取り入れられることが多くなり、マーケティングツールや証明書としてこれから活用用途が広がると予想されています。

SBTの特徴【普通のNFTとの違いは?】

SBTの特徴【普通のNFTとの違いは?】

ここからは、SBTの特徴を、普通のNFTとの違いを交えて紹介していきます。

SBTの特徴

  1. 転送や売買ができない
  2. 金銭的価値がない
  3. 行動履歴や個人経歴の証明として使える

1:転送や売買ができない

SBTの特徴は、他のウォレットへの転送ができないことです。入手したSBTは、ミント(発行)したウォレットに残り続けます。

当然、SBTを販売することも不可能なので、売買は成立しません。

ちなみに、OpenSeaなどのプラットフォームでSBTにオファーが出ることがありますが、当然取引は不可能です。

ながもん
SBTと同じデザインがNFTとして売買されている場合、偽物の可能性が異常に高いので、購入しないようにしましょう。

2:金銭的価値がない

SBTは売買ができないため、金銭的価値がつくことがありません。そのため、投資価値はないと考えておきましょう。

ただ、SBTそのものに金銭的価値はありませんが、SBTを持っていることで様々な特典が受けられると言う点で、金銭以外の価値が生まれることが多くなっています。

3:行動履歴や個人経歴の証明として使える

SBTは、金銭的価値がないものの、行動履歴や個人経歴の証明として機能します。

例えば、僕が持っているNFT「LLAC」をミントした際に発行されたSBT「Live Like A CAT Mint SBT」は、初期にLLACをミントしたという証明になります。

そのため、このSBTと実際にミントしたLLACのNFTを持っていることで、LLACを初期から持ち続けていることの証明になるわけですね。

NFTコレクションだけでなく、アイドルの推し活や学校の卒業証明としてSBTが機能することも今後あるかもしれません。

SBTの活用事例

ここからは、具体的なSBTの活用事例をいくつか紹介していきます。

SBTの活用事例

  1. イベントなどの参加証明
  2. 卒業証明
  3. 応援したことの証明

1:イベントなどの参加証明

SBTは、イベントなどの参加証明としても使われます。

例えば、2022年11月に行われたLLACのセミナー参加者には、セミナー参加SBTが配布されました。

セミナー参加のSBT

セミナー参加のSBT

参加者にとっては記念品として使うことができ、発行する側はセミナーに参加した人を対象にキャンペーンを行うことが可能になるなど、双方に良いことがあります。

2:卒業証明

卒業証明書にもSBTが活用されます。

現在、発行する場合は卒業した学校への問い合わせとなりますが、これから活用される機会が増えることが期待されています。

3:応援したことの証明

SBTは、応援したことの証明としても利用できます。

例えば、先日NinjaDAOでアニメ制作のクラウドファンディングが行われました。クラウドファンディングでは即目標金額に達し、応援したくてもできなかった人が多く、Twitterで「#応援させろ」のハッシュタグが生まれるほどでした。

このクラウドファンディングでは、応援した証明として、手裏剣のSBTが付与されました。その後は、持っているSBTに応じてNFTの色が変わり、どれだけ応援したかが一目でわかるようになりました。

このように、SBTは応援したことの証明に使われます。

SBTの入手方法

SBTは基本的に無料で発行されます。

ただ、SBTをミント(発行)する際にガス代(手数料)がかかります。ガス代は日本円ではなく仮想通貨での支払いになるため、仮想通貨を準備する必要があります。

ここでは、SBTの入手方法を5ステップでわかりやすく解説します。

SBTの入手方法

  1. 仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する
  2. メタマスクをダウンロードする
  3. ミントサイトにアクセス
  4. ガス代を支払いSBTをミントする
  5. OpenSeaでミントできたことを確認する

1:コインチェックの口座開設をする

コインチェック

コインチェック

まず、仮想通貨を準備しましょう。なぜなら、NFTは現金ではなく、仮想通貨で購入するからです。

仮想通貨は取引所で入手できます。中でもおすすめなのがコインチェックです。コインチェックは利用している人も多く、セキュリティも強固。そのため、初心者はコインチェックを使っておけば問題ありません。

「仮想通貨は難しそう」という人も多いと思いますが、口座開設も取引も簡単なので、以下の記事を参考にサクッと仮想通貨を手に入れてみてくださいね。

>>コインチェックの無料登録方法

2:イーサリアムを購入する

コインチェックで口座開設できたら、イーサリアムを購入します。なぜイーサリアムかというと、NFTの購入のほとんどはイーサリアムで行うからです。

まずはイーサリアムを購入してみましょう。購入方法は以下の記事で解説しています。

>>コインチェックでイーサリアムを購入する方法

3:メタマスクを準備する

続いて、仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」を作成していきます。

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)

ウォレットとは、仮想通貨を入れる「財布」のようなものです。仮想通貨を入金することで、外部との取引が可能になります。

メタマスクのダウンロードと仮想通貨の移動方法は以下の記事で紹介しています。
>>メタマスクのダウンロード方法

4:Openseaとメタマスクを紐づける

続いて、Openseaとメタマスクを紐付けます。

Opensea(オープンシー)とは、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。「NFTの購入はOpenseaで」と言ってもいいほど、大きなシェアを獲得しています。

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

まず、OpenSea(オープンシー)を開きます。

>>OpenSea(オープンシー)

OpenSeaを開いたら、画面右上から「人のマーク→Settings」を選択

「人のマーク→Setting」を選択

画面右上から「人のマーク→Setting」を選択

「MetaMask」を選択します。

「MetaMask」を選択

「MetaMask」を選択

「Sign In」をクリック。

「Sign In」をクリック

「Sign In」をクリック

「接続」をクリック。

「接続」をクリック

「接続」をクリック

署名を要求されるので、「署名」をクリックします。

「署名」をクリック

「署名」をクリック

これで、MetaMaskとOpenSeaの接続は完了です。

5:ガス代を支払いSBTをミントする

続いて、SBTをミントします。

ミントは多くの場合、Discordに掲載されるミントサイトから行います。

ミントのやり方は以下の記事で紹介しています。ミントの練習もできるので、今回が初めてのミントという人は練習しておいてもいいかもしれません。

>>NFTをミントする方法

6:OpenSeaでミントできたことを確認する

最後に、SBTがミントできたことをOpenSeaで確認します。

OpenSeaにアクセスし、先ほどミントしたSBTが表示されればミント成功です。

※表示までに時間がかかる場合があります。
※表示されない場合は「非表示」に入っていないかを確認してみましょう。

これでSBTのミントは完了です!

まとめ:SBTを使ってNFTの幅を広げよう!

本記事では、NFTの「SBT(SoulBound Token)」について解説しました。

✔️  本記事のまとめ

  • NFTにおける「SBT」とは他のアカウントに移転・譲渡のできないNFT
  • SBTはセミナー受講記念や卒業証明、イベント参加への証明に用いられる
  • SBTは無料で入手できることがほとんどだが、ガス代としてイーサリアムが必要
  • NFTプロジェクトのAL配布など、マーケティングツールとしても用いられる

SBTは今後あらゆる場面での活用が期待されています。
まだSBTをミントしたことがない人は、まずは仮想通貨を準備してSBTのゲットに挑戦してみてくださいね。

コインチェック

\最短5分で登録完了!/

コインチェックに無料登録する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。NFT投資で含み益200万円以上。ブログ×NFTで稼ぐ方法や、NFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-NFT
-