Webライター

Webライターとは?仕事内容から始め方、稼ぐ方法まで14記事で徹底解説

Webライターとは?仕事内容から始め方、稼ぐ方法まで14記事で徹底解説

ながもん
こんにちは、ながもんです。フリーランスでWebライターをしながら当ブログを運営しています

本記事ではWebライター初心者の方に向けて、

・Webライターの仕事内容

・Webライターの始め方

・Webライターで稼ぐためにやるべきこと

を14記事で紹介しています。

この記事を読むことで、Webライターという仕事の内容から稼ぎ方まで幅広く学ぶことができます

これからWebライターを始めたいという方はぜひ参考にしてみてください。

Webライターとは?

Webライターとは

まずはWebライターの仕事内容や働き方、収入の相場について紹介します。

Webライターの仕事内容

まず、Webライターの仕事の内容について知っておきましょう。

Webライターとは、インターネット上に掲載する記事を執筆する仕事です。

Webライターが執筆する記事は多岐に渡ります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・ニュース

・コラム

・ブログ記事

・商品説明

・インタビュー

また、書くジャンルもビジネスや美容、金融、子育てなど多岐に渡ります。

Webライターの働き方

Webライターの働き方は主に3種類です。

✔️  Webライターの働き方の種類

  1. 企業のライター
  2. 副業ライター
  3. 専業(フリーランス)ライター

それぞれの働き方に関する説明は以下の記事で紹介しています。

>>Webライターの働き方の種類は?それぞれの特徴、なる方法を紹介

Webライターの収入

Webライターの収入は千差万別。働き方や持っているスキルによって大きく異なります。

✔️  Webライターの年収の相場

会社員Webライターの年収の相場は450〜500万円。

フリーランスWebライターの年収は3人に1人が年収200万円未満、半数以上が年収400万円未満。

Webライターの収入に関する内容は以下の記事からどうぞ。

>>Webライターの年収の相場は?高収入Webライターの特徴も紹介

Webライターを始める前に知っておくべきこと

Webライターを始める前に知っておくべきこと

Webライターを始める前に知っておくべきことを紹介します。

僕自身も初心者の頃に知っておきたかったという内容ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

✔️  Webライターを始める前に知っておくべきこと

  1. Webライターに資格は不要
  2. 「コピペ」の知識とチェックツール
  3. Webライターの楽しいところ・辛いところ
  4. Webライターに向いている人・向いていない人

1.Webライターに資格は不要

Webライターを始めるにあたって資格は不要です。

何かしら資格が欲しいという方はクラウドワークスの「Webライター検定」がおすすめです。

無料で受けられる上に、講義動画もあるのでWebライターの勉強にもなります。

2.「コピペ」の知識とチェックツール

Webライターとして仕事を始める前に「コピペ(コピーアンドペースト)」に関する知識を持っておきましょう。

コピペは法律的にもSEO的にもアウトです。

なお、自分ではそのつもりがなくてもコピペ扱いになってしまうこともあるため、チェックツールの活用は必須です。

コピペの詳細やコピペチェックツールの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。

Webライターが知っておくべき「コピペ」のルールとチェックツール
参考Webライターが知っておくべき「コピペ」の知識とチェックツール【失敗談あり】

続きを見る

3.Webライターの楽しいところ・辛いところ

Webライターには楽しいこともあれば、辛いところもあります。

Webライターの辛いところは以下の3つです。

✔️  Webライターの辛いところ

  1. 最初はほとんど稼げない
  2. 自己管理が難しい
  3. たまに孤独を感じる

Webライターは最初はなかなか稼げませ

僕自身も最初はアルバイトの時給以下で働いていました。

また、自己管理が難しく、自分を律することに悪戦苦闘する日々。

ですが、一方でWebライターをやっていて楽しいと感じることもいくつかありました。

✔️  Webライターの楽しいところ

  1. 書いた分だけ稼げる
  2. 人間関係のストレスがない
  3. 好きな時間に好きな場所で仕事ができる
  4. スキルが磨かれている感覚がある

1人で働くので人間関係のストレスがなく、好きな時間・場所で働くことができるのが大きな喜びでした。

Webライターの楽しいところ、辛いところは以下の記事で紹介しています。

>>Webライターは楽しい?辛い?現役ライターが正直に答えます

4.Webライターに向いている人・向いていない人

Webライターにはやはり向き不向きがあります。

Webライターに向いているのは以下のような人です。

✔️  Webライターに向いている人

  1. 文章を書くことが苦手ではない人
  2. 情報収集が好きな人
  3. スケジュール管理ができる人
  4. 一人で黙々と作業することが苦ではない人
  5. 適切なコミュニケーションが取れる人

逆にWebライターに向いていない人には以下のような人です。

✔️  Webライターに向いていない人

1.文章を書くのが苦痛な人

2.孤独な作業に耐えられない人

3.自己表現したい人

Webライターの向き不向きに関する説明は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>Webライターに向いている人の特徴5つ【現役Webライターが紹介】

Webライターの始め方【6ステップ】

Webライターの始め方

続いてWebライターの始め方を紹介します。

初心者はまずはクラウドソーシングで仕事をとっていくことをおすすめします

手順は以下の通りです。

✔️ Webライターの始め方

1.パソコンを用意する
2.Webライターに関する基礎学習
3.クラウドソーシングに登録
4.プロフィールを充実させる
5.タスク案件を受ける
6.プロジェクト案件に応募する

1.パソコンを用意する

Webライターとして仕事をしていく上でパソコンは欠かせないアイテムです。

基本的にどのパソコンを使っても問題ありません。予算や好みで選びましょう。

なお、スマホでWebライターをすることはおすすめしません。その理由もあわせて以下の記事で紹介しています。

>>Webライター初心者におすすめのパソコンはこの3つ【選び方もあわせて紹介】

2.Webライターに関する基礎学習

いきなりWebライターの仕事を受けるのは不安だと思います。

そこでおすすめするのは、本で基礎学習することです。

まずは基本的な文章やWebライターのマインドについて以下の6冊で学んでおきましょう。

✔️  Webライター初心者におすすめの本

どの本も最初から最後まで全て読む必要はありません。

要点を押さえることができれば問題ないでしょう。

ながもん
あとは実践しながら読んでいきましょう

それぞれの本の紹介は以下の記事で紹介しています。

>>【2021年】Webライター初心者におすすめの本を目的別に6冊紹介

3.クラウドソーシングに登録

本で基礎学習が終わったらクラウドソーシングに登録しておきましょう。

クラウドソーシングは、仕事を発注したいクライアントと仕事を探しているワーカーをつなぐサービスです。

クラウドソーシングを使うことで、簡単に仕事を探すことができます。

最初は「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録しておけば問題ありません。

他にもいくつかおすすめのクラウドソーシングがあるので、気になる方は以下の記事からどうぞ。

>>Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングサイト4選【無料登録】

4.プロフィールを充実させる

クラウドソーシングに登録したら、次はプロフィールを充実させます。

プロフィールは案件の獲得において重要な役割を持ちます

以下の記事では、プロフィールの書き方を紹介しています。

>>Webライター必見!クラウドソーシングで魅力的なプロフィールを書くコツ

5.タスク案件を受ける

プロフィールを書いたら次はタスク案件をいくつか受けましょう。

タスク案件は簡単なアンケートや記事作成の案件です。

小さな実績や稼ぐという体験を得ることができます。

5件ほど受けておけば十分でしょう。

6.プロジェクト案件に応募する

次に、プロジェクト案件を受けていきましょう。

プロジェクト案件はタスク案件とは異なり、案件への応募やテストライティングを行う必要があります

案件の選び方や提案文の書き方は以下の記事で紹介しています。

>>Webライター初心者におすすめの案件の選び方と獲得方法【提案文の書き方も紹介】

稼げるWebライターになるためにやっておくべきこと

稼げるWebライターになるためにやっておくべきこと

Webライターとして稼いでいくためには以下の4つをやっておきましょう。

✔️ 稼げるWebライターになるためにやっておくべきこと

1.稼ぐために必要なスキルを知る
2.ブログを運営する
3.学習を続ける
4.継続する

1.稼ぐために必要なスキルを知る

Webライターとして稼いでいくためには以下のようなスキルを身につけていく必要があります。

✔️  Webライターとして稼ぐために必要なスキル

  1. コミュニケーション能力
  2. 文章力
  3. 構成力
  4. 情報収集スキル
  5. SEOのスキル
  6. セルフマネジメントスキル

どれもWebライターとして稼いでいくために欠かせないスキルです。

スキルの詳細と身につけ方は以下の記事で紹介しています。

>>Webライターで稼ぐために必要なスキル6個とその習得方法を紹介

2.ブログを運営する

Webライターで稼ぐためにはブログを運営しておくことを強くおすすめします。

なぜなら、ブログを運営することで多くのメリットを得ることができるからです。

✔️  ブログ運営のメリット

  1. Webライティングのスキルが身につく
  2. ブログ経由で仕事を獲得できる
  3. 収益を得ることができる
  4. WordPressの使い方がわかるようになる
  5. ブログがポートフォリオになる
  6. SEOに強くなる

Webライターがブログを運営しておくべき理由とメリットは以下の記事で詳しく紹介しています。

>>Webライターがブログをやっておくべき6つの理由【メリットだらけ】

また、ブログの開設方法は以下の記事で紹介しています。

>>【10分で完了】初心者でも簡単にWordPressブログを開設する方法【クイックスタート】

3.学習を続ける

Webライターの仕事を続けていれば、必ずスキルアップします。

ただ、仕事をしながら学習を続けることで、成長速度を一気に上げることができます。

学習方法は本やオンラインの学習サイトなど、学習する方法はいくつもあります。

✔️  Webライター初心者におすすめの学習方法

  1. 本で学習する
  2. ブログを運営して学習する
  3. SNSで情報収集する
  4. オンライン講座で学習する
  5. 実際に仕事をしながら学習する

詳しい学習方法は以下の記事で紹介しています。

>>Webライター初心者におすすめの学習方法を5つ紹介【早く稼ぎたい人向け】

Webライター初心者におすすめの学習方法まとめ
参考Webライター初心者におすすめの学習方法を5つ紹介【早く稼ぎたい人向け】

続きを見る

4.継続する

Webライターとして稼いでいく方法として一番大切なのは「継続すること」です。

これはもっとも重要でもっとも難しいことです。

Webライターとして月に10万円稼ぐことはそれほど難しくありませんが、それを何か月も続けるのは根気が要ります。

ですが、継続ができるようになれば少ない時間でより多く稼げるようになります。

稼げない期間を乗り越える。これが稼ぐための絶対条件です。

まとめ:まずはWebライターを始めてみよう

本記事では、Webライターの仕事内容から始め方、稼げるようになる方法まで14記事で紹介しました。

Webライターは稼げるようになるまで時間がかかりますが、続けていれば稼げるようになっていきます。

まずはその第一歩を踏み出しましょう。

✔️  おすすめのクラウドソーシングサイト

-Webライター
-