メタバース

【無料】メタバースで使えるアバターの作り方 | おすすめサービスを3つ紹介

【無料】メタバースで使えるアバターの作り方 | おすすめサービスを3つ紹介

悩む人
メタバースを体験してみたい!どうせなら自分で作成したアバターで遊びたいけど、作り方がよくわからない...素人でも作れる?

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • メタバースの基礎知識
  • メタバースのアバターの作り方【おすすめのサービスを紹介】
  • メタバースのアバターを作成して収益化する方法

最近話題のメタバース。
Facebookが社名を「Meta」に変更するなど、世界中で話題になっていますよね。

そんなメタバースの体験に欠かせないものがあります。
そう、「アバター」です。

アバターはメタバース内で個性を出せる重要な要素。
自分の分身の役割を持つわけですし、こだわりたいですよね。

しかし、アバターの作り方が分からず、「ずっとデフォルトのまま」という方も多いと思います。

そこで本記事では、メタバースで使えるアバターの作り方を紹介します。
アバターが作成できるサービスとあわせて紹介するので、参考にしつつ自分だけのアバターを作成してみてくださいね。

メタバースとは

メタバースとは

メタバースとは、「インターネット上に構築された仮想の三次元空間でアバターなどを用いて接する環境」で、meta(超越した)とuniverse(宇宙)のを合わせた造語です。
SF作家のニール・スティーヴンスン氏が1992年に発表した小説『スノウ・クラッシュ(Snow Crash)』が起源といわれています。

簡単にいえば、「インターネット上の仮想空間」です。

ながもん
想像がつきにくい方は、『どうぶつの森』や『マインクラフト』をイメージするとわかりやすいと思います

メタバースの詳細は、以下の記事からどうぞ。

メタバースで使えるアバターの作り方【3つのおすすめサービス】

メタバースで使えるアバターの作り方は以下の通り。サービス名と合わせて紹介します。

メタバース用アバターの作り方

  1. AvatarMakerで作成する
  2. VRoid Studioで作成する
  3. TheSandboxで作成する

それぞれ解説していきます。

1:AvatarMakerで作成する

AvatarMaker

AvatarMakerは、メタバースのプラットフォーム「custer(クラスター)」内のアバター作成サービスです。
clusterをダウンロードしていれば誰でも無料で使うことができます。

こんな人におすすめ

  • cluster(クラスター)のユーザー
  • 手軽にアバターを作ってみたい人

作成手順を紹介します。なお、本記事ではスマホ版で解説します。

まずは、clusterをダウンロードしましょう。

まず、clusterの画面を開き、ホームに入ります。

「遊びに行く」をタップします。

clusterのホームに入場すると、正面に鏡があるので、左下の「MakeAvatar」をタップします。

すると、アバターの編集画面が現れます。
あとは自分が好きなようにアバターをカスタマイズしましょう。

編集画面ではアバターの目や鼻、口のサイズ、服装を自由に決めることができます。

僕もアバターを作成してみました。

AvatarMakerで作成したアバター

10分もかからずに作れるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

clusterの他の使い方もチェックしてみてくださいね。

2:VRoid Studioで作成する

VRoid Studio

VRoid Studio

「VRoid Studio」は、Pixivが運営するプロジェクト「VRoid」で提供されている3Dキャラクター制作ソフトウェアです。

カスタマイズ性が高く、操作も直感的なので、初心者でも簡単にアバターが作成できます。

PC版はWindowsとMac、STEAMに対応していますが、スマホには対応していません。
>>ダウンロードページ

こんな人におすすめ

  • 本格的な3Dアバターを作りたい人
  • 作成したアバターを色々な場所で使いたい人

作成画面は以下の通り。

以下の画像のように、髪の毛の毛束まで細かく調整できます。

作成したアバターは様々なアプリで使うことも可能です。
>>提携アプリ一覧

VRoid Studioと提携しているアプリ

3: TheSandboxで作成する

メタバースゲーム「TheSandbox」内でアバターを作成することもできます。
こちらはこれまでの二つと少し違って、ブロックの集合体で構成された「ボクセルアート」というアバターが作成できます。

こんな人におすすめ

  • ボクセルアートが作りたい人
  • TheSandbox(ザ・サンドボックス)で遊んでみたい人
  • アバターを作って収益化したい人

作り方は簡単。

まず、 TheSandboxから以下の手順でアバター作成画面を開きます。

①画面左の「作成」を選択
②「アバター」を選択
③「アバターを作成」をクリック

アバターの作成手順

あとは自分好みにアバターを編集するだけ。

パーツごとに設定できるほか、テンプレートの用意されています。

アバター作成画面

アバター作成画面

メタバースのアバターを作成して収益化する方法

メタバースのアバターを作成して収益化する方法

メタバースのアバターを作成して収益化する方法があります。
結論、TheSandboxの「VoxEdit」というツールの活用です。

VoxEdit

VoxEdit

先ほど、TheSandboxのアバター作成を紹介しましたが、「VoxEdit」はより自由にボクセルアートを作成することができます。

作成画面は以下の通り。

このように、パーツを細かく設計でき、アニメーションをつけることも可能です。

また、作成したボクセルアートはマーケットプレイスに出品することで収益化することができます

The Sandboxの「LAND」を所有するとできること

TheSandboxで取引するためには仮想通貨とウォレットが必要になるので、早めに準備しておきましょう。

TheSandboxの詳細は以下の記事で解説しています。

まとめ:メタバースのアバターは簡単に作成できる

まとめ:メタバースのアバターは簡単に作れる

本記事では、メタバースで使えるアバターの作り方を3種類紹介しました。

メタバース用アバターの作り方

  1. AvatarMakerで作成する(clusterで遊びたい人向け)
  2. VRoid Studioで作成する(VRで遊びたい人向け)
  3. TheSandboxで作成する(TheSandboxで遊びたい&アバターで収益化したい人向け)

メタバース用のアバター作成はかなり簡単。
まずはclusterでアバターを作ってメタバースを体験してみてくださいね。

今後アバターで収益化したい方は、仮想通貨とウォレットを用意しておきましょう。

  • この記事を書いた人

ながもん

ブロガー・Webライター。ブログ収益月5桁継続中。「内向型人間が個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログアフィリエイト×Webライター×仮想通貨」について発信。熊本県在住の25歳

-メタバース
-