NFT 仮想通貨

CoincheckNFTとは?購入・出品方法を徹底解説【手数料はかかる?】

【保存版】CoincheckNFTとは?使い方と出品方法を徹底解説

悩む人
CoincheckNFTってなに?NFTが買えるって聞いたけど、具体的にどうすればいいの?出品はできる?

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • CoincheckNFTとは?
  • CoincheckNFTで扱っているタイトル
  • CoincheckNFTでNFTを買う方法
  • CoincheckNFTの出品方法

NFTが注目される中で、実際にNFTを取引したい人も増えています。その中で、CoincheckNFTが気になる人もいるでしょう。
しかし、CoincheckNFTとはなんなのか、どうやってNFTのアイテムを取引するのか、わからない人も多いはず。

そこで本記事では、CoincheckNFTで扱っているアイテムの種類と、購入・出品方法を画像付きで徹底解説します。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

2022年5月現在、CoincheckNFTはβ版が提供されています。本来は「CoincheckNFT(β版)」が正しいですが、本記事ではすべて「CoincheckNFT」と表記します

\アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで無料口座開設する

CoincheckNFTとは?

CoincheckNFTとは?

CoincheckNFTは、国内初の「暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイス」です。
コインチェックに登録してさえいれば、ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができます。

対応チェーン イーサリアム
トークン規格 ERC-721
対応通貨 BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT

※コインチェック公式サイトを参考に作成

CoincheckNFT最大のメリットは、コインチェックに登録さえしておけば、簡単にNFTを購入できること。
通常、NFTを購入するためには、海外のマーケットプレイスを使う必要がありますが、CoincheckNFTにはその必要がありません。

ながもん
海外のサイトで取引するのが不安な人や、とりあえずNFTを買ってみたいという初心者の人に特におすすめです

CoincheckNFTの手数料

CoincheckNFTの手数料は以下の通り。

  • 入庫手数料:無料
  • 出品手数料:無料
  • 販売手数料:販売価格の10%
  • 出庫手数料:0.01ETH

NFTの出品には手数料がかかりませんが、販売時にかかります。

CoincheckNFTで扱っているタイトル

CoincheckNFTで扱っているタイトル

2022年4月現在、CoincheckNFTで取り扱っているタイトルは以下の通り。

取り扱っているタイトル

  1. Joyfa(ジョイファ)
  2. Meebits(ビービッツ)
  3. Sorare(ソラーレ)
  4. NFTトレカ
  5. The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  6. CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  7. Decentraland(ディセントラランド)
  8. Generativemasks(ジェネラティブマスクス)
  9. Art Blocks(アートブロックス)

それぞれ簡単に紹介しますね。

1:Joyfa(ジョイファ)

Joyfa(ジョイファ)

Joyfa(ジョイファ)はデジタル上に存在するファッション(デジタルファッション)のNFTです。

最先端のAI・CG技術を元に、実際に着ているかのように写真上で表現するサービスを開発しています。

>>Joyfa

2:Meebits

Meebits

Meebitsは、CryptoPunksを開発したLarva Labs社の新たなNFTプロジェクトです。

ユーザーはMeebitsと呼ばれる3Dキャラクターをメタバース(仮想空間)のアバターやアニメーションのキャラクターとして利用することができます。

>>Meebits

3:Sorare(ソラーレ)

Sorare(ソラーレ)

Sorareは現実のサッカーの試合の戦績がゲームのスコアに反映される新感覚のブロックチェーンゲームです。

>>Sorare

4:NFTトレカ

NFTトレカ

NFTトレカはデジタルトレーディングカードのNFTです。

アイドルグループ「SKE48」や、人気ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」などとコラボレーションを行っています。

>>NFTトレカ

5:The Sandbox

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

CoincheckNFTでは、人気メタバースゲーム「TheSandbox」の土地を購入することができます。
土地(LAND)を購入することで、TheSandboxの中で経済活動を行うことが可能です。

通常は海外のサイトで購入する必要がありますが、コインチェックに登録していれば、CoincheckNFTで購入できます。

また、ゲーム内通貨である「SAND」もコインチェックで取引できるようになったので合わせてチェックしておくと良いでしょう。

TheSandboxの詳細は【完全版】TheSandbox(ザ・サンドボックス)の始め方と稼ぎ方を解説で紹介しています。

6:CryptoSpells(クリプトスペルズ)

CryptoSpells(クリプトスペルズ)

CryptoSpells(クリプトスペルズ)は、日本発の次世代カードゲームです。

デジタルでユーザー同士で自由な売買ができることで、「カードが資産になる」のが大きな特徴です。

>>CryptoSpells

7:Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントトラランド)は、最も歴史が長いとされるメタバース構想のVRプラットフォームです。
プレイヤーはゲーム内通貨であるMANAを利用して、さまざまな経済活動を行います。

他のゲーム内で獲得したNFTを使用できることが大きな特徴です。
CoincheckNFTでは、Decentraland内の土地をNFTとして購入できます。

>>Decentraland

8:Generativemasks(ジェネラティブマスクス)

Generativemasks

『Generativemasksジェネラティブマスクス』は2022年5月26日からCoincheck NFT(β版)での取扱いが開始されたNFTコレクションです。

『Generativemasks』は、コンピューターのプログラムを書くことによってアートを生み出す「クリエイティブコーダー」の高尾 俊介氏@takawoらによる日本発ジェネラティブアートのNFTコレクションです。コードによって生み出される様々な表情・色・形のマスクはネイティブ・アメリカンのトーテムポールや日本の妖怪の様におどろおどろしさと愛らしさを兼ね備えています。
出典:Coincheck NFT(β版)

>>Generativemasks

9:Art Blocks(アートブロックス)

Art Blocks(アートブロックス)

『Art Blocks(アートブロックス)』は、イーサリアムのブロックチェーンを利用してジェネラティブアートアートの発行と販売を行うNFTプラットフォームです。

ArtBlocksでユーザーが作品を購入すると、アルゴリズムに従ってランダムなアート作品が購入者のウォレットに届く仕組みになっています。
どのアートが入手できるかわからないそのランダム性が注目されています。

>>Art Blocks

CoincheckNFTでアイテムを購入する方法

CoincheckNFTでアイテムを購入する方法

CoincheckNFTでNFTを購入するまでの流れを解説します。

アイテムの購入方法

  1. コインチェックで口座開設する
  2. イーサリアムを購入する
  3. メタマスクをダウンロードする
  4. CoincheckNFTとメタマスクを同期する
  5. NFTを購入する

それぞれ解説しますね。

1:コインチェックで口座開設する

まずは、コインチェックで口座開設をしましょう。
>>コインチェックで無料口座開設する

コインチェックの口座開設方法は以下の記事でわかりやすく解説しています。
先に入金まで済ませておくと、このあとの作業がスムーズに進みので、早めにやっておきましょう。
>>コインチェックの口座開設手順

2:イーサリアムを購入する

CoincheckNFTでアイテムを取引するためには、「イーサリアム」という通貨が必要です。
理由は、CoincheckNFT内のアイテムのほとんどがイーサリアムで取引されているから。

「イーサリアム?なにそれ、難しそう」と思われるかもしれませんが、心配ありません。
イーサリアムはコインチェック内で簡単に購入できます。

購入方法は以下の記事で紹介しているので、参考にしつつ取引してみてくださいね。

>>イーサリアムの購入方法

3:メタマスクをダウンロードする

コインチェックの口座開設ができたら、メタマスクをダウンロードしましょう。

メタマスクは、仮想通貨を入れておく財布の一種です。

メタマスクを持っておかないと、購入したNFTの保管や出品ができません。
ダウンロードは無料で10分ほどで完了するので、以下の記事を参考に必ず準備しておきましょう。

>>メタマスクのダウンロード方法

4:CoincheckNFTとメタマスクを同期する

次に、CoincheckNFTとメタマスクを同期します。
まず、CoincheckNFTの画面右上にある「マイページ」をクリック。

マイページをクリック

「マイページ」をクリック

続いて、画面右上の「MetaMaskに接続」をクリック。

「MetaMaskに接続」をクリック

「MetaMaskに接続」をクリック

表示が「接続中」になれば接続は成功です。

5:NFTを購入する

いよいよNFTの購入です。
まず、欲しいアイテムを探して選択します。今回は「Sorare」にある長谷部選手を例に紹介します。

欲しいアイテムを選択

欲しいアイテムを選択

アイテムの詳細が表示されます。
購入する場合は「購入確認」をクリック。

「購入確認」をクリック

「購入確認」をクリック

これでNFTの購入は完了です。

CoincheckNFTの出品方法

CoincheckNFTの出品方法

最後に、CoincheckNFTでアイテムの出品する方法を紹介します。

まず、マイページから「MetaMaskから入庫」をクリック。

「MetaMaskから入庫」をクリック

「MetaMaskから入庫」をクリック

続いて、入庫内容を確認します。

入庫内容の確認

入庫内容の確認

入庫内容には以下の2つを記載します。

  1. 入庫するNFT(タイトル)
  2. Token ID

これで出品は完了です。

まとめ:CoincheckNFTでアイテムを購入してみよう

まとめ:CoincheckNFTでアイテムを購入してみよう

本記事では、コインチェックが提供するNFTマーケット「CoincheckNFT」の購入・出品の方法を紹介しました。

✔️  本記事のまとめ

  • CoincheckNFTは仮想通貨取引所「コインチェック」が運営するNFTマーケットプレイス
  • 現在取り扱っているタイトルは7種類
  • 利用にはコインチェックの口座とメタマスクが必要
  • 入庫手数料・出品手数料は無料

NFTを購入するのは難しいイメージがあると思いますが、実は簡単です。
ぜひ、本記事を参考にNFTの第一歩を踏み出してみてくださいね!

まずはコインチェックの口座開設をサクッと終わらせておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで無料口座開設する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・Webライター。当ブログは月間10,000pv / 収益10万円ほど。「内向型人間が個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログ×Webライター×Web3.0」について発信。熊本県在住の25歳

-NFT, 仮想通貨
-, ,