SEO対策 ブログ

【SEOに効果大】ロングテールキーワードの重要性と選び方を解説

ロングテールキーワードとは?重要性と選び方を解説【SEOに効果大】

悩む人
ブログのアクセスを集めるにはロングテールキーワードがいいって聞いたけど、ロングテールキーワードって何?どうやって選べばいいの?

このような悩みに答えていきます。

ブログ初心者のうちは、検索ボリュームの多いキーワードで上位表示をとることが難しいため、ロングテールキーワードを狙う戦略をとっていくのが基本です。

本記事では、ロングテールキーワードの定義や選び方について解説しています。

この記事を読むことで、あなたが狙うべきキーワードがわかるようになります。

ぜひ参考にしてみてください。

✔️  本記事の内容

・ロングテールキーワードとは
・ロングテールキーワードを狙うメリット
・ロングテールキーワードの選び方(ツールを紹介)

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは

「ロングテールキーワード」とは、複数(3〜4語)の単語の組み合わせで検索される検索クエリのことを言います。

基本的に検索ボリュームの多いキーワード(ビックキーワード)とあわせて設定されます。

キーワードに種類は大きく3つ

検索キーワードは主に以下の3つに分類されます。

・ビッグキーワード
・ミドルキーワード
・ロングテールキーワード(スモールキーワード)

ビッグキーワード

ビッグキーワードは、検索ボリュームの多いキーワードのことです。

例としては、「ダイエット」や「脱毛」などが挙げられます。

ビックキーワードは月間の検索回数が10,000回以上が目安です。

検索で上位表示できればアクセスを集めることができますが、難易度はかなり高いです。

ミドルキーワード

ミドルキーワードは、ビッグキーワードに単語をいくつか増やしたキーワードです。

例としては、「ダイエット 高校生」「脱毛 福岡」などがあります。

月間の検索回数が1000〜10,000回が目安です。

ロングテールキーワード(スモールキーワード)

ロングテールキーワード(スモールキーワード)は、ビッグキーワードを軸に3~4語で構成されたキーワードです。

例としては、「ダイエット 高校生 弁当」「脱毛 福岡 メンズ」などです。

月間の検索回数が10〜1000回以下が目安です。

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードを狙って記事を書くメリットは以下の4つです。

1.上位表示しやすい
2.コンバージョンしやすい
3.検索意図が明確で記事が書きやすい
4.ビッグキーワードでの表示も可能

1.上位表示しやすい

ロングテールキーワードは、検索エンジンで上位表示がしやすいというメリットがあります。

理由は、同じキーワードで上位表示を狙う競合が少ないからです。

また、ロングテールキーワードは企業サイトが狙ってこないことが多いので、個人ブログでも上位表示が狙いやすくなります。

2.コンバージョンしやすい

ロングテールキーワードは、対象読者が絞られ、読者の検索意図がはっきりしていることが多いため、コンバージョンがしやすいというメリットもあります。

コンバージョンとは、商品やサービスが購入、利用されることです

例えば、「転職サイト おすすめ」よりも「転職サイト 20代 未経験 おすすめ」のほうが想定読者がはっきりしているため、コンバージョン(この場合は転職サイトへの登録)しやすくなります。

3.検索意図が明確で記事が書きやすい

ロングテールキーワードの記事は読者の検索意図がはっきりしており、記事が書きやすいというメリットもあります。

先ほどの例で説明します。

狙うキーワードが「転職サイト おすすめ」だと、あらゆる転職サイトを網羅した記事を書かなければなりません。

しかし、「転職サイト 20代 未経験 おすすめ」であれば、20代で業界未経験に強い転職サイトを紹介すればいいので、記事が書きやすくなります。

4.ビッグキーワードでの表示も可能

ロングテールキーワードで記事を書き、それが検索エンジンや読者に評価されると、上位表示されます。

すると、ミドルキーワードやビッグキーワードでも上位表示されることがあります。

例えば、「ダイエット 高校生 弁当」で上位表示されると、「ダイエット 高校生」でも上位表示されるといった感じですね。

ロングテールキーワードの選び方

ロングテールキーワードの選び方

続いて、ロングテールキーワードの調べ方を簡単に紹介していきます。

具体的なキーワード選びの手順はキーワード選定の6つの手順とコツを紹介【ブログ初心者必見】で画像付きで詳しく紹介しています

①関連キーワードを調査する

まずは、関連キーワードを調べていきます。

関連キーワードの探し方は2つ。

1.関連キーワードツールを使って探す
2.検索画面のサジェストワードと関連キーワードから探す

関連ツールは「ラッコキーワード」を使います。

例えば、「ダイエット 方法」と検索すると、以下のように関連キーワードが表示されます。

サジェストキーワードは、検索画面にあるキーワードのことです。

以下の画像は「ダイエット 方法」のサジェストキーワードです。

共起語とサジェストワードの違い

関連キーワードは検索画面の最下部にある以下のような部分のことです。

②検索ボリュームをチェックする

検索ボリュームは「Googleキーワードプランナー」で調べます。

ラッコツールやサジェストワード、関連キーワードで探したキーワードの検索ボリュームを一覧で見ることができます。

以下は「ダイエット 方法」の関連キーワードの検索ボリュームです。

この中から検索ボリューム「100〜1000」または「10〜100」のロングテールキーワードを探していきます。

競合性は「低」のものが上位表示しやすくなります。

③検索して競合記事を調べる

ロングテールキーワードが見つかったら、競合記事を調べていきます。

実際にGoogle検索をして検索結果を見ていきましょう。

この時、企業サイトばかりが並んでいれば、上位表示は難しいのでキーワードを探し直しましょう。

個人サイトが並んでいれば、十分上位表示を狙うことができます。

まとめ:ロングテールキーワードを狙ってアクセスをアップさせよう

本記事では、ロングテールキーワードについて解説しました。

✔️  本記事のまとめ

・キーワードは「ビックキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」の3種類
・ロングテールキーワードは3〜4語で構成された月間検索数1000回以下のキーワード
・ロングテールキーワードは検索上位を狙いやすく、記事も書きやすい

ロングテールキーワードの攻略は、ブログのアクセスに大きく関わります。

紹介したツールを使いながら狙うキーワードを選んでみてくださいね。

✔️  あわせて読みたい

>>キーワード選定の6つの手順とコツを紹介【ブログ初心者必見】

-SEO対策, ブログ
-,