ブログ

【有料+無料】おすすめのWordPressテーマ9選と選び方

【有料+無料】おすすめのWordPressテーマ9選と選び方

ながもん
こんにちは、ながもんです
悩む人
WordPressのテーマってどれがいいんだろう...
有料のテーマを使うべきなのかな...

本記事では、このような悩みをお持ちの方に向けて、おすすめのWordPressテーマを紹介します。

WordPressのテーマには無料のものと有料のものがあります。

結論、ブログやアフィリエイトで稼いでいきたいなら有料テーマを導入するべきです。

その理由やおすすめのテーマを紹介しています。

WordPressテーマはそれぞれ特徴が異なります。

選び方も紹介しているので、この記事を参考に自分にあったテーマを選んでみてくださいね。

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマの選び方

まずはWordPressテーマの選び方を紹介します。

デザインの好みで選ぶ

WordPressのテーマはそれぞれデザインが異なります。

ビジネスチックなものからおしゃれで可愛らしいものまで様々です。

自分のブログで扱うジャンルや好みに合わせて選んでみましょう。

有料テーマか無料テーマかで選ぶ

WordPressのテーマには有料のものと無料のものがあります。

有料テーマは10,000円〜20,000円の価格帯が多いです。

有料テーマがおすすめの人と、無料テーマも十分な人がいるので、紹介していきます。

✔️  有料テーマがおすすめの人

・ブログやアフィリエイトで本気で稼ぎたい人

・デザインにこだわりつつ手間を減らしたい人

・あとからテーマを移行する可能性がある人

「ブログやアフィリエイトでお金を稼ぎたい」という方には有料テーマの導入をおすすめしま

有料テーマはデザインのカスタマイズ性やSEO対策が充実しているため、ブログで収益化していきたいという場合は有料テーマを選んでおくべきです。

なお、記事数が多い状態で無料テーマから有料テーマに移行すると、かなりの手間がかかることがあります。

そのため、今後有料テーマに移行する可能性が少しでもあるならば、早めの導入をおすすめします。

✔️  無料テーマがおすすめの人

・ブログ運営の目的が稼ぐことではない人

・デザインにこだわらない人

・デザインを自分でできる人

稼ぐことが目的でなければ、デザインや機能としては無料テーマで十分です。

おすすめのWordPress有料テーマ

ここからは、おすすめのWordPressの有料テーマを6つ紹介します。

それぞれデザインや価格に違いがあるので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

✔️  おすすめのWordPress有料テーマ

1.AFFINGER5(アフィンガー5)

商品名 WING(AFFINGER5)
販売元 株式会社オンスピード
価格 14,800円 (税込)
複数サイトでの利用 可能

AFFINGER5(アフィンガー5)は、「稼ぐに特化した」WordPressテーマです。

このテーマを導入しているサイトは多いため、インターネット上にはたくさんの情報があります。

SEO対策に優れており、記事の上位表示をサポートしてくれます。

また、カスタマイズ性が高くデザインのテンプレートの数も多いため、初心者でも扱いやすくなっています。

ながもん
このブログもAFFINGER5を使用しています

WING(AFFINGER5)を導入する

AFFINGER5の詳しい内容は以下の記事で紹介しています。

>>AFFINGER5(アフィンガー5)を使って感じたメリットとデメリット【初心者必見】

2.THE THOR(ザ トール)

商品名 THE THOR(ザ トール)
販売元 フィット株式会社
価格 テーマ&サポートプラン:16,280円(税込)
らくらくサーバーセットプラン:30,140円(税込)
複数サイトでの利用 可能

THE THOR(ザ トール)の特徴は圧倒的なSEO対策と洗練されたデザインです。

美しいデザインのブログを作りつつアクセスも集めたいという方にピッタリ。

デザインの一例はデモページ一覧から確認できます。

THE THORを導入する

3.JIN(ジン)

商品名 JIN(ジン)
販売元  CrossPiece
価格 14,800円 (税込)
複数サイトでの利用 可能

JIN(ジン)は開発者のひつじさん(@hituji_1234)のアフィリエイトのノウハウを結集させたWordPressテーマです。

アフィリエイトで稼ぐために必要な機能が備えられているため、アクセスアップが期待できます。

デザインは柔らかくてかわいらしい印象です。

JINを導入する

4.賢威(ケンイ)

商品名 賢威(けんい)
販売元 株式会社ウェブライダー
価格 27,280円(税込)
複数サイトでの利用 可能

賢威(けんい)は著書「沈黙のWebライティング」で有名な株式会社ウェブライダーが開発したWordPressテーマです。

価格は高めですが、賢威を購入すると、SEOに強いコンテンツの作成マニュアルや手厚いサポートなど、たくさんの特典を受けることができます。

本気でブログ運営をしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

賢威を導入する

5.SANGO(サンゴ)

商品名 SANGO(サンゴ)
販売元 BOOTH
価格 11,000円 (税込)
複数サイトでの利用 可能

SANGOは人気サイト「サルワカ」の中の人によって開発されたWordPressテーマです。

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。

Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。

内部SEOも最適化されています。

SANGO公式ページより引用

見やすいデザインと徹底したSEO対策が魅力です。

SANGOを導入する

6.SWELL(スウェル)

商品名 SWELL(スウェル)
販売元 株式会社LOOS
価格  17,600円 (税込)
複数サイトでの利用 可能

SWELL(スウェル)はシンプルかつ高機能なWordPressテーマです(デモページ)。

ブログをゴチャついた見た目にしたくない場合はSWELL(スウェル)をおすすめします。

SWELLを導入する

おすすめのWordPress無料テーマ

続いて、無料のWordPressテーマを3つ紹介します。

✔️  おすすめのWordPress無料テーマ

1.Cocoon(コクーン)

おすすめのWordPress無料テーマCocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)は無料テーマの中では上位の人気を誇るWordPressテーマです。

ながもん
僕の知り合いにもCocoonを使っている人がたくさんいます

Cocoonの特徴は以下の7つです(公式サイトより引用)。

1.シンプル
2.内部SEO施策済み
3.完全なレスポンシブスタイル
4.手軽に収益化
5.ブログの主役はあくまで本文
6.拡散のための仕掛けが施されている
7.カスタマイズがしやすい

無料テーマとは思えないほど機能やデザインが充実しているため、とりあえずテーマを導入したい人におすすめです。

Cocoonを導入する

2.Xeory(セオリー)

おすすめのWordPress無料テーマXeory(セオリー)

Xeory(セオリー)は「バズ部」が提供している無料のWordPressテーマです。

テーマは「サイトテーマ型」と「ブログ型」の2種類から選ぶことができます。

ブログを運用する場合は、「ブログ型」を選ぶとよいでしょう。

おすすめのWordPress無料テーマXeory(セオリー)

Xeoryを導入する

3.Lightning(ライトニング)

おすすめのWordPress無料テーマLightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)は無料で使える高機能のWordPressテーマです。

WordPressの管理画面から簡単にダウンロードすることができます。

連携できるプラグインも多く、カスタムも簡単なので、最初に使うのに相応しいテーマであるといえます。

Lightning公式サイト

まとめ:ブログで稼ぎたいなら「有料テーマ」を導入しよう

本記事では、おすすめのWordPressテーマ9選と選び方を紹介しました。

✔️  おすすめのWordPress有料テーマ

✔️  おすすめのWordPress無料テーマ

WordPressには無料のテーマと有料のテーマがあります。

もし、これからブログで稼いでいきたいならば、有料テーマの導入を強くおすすめします。

現に、ブログで月に100万円以上稼いでいるブロガーのほとんどが有料テーマを使用しています。

有料テーマは高くても2万円ほどなので、先行投資として導入しておきましょう。

✔️  あわせて読みたい

>>【2021年最新版】ブログ初心者におすすめのASP5選【無料登録】

>>ブログが10倍読みやすくなる文章の書き方のコツ20個【初心者向け】

-ブログ
-

© 2021 NAGAMON Blog