AI

【最新版】生成AIのおすすめツール17選を目的別に紹介【注意点あり】

※この記事には広告が含まれます

【最新版】生成AIのおすすめツールを目的別に17個紹介【注意点あり】

悩む人
生成AIが話題になってるから使ってみたい!でも、どんな生成AIツールがあるかわからないからおすすめを教えて欲しいな

本記事では、このような悩みに答えていきます。

AI技術の進化が著しい昨今、生成AIツールはさまざまな場面で業務をサポートしてくれる強力なツールとなっています。

しかし、数多くのツールが登場している中で、自分の目的に合った最適なツールを見つけるのは簡単ではありません。そこで今回は、生成AIツールを目的別に17個紹介します。

コンテンツ制作やデザイン、文章作成、音声生成など、さまざまな用途に対応した生成AIツールを目的別に分類し、それぞれの特徴や使い方、選び方のポイントを紹介しています。

ぜひ最後まで読んで生成AIの活用に役立ててみてくださいね!

王道のおすすめ生成AIツール

まず、「最低でもこれだけは知っておきたい」という王道の生成AIツールを5つ紹介します。

  1. ChatGPT
  2. Clode(クロード)
  3. Perplexity(パープレキシティ)
  4. ‎Gemini(ジェミニ)
  5. Copilot(コパイロット)

1:ChatGPT

ChatGPTは、OpenAI社が開発した高度な対話型AIチャットサービスです。2022年11月に公開され、人間のように自然な会話ができる革新的なサービスとして急速に注目を集めました

ながもん
一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか

ChatGPTの詳細は下記のとおりです。

項目 詳細
開発会社 OpenAI
リリース日 2022年11月
利用可能言語 多言語対応(日本語を含む)
基盤モデル GPT(Generative Pre-trained Transformer)
最新バージョン GPT-4o

料金体系は下記の通りです。

プラン名 月額料金 主な特徴 こんな人におすすめ
無料プラン $0 ・文章作成、問題解決などの支援
・GPT-3.5へのアクセス
・GPT-4oへのアクセス制限 など
ChatGPTを使い始めたばかりの人
ChatGPT Plus $20 ・新機能への早期アクセス
・GPT-4、GPT-4o、GPT-3.5 へのアクセス
・GPT-4oのメッセージは最大5倍
・DALL·E 画像生成
・カスタムGPTを作成して使用する など
生産性を高めたいと考えている個人

2024年7月現在は「ChatGPT4o mini」が登場しており、制限はあるものの無料で利用可能です。

公式サイト

2:Claude(クロード)

Claude

出典:Claude

Claude(クロード)は、Anthropic社が開発した生成AIです。2024年7月現在、最新バージョンは「Claude3.5」となっています。

項目 詳細
開発会社 Anthropic (アンソロピック)
リリース日 2023年3月
利用可能言語 多言語対応(日本語を含む)
最新バージョン Claude 3.5

自然な対話能力と大量データ処理が特徴で、最大100,000トークンを一度に扱えます。

ながもん
個人的に、文章生成の精度はChatGPTより上だと思っています
プラン 料金 主な特徴
無料版 $0 - Sonnetモデルのみ利用可能
- 機能制限あり
- 利用回数に制限あり
Claude Pro $20/月 - Opus、Sonnet、Haikuモデルが利用可能
- より長い会話が可能
- 優先アクセス
- 高速な応答

多様な文章生成やコーディング支援が可能で、APIを通じて外部アプリとの連携もできます。多言語に対応し、日本語でも高品質な文章を生成します。

公式サイト

3:Perplexity(パープレキシティ)

Perplexityは、従来の検索エンジンの概念を一新する革新的なAI搭載ツールです。

項目 詳細
開発会社 Perplexity AI
リリース日 2022年
利用可能言語 多言語対応(英語、日本語を含む)

複雑な質問にも対話形式で答えてくれるので、まるで賢い友人と会話しているような感覚で情報を得られます。

最新のニュースや専門的な話題まで、幅広く対応してくれるのが魅力です。スマホでも使えるので、外出先でふと疑問に思ったことをすぐに調べられるのも便利です。

無料版でも十分使えますが、有料版ならさらに高度な機能が使えます。

公式サイト

‎4:Gemini(ジェミニ)

Gemini(ジェミニ)

出典:Gemini

Geminiは、Googleが開発した最新の人工知能(AI)モデルおよびそれを使ったサービス群の総称です。リリース当初の名前は「Bard」でしたが、2024年2月に「Gemini」に改名されました。

項目 詳細
開発会社 Google
リリース日 2023年12月6日
利用可能言語 40か国語以上(日本語を含む)
最新バージョン Gemini 1.5 (2024年2月発表)

テキスト、画像、音声などの複数の形式のデータを同時に理解し処理できるマルチモーダル性を特徴としています。

また、複雑な問題や質問に対して深い理解と分析に基づいた回答が可能な高度な推論能力を持ち、さまざまなプログラミング言語でコードを理解し生成する能力も備えています。

公式サイト

5:Copilot(コパイロット)

Copilotは、Microsoftが開発したAIアシスタントです。

項目 詳細
開発会社 Microsoft
リリース日 2023年12月1日(一般提供開始)
利用可能言語 多言語対応(具体的な言語数は明記されていない)

自然な会話で文書作成や分析を手伝い、画像も生成できます。最新のAI技術を使って質問に答えたり作業を自動化したりもします。

専用PCも登場し、AIがより身近になりました。Microsoftは安全性に配慮しながら、機能拡張を進めています。

公式サイト

おすすめの文章生成AIツール

続いて、文章生成AIツールを紹介します。

  1. Catchy(キャッチー)
  2. Transcope(トランスコープ)
  3. AIブログくん
  4. Rakurin(ラクリン)
  5. BLOGAI

1:Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)」は、キーワードを入れるだけでAIが自動でコピーライティングを行ってくれるツールです。サービス開始から約4ヶ月でユーザーは31,000人を突破する人気ツールになっています。

ながもん
「スッキリ」や「Nスタ」などのニュース番組でも数多く取り上げられていました。

Catchyの大きな特徴は、用途に応じて100種類以上の生成ツールが使えること。

例を挙げると下記の通り。

  • 広告
  • 資料作成
  • webサイト制作
  • セールスレター

などなど。ブログだけでなく、あらゆるビジネスシーンでの活用が可能です。

比較表は以下の通りです(スクロールできます)。

プラン 料金 クレジット付与 機能 サポート
Free ¥0 10クレジット/月 全生成ツール利用可能
プロジェクト 1つまで
チャットサポート
Starter ¥3,000〜/月 100クレジット (¥3,000/月)
200クレジット (¥5,700/月)
300クレジット (¥8,100/月)
全生成ツール利用可能
プロジェクト 無制限
クレジットの追加購入可能
チャットサポート
Pro ¥9,800/月 無制限使い放題 全生成ツール利用可能
プロジェクト 無制限
チャットサポート
Enterprise 要お問い合わせ 無制限使い放題 全生成ツール利用可能
プロジェクト 無制限
独自生成ツール作成可能
チャット&ビデオサポート

無料で使うこともできるので、一度試してみてくださいね!

\無料で利用可能/

Catchyを試してみる

※Freeプラン利用にクレジットカード登録は不要

詳細はAIライティングツールCatchyとは?評判や登録方法、料金プランを徹底解説をご覧ください。

2:Transcope(トランスコープ)

Transcope(トランスコープ)は、SEOに強い文章を生成できるAIライティングツールです。

特徴は下記の通りです。

  • OpenAI社の最新APIであるGPT-4を採用
  • 競合サイトの分析をしながら、SEOに強い文章を生成
  • AIの待ち時間ゼロで使える
ながもん
最新のGPT-4が使えるのは嬉しいですね!

無料で使えるプランもあるので、まずはお試しで使ってみるとよいでしょう。

Transcope(トランスコープ)を無料で試してみる

3:AIブログくん

AIブログくんは、ブログ記事の自動生成と投稿を行うAIツールです。1日2本の記事を4,000〜8,000字で作成し、SEO対策や画像挿入、Googleインデックス送信まで自動で行います。WordPressと連携し、多様なジャンルに対応可能です。

このツールにより、ブログ運営者は時間と労力を大幅に削減できます。特に忙しい人や複数サイト運営者に適していますが、AI生成情報の確認は必要です。

ただ、完全自動化ではなく、必要に応じて手を加えることが推奨されています。

無料登録で3件まで試すことができます。

AIブログくんを無料で試してみる

4:Rakurin

Rakurin(ラクリン)は、ブログ記事作成に特化した日本産のAIライティングツールです。

キーワード提案から本文作成、リライトまでを網羅し、SEOに強い階層構造の見出しを自動生成します。

直感的な操作が可能で、初心者でも使いやすい設計です。無料プランがあり、クレジットカード登録なしで始められます。

生成スピードが速く、タイトル案などを素早く提案します。サポート体制も充実していますが、生成結果の履歴が残せない点やトークン管理に慣れる必要がある点には注意が必要です。

Rakurinを無料で試してみる

5:BLOGAI

BLOGAI」は、ブログ記事作成を効率化するためのAIライティングツールです。

初心者でも簡単に利用できるシンプルで直感的なデザインが大きな魅力です。また、動画マニュアルも充実しており、操作がわかりやすくなっています。

GPT-4 Turboが使用されており、人間が書いたような高品質な文章を生成できるのも嬉しいポイント。ブログ記事、商品説明、プレスリリースなど多様なコンテンツに対応しています。

BLOGAIを無料で試してみる

おすすめの画像生成AIツール

続いて、画像生成AIツールを紹介します。

  1. Canva(キャンバ)
  2. Midjourney(ミッドジャーニー)
  3. Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)

1:Canva(キャンバ)

Canva

出典:Canva

Canvaは、グラフィックデザインツールとしての機能に加え、AIを活用した革新的な機能を提供しています。

「Magic Write」機能では、テキスト生成や要約が可能で、文章作成の効率を大幅に向上させます。また、「Text to Image」機能を使用すると、テキストプロンプトから画像を生成できます。

無料版でも一部のAI機能が利用可能で、有料版ではより高度な機能が提供されています。

Canvaを無料で試してみる

2:Midjourney(ミッドジャーニー)

Midjourney

出典:Midjourney

Midjourneyは、テキストプロンプトから高品質な画像を生成するAIツールです。

直感的な操作で、プロレベルのイラストやデザインを誰でも簡単に作成できます。Discordを通じて利用し、様々なスタイルや構図の画像を生成可能です。

商用利用も可能で、デザイン、マーケティング、エンターテインメントなど幅広い分野で活用されています。最新のV6モデルでは、より精細で正確な画像生成が可能になりました。

Midjourneyを無料で試してみる

3:Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)

Stable Diffusionは、テキストから高品質な画像を生成するAIツールです。

Stability AIが開発し、オープンソースで公開されています。複雑なプロンプトを処理し、フォトリアリスティックな画像を作成できる点が特徴です。

最新版では、複数の主題を含むプロンプトの処理や画質が向上しました。また、画像内のテキスト生成能力も改善されています。

ながもん
無料で利用でき、作成枚数に制限がない点も魅力です

Stable Diffusionを無料で試してみる

音楽生成AIツール

続いて、音楽生成AIツールを紹介します。

  1. Luma AI

1:Luma AI

Luma

出典:Luma AI

Luma AIは、革新的な3Dモデル生成と動画生成のAI技術を提供する企業です。

主力製品のDream Machineは、テキストや静止画から高品質な5秒間の動画を生成できる先進的なツールです。

Lumaの強みは、NeRF(Neural Radiance Fields)技術を活用した3Dモデル生成の専門知識にあり、これが動画生成の品質向上に貢献しています。また、スマートフォンで撮影した動画から3Dモデルを作成するアプリも提供しています。

Luma AIを無料で試してみる

動画生成AIツール

続いて、動画生成AIツールを紹介します。

  1. Sola(ソラ)
  2. Haiper(ハイパー)
  3. Synthesia(シンセシア)

1:Sola(ソラ)

Soraは、OpenAIが2024年2月に発表した革新的な動画生成AIモデルです。

テキストプロンプトから最長1分間の高品質な動画を生成できる能力を持ち、リアルな映像表現や複雑な動きの再現が可能です。

物理法則の理解や因果関係の表現にも優れており、既存の画像からの動画生成や動画の拡張も行えます。

ながもん
現時点では一般公開されていませんが、安全性の検証を経て、将来的には映像制作や教育、エンターテインメントなど幅広い分野での活用が期待されています。

2:Haiper(ハイパー)

Haiper

出典:Haiper

Haiperは、Google DeepMind、TikTok、そしてトップ研究機関の出身者によって設立された次世代のAI動画生成モデルです。

このモデルは、テキストから動画を生成する「Text to Video」、静止画をアニメーション化する「Animate Your Image」、既存の動画を再塗装する「Video Repainting」などの機能を提供します。

ユーザーは、簡単なテキストプロンプトを入力するだけで、高品質な動画を生成できます。現在、無料で利用可能で、将来的には動画の長さを延長する「Expand Video」機能も追加予定です。Haiperは、創造性を楽しく、驚きに満ちたものにすることを目指しています

Haiperを無料で試してみる

3:Synthesia(シンセシア)

Synthesia

出典:Synthesia

Synthesiaは、AIを活用した革新的な動画制作プラットフォームです。

テキスト、PowerPoint、PDF、URLなどから数分で高品質な動画を生成できる機能を提供しています。

AIアバターを使用して、リアルな人物が話しているような動画を作成でき、120以上の言語に自動翻訳することも可能です。

Synthesiaを無料で試してみる

生成AIツールを使うメリット

生成AIツールのメリット

続いて、生成AIツールを利用するメリットを紹介します。

  1. 生産性が向上する
  2. 創造性が拡張する
  3. コストを削減できる

1:生産性が向上する

一つ目は、生産性が向上することです。というのも、AIが繰り返しの作業や複雑なタスクを迅速かつ正確に処理できるからです。

人間が行う必要があるルーチンワークやデータ処理を自動化することで、時間の節約とエラーの削減が実現されます。

また、AIは大量のデータから意思決定に役立つ情報を抽出し、リアルタイムで分析を行うことが可能です。

2:創造性が拡張する

2つ目は、創造性が拡張することです。AIはパターン認識や予測能力を活用して、新たなアイデアやデザインを生成することができます

たとえば、AIを用いた自動生成アルゴリズムは、異なる視点のアイデアや、予期しない組み合わせを提案することがあります。

また、AIは多様なデータセットから学習し、新たなトレンドを発見することができるため、市場での競争力を強化する要素となります。

3:コストを削減できる

3つ目は、コストを削減できることです。本来は人の手で行っていた作業をAIが代替できます。

ながもん
たとえば、メルマガの作成やSNS投稿など、これまで外注していた業務をAIが行ってくれるといった感じですね

もちろん、AIで完全自動化することは難しいため、人の手で修正が必要です。とはいっても、大幅にコストを減らせることは間違いないでしょう。

生成AIツールの注意点

生成AIツールの注意点

生成AIツールの利用には、下記のような注意点があります。

  1. 著作権や肖像権に注意する
  2. 品質には限界がある
  3. セキュリティとプライバシーに気をつける

1:著作権や肖像権に注意する

生成AIツールは既存のデータを基に新しいコンテンツを生成するため、著作権や肖像権の問題が生じる可能性があります。

生成されたコンテンツが既存の著作物に類似している場合、著作権侵害と見なされることがあります。また、人物の画像が実在の個人に似ている場合、肖像権の侵害となる可能性があります。

ユーザーは生成されたコンテンツのオリジナリティを確認し、必要に応じて権利者から許可を得ることが重要です。

2:品質には限界がある

生成AIツールの品質と精度には限界があります。データセットに誤情報やバイアスが含まれている場合、生成されたコンテンツもそれに影響されることがあります。

特に専門的な情報を提供する際には、生成されたコンテンツが正確であるかを慎重に確認する必要があります。

また、特定のタスクでは高品質な出力を提供できる一方、他のタスクでは不適切な結果を生成することもあるため、利用時には出力の品質を評価することが求められます。

3:セキュリティとプライバシーに気をつける

生成AIツールの利用には、セキュリティとプライバシーの問題に対する配慮が必要です。

大量のデータを処理するため、データ漏洩や不正アクセスのリスクがあります。個人情報や機密情報を取り扱う際には、適切なセキュリティ対策を講じ、データの暗号化やアクセス制御を徹底することが重要です。

また、生成されたコンテンツが特定の個人を特定できる情報を含む場合、プライバシーの侵害となる可能性があるため、適用されるプライバシー保護法に従う必要があります。

生成AIツールの選び方

続いて、生成AIツールの選び方を紹介します。

  1. 利用目的で選ぶ
  2. 品質と機能で選ぶ
  3. コストで選ぶ

1:利用目的で選ぶ

生成AIツールを選ぶ際、まずは利用目的を明確にすることが重要です。

たとえば、コンテンツ制作やマーケティング資料の作成、学術研究の補助、創作活動のインスピレーションなど、目的に応じたツールを選ぶことで効果的に活用できます。

特定の目的に特化したAIツールは、その分野における特有の機能や使いやすさが優れている場合が多いです。目的を明確にすることで、ツールの選択に迷わず、自分のニーズに最適なツールを見つけやすくなります。

2:生成品質と機能で選ぶ

生成AIツールを選ぶ際は、生成されるコンテンツの品質と機能の豊富さにも注目しましょう。

高品質な生成コンテンツは、自然で説得力のある文章やアイデアを提供し、時間や労力を大幅に節約します。

さらに、カスタマイズ可能なオプションや多言語対応、特定のスタイルやトーンに合わせた生成機能など、多機能なツールは様々なニーズに対応できます。デモや無料トライアルを利用して、実際の使用感を確かめることも重要です。

3:コストで選ぶ

生成AIツールを選ぶ際のもう一つの重要な要素はコストです。ツールによって価格帯は大きく異なり、無料のものから高額なサブスクリプションモデルまで幅広く存在します。

予算に応じて最適なツールを選ぶためには、初期費用、月額料金、追加機能の料金などを比較検討することが必要です。

コストと機能のバランスを考慮し、自分の予算内で最大の効果を発揮するツールを見つけることが、長期的なコストパフォーマンス向上につながります。

ながもん
今回紹介したツールにほとんどに無料版があります。まずは試しに使ってみて課金するか判断してみましょう

おすすめの生成AIツール:まとめ

以上、生成AIのおすすめツールを目的別に17個紹介しました。

  1. ChatGPT
  2. Clode(クロード)
  3. Perplexity(パープレキシティ)
  4. ‎Gemini(ジェミニ)
  5. Copilot(コパイロット)
  6. Catchy(キャッチー)
  7. Transcope(トランスコープ)
  8. AIブログくん
  9. Rakurin(ラクリン)
  10. BLOGAI
  11. Canva
  12. Midjourney
  13. Stable Diffusion
  14. Luma AI
  15. Sola
  16. Haiper
  17. Synthesia

生成AIツールを選ぶ際は、利用目的、生成品質と機能、そしてコストを考慮することが重要です。

ただし、使用する際はデータのプライバシーとセキュリティに注意し、コストパフォーマンスを考慮して最適なツールを選びましょう。

>>【無料あり】生成AIが勉強できるおすすめの本7選【資格も取れる】

>>【無料あり】ブログに使えるおすすめAIライティングツール13選

>>【独学で生成AIマスター】勉強方法まとめ【初心者向け】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

Web3好きのフリーランス|ブロガー・Webライター|フリーランスの働き方やWeb3(NFT、仮想通貨)の最新情報や稼ぎ方を発信します|※当サイトでの「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

-AI
-