NFT

NFTのmint(ミント)とは?意味や実際のやり方を紹介【初心者向け】

【用語解説】NFTのmint(ミント)とは?意味や実際のやり方を紹介【初心者向け】

悩む人
「NFTをmint(ミント)する」ってよく聞くんだけど、どういう意味なの?具体的なやり方も知りたいな

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • 「NFTをmint(ミント)する」の意味
  • NFTをmint(ミント)する準備
  • NFTをmint(ミント)する具体的な方法
  • NFTをmint(ミント)する際の注意点

さまざまなNFTのプロジェクトが立ち上がる中で「NFTをmint(ミント)する」という言葉を聞く機会が増えました。しかし、mintとはどういう意味なのか、具体的にどんな作業のことを言うのか、わからない人も多いはず。

そこで本記事では、NFTにおける「mint(ミント)」の意味と、実際のやり方を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

なお、mintには仮想通貨が必要なので、キャンペーン中の今のうちに準備しておきましょう。

mint(ミント)とは「NFTを発行すること」

NFTにおけるmint(ミント)とは、デジタル作品データをNFT化するために、ブロックチェーンに記録する作業のことです。「貨幣などを鋳造(ちゅうぞう)する」という意味の英単語「mint」からきています。

簡単にいうと、「mintする」=「NFTを新たに発行する」ということです。

基本的には、各NFTプロジェクトが作成するmintサイトでmintすることがほとんどです。

以下のような感じですね。

mintの練習ページ

mintサイト(練習用)

上記のサイトではNFTのmint練習ができます。試しにmintしてみたい人におすすめです。※ガス代(手数料がかかります)

>>mintの練習ページ

NFTをmint(ミント)する準備

NFTをmint(ミント)する準備

では、NFTをmint(ミント)する準備で紹介していきます。

NFTをmint(ミント)する準備

  1. コインチェックの口座開設をする
  2. イーサリアムを購入する
  3. メタマスクを準備する
  4. Openseaとウォレットを紐づける

1:コインチェックの口座開設をする

コインチェック

まず、仮想通貨を準備しましょう。なぜなら、NFTは現金ではなく仮想通貨でmintするからです。

仮想通貨は取引所で入手できます。中でもおすすめなのがコインチェックです。コインチェックは利用している人も多く、セキュリティも強固。そのため、初心者はコインチェックを使っておけば問題ありません。

「仮想通貨は難しそう」という人も多いと思いますが、口座開設も取引も簡単なので、以下の記事を参考にサクッと仮想通貨を手に入れてみてくださいね。

>>コインチェックの無料登録方法

2:イーサリアムを購入する

コインチェックで口座開設できたら、イーサリアムを購入します。なぜイーサリアムかというと、NFTのmint(ミント)のほとんどはイーサリアムで行うからです。

まずはイーサリアムを購入してみましょう。購入方法は以下の記事で解説しています。

>>コインチェックでイーサリアムを購入する方法

3:メタマスクを準備する

続いて、仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」を作成していきます。

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)

ウォレットとは、仮想通貨を入れる「財布」のようなものです。仮想通貨を入金することで、外部との取引が可能になります。

メタマスクのダウンロードと仮想通貨の移動方法は以下の記事で紹介しています。
>>メタマスクのダウンロード方法

4:Openseaとメタマスクを紐づける

続いて、Openseaとメタマスクを紐付けます。

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

まず、OpenSea(オープンシー)を開きます。

>>OpenSea(オープンシー)

OpenSeaを開いたら、画面右上から「人のマーク→Settings」を選択

「人のマーク→Setting」を選択

画面右上から「人のマーク→Setting」を選択

「MetaMask」を選択します。

「MetaMask」を選択

「MetaMask」を選択

「Sign In」をクリック。

「Sign In」をクリック

「Sign In」をクリック

「接続」をクリック。

「接続」をクリック

「接続」をクリック

署名を要求されるので、「署名」をクリックします。

「署名」をクリック

「署名」をクリック

これで、MetaMaskとOpenSeaの接続は完了です。

NFTをmint(ミント)する方法

NFTをmint(ミント)する方法

NFTをmint(ミント)する方法を紹介します。

NFTをmint(ミント)する方法

  1. mintサイトにアクセス
  2. mintする個数を選択
  3. ガス代を支払いmintする

1:mintサイトにアクセスし、ウォレットを接続

まず、mintのサイトにアクセスします。
mintサイトは、各プロジェクトのDiscordに貼られることがほとんどです。

アクセスできたら「接続」をクリックし、ウォレットを接続します。

2:mintする個数を選択

mintする個数を選択します。
mint数の上限はプロジェクトごとに異なります。

3:ガス代を支払いmintする

最後に、ガス代を支払い、NFTをmintします。
ガス代とは、NFTをmintする際にかかる手数料のことです。

ガス代は時間帯などによって価格が変わります。

NFTをmint(ミント)する際の注意点

NFTをmint(ミント)する際の注意点

最後に、NFTをmint(ミント)する際の注意点を紹介します。NFTを確実にmintしたり、資産を守るために頭に入れておきましょう。

NFTをmintする際の注意点

  1. イーサリアムは多めに用意しておく
  2. mintは必ず公式のDiscordから行う

1:イーサリアムは多めに用意しておく

NFTをmintする際には、イーサリアムを多めにウォレットに入れておきましょう。なぜなら、思いのほかガス代が高くなることがあるからです。

イーサリアムがギリギリの状態でNFTをmintしようとすると、せっかくのmintの機会を逃してしまいます。特に、頑張ってホワイトリスト(優先購入権)を獲得したプロジェクトであればかなり後悔します。

mint前に必ずウォレットに入っているイーサリアムの量を確認し、余裕を持たせておきましょう。

2:mintは必ず公式のDiscordから行う

mintは必ずDiscordに貼られているリンクから参加しましょう。
なぜかというと、mintが始まる前後には、悪質な偽サイトが生まれることがあるからです。

もし、偽サイトにアクセスしてしまうと、NFTをmintできないだけでなく、大切な資産を失うことにも繋がりかねません。実際、被害に遭ったと言う声も少なくありません。

公式Discordや公式Twitterなど、信頼性のある情報に基づいてmintを進めましょう。

まとめ:NFTのmint(ミント)の挑戦しよう

まとめ:NFTをmint(ミント)してみよう

本記事では、NFTでよく耳にする「mint(ミント)」の意味と、具体的な方法を解説しました。

✔️  本記事のまとめ

  • NFTのmint(ミント)とは「NFTを発行する」という意味
  • NFTのmint(ミント)にはコインチェックの口座、イーサリアム、メタマスクが必要
  • NFTのmint(ミント)は、各種mintサイトから行える
  • 詐欺や怪しいプロジェクトに注意

NFTをmintする機会は、これからどんどん増えると考えられます。今のうちに言葉の意味とやり方を覚えて、NFTを楽しんでいきましょう!

以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

>>NFTのホワイトリスト獲得方法

>>NFTのおすすめプロジェクト

今回は以上です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・Webライター。当ブログは月間15,000pv / 収益10万円ほど。「内向型人間が個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログ×Webライター×Web3.0」について発信。

-NFT
-