Web3.0

【無料】Web3.0時代のおすすめアプリ8選!収益化方法も解説

【無料】Web3.0時代のおすすめアプリ8選!収益化方法も解説

悩む人
これからのWeb3.0にはどんなアプリが使われるようになるの?今のうちに使い始めて時代の最先端をいきたいな!できれば収益化したいけど、具体的にどうすればいいかわからない...

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • Web3.0時代のおすすめアプリ8選
  • Web3.0のアプリ収益化する方法
  • Web3.0アプリの注意点

ブロックチェーンや仮想通貨(暗号資産)、NFT、DAOなど、最近ではさまざまなWeb3.0関連の言葉を聞く機会が増えてきましたよね。その中で、Web3.0時代のアプリも続々登場しています。

しかし、どのようなアプリがあるのか、どのような特徴があるのかいまいちわからない人も多いと思います。

そこで本記事では、Web3.0時代のおすすめアプリを8つ紹介します。実際の僕自身が使っているものを中心に紹介します。

記事後半には、Web3.0アプリで収益化するために必要な準備も紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

>>Web3.0とは

Web3.0時代のおすすめアプリ8選

Web3.0時代のおすすめアプリ8選

Web3.0時代のおすすめアプリは以下の通りです。

おすすめのWeb3.0アプリ

  1. Brave:検索エンジン
  2. Steemit(ソーシャルネットワーク)
  3. Cluster:メタバースプラットフォーム
  4. Metamask:仮想通貨ウォレット
  5. Discord:チャットツール
  6. Opensea:NFTマーケットプレイス
  7. Sweatcoin:Move to Eranアプリ
  8. Sleefi:Sleep to Earnアプリ

1:Brave(ブレイブ):検索エンジン

Brave

Brave(ブレイブ)』は、Brave Software社が開発する検索エンジンです。
Braveの主な特徴は以下の通り。

  • すべてのウェブサイトであらゆる広告をデフォルトでブロック
  • オンラインのプライバシーを保護
  • ブックマークや拡張機能、保存してあるパスワードも、すばやくインポート
  • 広告を閲覧するとその報酬として仮想通貨が獲得できる

中でも注目されているのが、セキュリティ対策です。
「Brave Shield(ブレイブ・シールド)」と呼ばれる広告ブロック機能が搭載されており、広告をブロックすることでユーザーのプライバシーを守ります。

以下の画像は主な検索エンジンのプライバシー保護状況です。

引用元:Brave

このように、Web2.0の課題である「プライバシー問題」を解決するのではないかと考えられています。

2:Steemit(スティーミット):ソーシャルネットワーク

Steemit

Steemit(スティーミット)』は、ブロックチェーン技術を元にしたソーシャルメディアプラットフォームです。

最大の特徴はブログ記事や写真を投稿することで報酬を受け取れること。自分の興味あることを記事を書くことで収入が入る点はユーザーにとって大きな魅力となっています。

Web3.0時代の新しいSNSとして注目されています。

3:Cluster(クラスター):メタバースプラットフォーム

cluster(クラスター)』は無料で遊べる日本のメタバースアプリです。
スマホとPCの両方に対応しているため、誰でも気軽にメタバースを体験できます。

AvatarMakerで作成したアバター

clusterでは、ワールドの作成やユーザー同士の交流、イベントの開催・参加など、幅広い楽しみ方が可能です。

ながもん
最近では1,000人以上が参加するイベントが開かれるなど、盛り上がりを見せています。

「とりあえずメタバースを体験してみたい」という初心者の方は、clusterから始めてみるとよいでしょう。

>>Clusterの始め方・使い方

>>その他のメタバースアプリ

4:Metamask(メタマスク):仮想通貨ウォレット

MetaMask(メタマスク)

メタマスクは、イーサリアム系のトークンを保管するためのWeb上のウォレットです。

ながもん
簡単に言えば、仮想通貨を入れておくための財布ですね

メタマスクは、NFTアートの購入や、ブロックチェーンゲーム内でのアイテムの購入の際に使います。

5:Discord(ディスコード):チャットツール

【NFT・DAO】Discord(ディスコード)の始め方と注意点【初心者向け】

Discordは、アメリカ発のチャットツールです。元々はゲーマー界隈で使われていましたが、最近ではNFTのコミュニティやDAO(自律分散型組織)のコミュニティツールとして用いられるようになってきました。

>>Discordの始め方

6:Opensea(オープンシー):NFTマーケットプレイス

Opensea(オープンシー)

Opensea(オープンシー)』は、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

NFTアートをはじめ、ゲームアイテムやメタバースの土地、音楽などNFTのアイテムを幅広く取り扱っています。

>>Openseaの詳細

7:Sweatcoin(スウェットコイン):Move to Earnアプリ

Sweatcoin

Sweatcoinは、歩くだけで仮想通貨が稼げるアプリです。先日Bybitなどの取引所で上場され、話題になりました。

Sweatcoin(スウェットコイン)は、歩いて仮想通貨を稼げるMove to earnアプリです。2016年にイギリスでサービスが開始され、2022年4月に日本でもアプリのダウンロードできるようになりました。利用者数は9,000万人を超えるなど、今最も盛り上がっているアプリの一つと言えるでしょう。

>>Sweatcoinの始め方

8:Sleefi(スリーファイ):Sleep to Earnアプリ

SleeFi(スリーファイ)

SleeFi(スリーファイ)は、睡眠によってトークンが稼げるSleep to earnアプリです。NFTベッドを購入し、あとは睡眠するだけで収益化が可能な、手軽さが大きな特徴になっています。

>>Sleefiの始め方

Web3.0のアプリ収益化する方法

Web3.0のアプリ収益化する方法

ここまでWeb3.0のアプリを紹介してきましたが、そのほとんどが仮想通貨に関連しています。ここからは、Web3.0のアプリ収益化するために必要な準備を紹介していきます。

Web3.0のアプリ収益化する方法

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. メタマスクをダウンロードする
  3. 各種アプリと接続する

1:仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

>>コインチェックの無料登録方法

2:メタマスクをダウンロードする

続いて、仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」を作成していきます。

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)

ウォレットとは、仮想通貨を入れる「財布」のようなものです。仮想通貨を入金することで、外部との取引が可能になります。

メタマスクのダウンロードと仮想通貨の移動方法は以下の記事で紹介しています。
>>メタマスクのダウンロード方法

3:各種アプリと接続する

続いて、Openseaとメタマスクを紐付けます。

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

まず、OpenSea(オープンシー)を開きます。

>>OpenSea(オープンシー)

OpenSeaを開いたら、画面右上から「人のマーク→Settings」を選択

「人のマーク→Setting」を選択

画面右上から「人のマーク→Setting」を選択

「MetaMask」を選択します。

「MetaMask」を選択

「MetaMask」を選択

「Sign In」をクリック。

「Sign In」をクリック

「Sign In」をクリック

「接続」をクリック。

「接続」をクリック

「接続」をクリック

署名を要求されるので、「署名」をクリックします。

「署名」をクリック

「署名」をクリック

これで、MetaMaskとOpenSeaの接続は完了です。

Web3.0アプリの注意点

Web3.0アプリの注意点

最後に、Web3.0アプリを使う際の注意点を紹介します。資産を守るためにもチェックしておきましょう。

Web3.0のアプリの注意点

  1. 仮想通貨取引所は安全なものを使う
  2. 怪しいアプリは使わない
  3. 詐欺に注意する

1:仮想通貨取引所は安全なものを使う

仮想通貨取引所は、有名で安全なものを使うようにしましょう。なぜかというと、利用者数が多い取引所は使いやすく、セキュリティも強固であることが多いからです。

安全に使いたい人には、以下の取引所がおすすめです。

使い勝手に関しては、人によって好みもあるため、全部使ってみて自分に合うものに絞ってみてもいいですね。僕はそうしています。

2:怪しいアプリは使わない

Web3.0アプリに限ったことではありませんが、使うアプリについてはよく調べて、怪しいものは極力使わないようにしましょう。

というのも、Web3.0アプリは仮想通貨を使く、資産を失う恐れがあるんですよね。失った資産は取り返すのが難しくなることもあるため、できるだけ安全なものを使うと良いでしょう。

まとめ:Web3.0アプリに触れてみよう

本記事では、Web3.0時代のおすすめアプリを8個紹介しました。

おすすめのWeb3.0アプリ

  1. Brave:検索エンジン
  2. Steemit(ソーシャルネットワーク)
  3. Cluster:メタバースプラットフォーム
  4. Metamask:仮想通貨ウォレット
  5. Discord:チャットツール
  6. Opensea:NFT、マーケットプレイス
  7. Sweatcoin:Move to Eranアプリ
  8. Sleefi:Sleep to Earnアプリ

Web3.0関連のアプリはこれからも増え続けるでしょう。まずは情報を収集しつつ、仮想通貨の準備から始めてみてくださいね。

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

今回は以上です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-Web3.0
-