Webライター

【厳選】Webライター初心者におすすめのクラウドソーシング3選

Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングサイト4選【無料登録】

悩む人
Webライター初心者だけど、クラウドソーシングは何を使えばいいんだろう?おすすめを教えて欲しいな

このような悩みに答えていきます。

✔️  本記事の内容

  • Webライター初心者がクラウドソーシングを使うメリット
  • おすすめのクラウドソーシング3選
  • クラウドソーシングで稼ぐコツ
  • クラウドソーシングを使う際の注意点

Webライター初心者にとって、クラウドソーシングの活用は必須です。

この記事を書いている僕は、クラウドソーシング経由で毎月20万円の収益を得ています。

クラウドソーシングは世の中にたくさんあります。
本記事では、その中からWebライター初心者におすすめのものを以下の3つに厳選して紹介しています。

おすすめのクラウドソーシング

  1. クラウドワークス:ライティング案件数No.1
  2. ランサーズ:クラウドワークスに次いで案件数が多い
  3. ココナラ:ライティングスキルの出品も可能

Webライターの始め方は以下の記事で詳しく解説しています。
>>Webライターの始め方

Webライター初心者がクラウドソーシングを使うメリット

Webライター初心者がクラウドソーシングサイトを使うメリット

Webライターがクラウドソーシングを使うメリットは以下の通り。

クラウドソーシングを使うメリット

  1. 仕事の種類が豊富
  2. 面接や営業なしに仕事を獲得できる
  3. webライター初心者にも優しい設計になっている

1.仕事の種類が豊富

まず、クラウドソーシングは、仕事の量が豊富です。クラウドソーシングは、様々な仕事に、受注者が提案することで仕事を取るという仕組みです。

そのため、自分の好きな仕事や得意な分野に絞って仕事を受けることができるというメリットがあります。

2.面接や営業なしに仕事を獲得できる

クラウドソーシングを使うと、基本的に面接や営業を行うことなく仕事を獲得することができます。

アルバイトや就職活動をしようとすると、ほとんどの場合面接を受ける必要がありますが、クラウドソーシングの場合はその必要なしに仕事を獲得できます。

3.webライター初心者にも優しい設計になっている

クラウドソーシングは、どれも使い勝手が良く、画面操作や案件の獲得がしやすくなっています。そのため、Webライター初心者でも安心して仕事に取り組むことができます。

また、クラウドワークスのWebライター検定など、初心者が学ぶ場も用意されており、スキルアップも可能です。

クラウドワークスWebライター検定

クラウドワークスWebライター検定

Webライター初心者におすすめのクラウドソーシング3選

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト

Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングは以下の3つです。

れも登録は無料なので、すべて登録しておくことをおすすめします。

おすすめのクラウドソーシング

  1. クラウドワークス:ライティング案件数No.1
  2. ランサーズ:クラウドワークスに次いで案件数が多い
  3. ココナラ:ライティングスキルの出品も可能

それぞれ解説していきます。

1:クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークス

名称 クラウドワークス
運営会社 株式会社クラウドワークス
案件数(ライティング・記事作成) 2,465件(3月11日現在)
依頼内容 プロジェクト(固定報酬制) / プロジェクト(時間単価制) / タスク / コンペ
システム手数料 契約金額の5%~20%で変動
認定制度 プロクラウドワーカー

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサービスです。
案件数は200万件を超えており、ライティングやシステム開発、デザインなど、さまざまな種類の案件を取り扱っています。

Webライティングの案件も豊富で、毎日数多くの案件が追加されています。

また、一定以上の基準をクリアした優良なワーカーに対する「プロクラウドワーカー制度」や、無料で受験できる「Webライター検定」など、サポートが充実しています。

Webライターを始めたら、まず登録しておきましょう。

クラウドワークスに無料登録する

2:ランサーズ

ランサーズ

ランサーズ

名称 ランサーズ
運営会社 ランサーズ株式会社
案件数(ライティング・ネーミング) 1,159件(3月11日現在)
依頼内容 タスク / コンペ / プロジェクト / 求人
システム手数料 契約金額の5%~20%で変動
認定制度 認定ランサー

ランサーズはクラウドワークスと並ぶ国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

案件数は200万件以上と豊富で、50万人以上が利用しています。

スキルアップや税務のサポートを受けられるため、初心者の方でも安心して利用できます。

また、ランサーズには一定の基準を満たしたユーザーは「認定ランサー」として認められる制度があります。

ランサーズもクラウドワークスと合わせて登録しておきましょう。

ランサーズに無料登録

3:ココナラ

ココナラ

ココナラ

名称 ココナラ
運営会社 株式会社ココナラ
案件数(ライティング・ネーミング) 6,564件(3月11日現在)
依頼内容 プロジェクト / スキル出品
システム手数料 契約金額の10%~25%で変動
認定制度 PRO認定制度

ココナラは、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです

自分のスキルに合わせて希望する価格で出品することができます。

また、仕事の検索からライティングの案件を受注することもできます。

ココナラに無料登録

Webライター初心者がクラウドソーシングを使う際の注意点

Webライター初心者がクラウドソーシングサイトを使う際の注意点

Webライターの案件をクラウドソーシングで受ける上での注意点を紹介します。

知らないと損することもあるので要確認です!

クラウドソーシングの注意点

  1. 単価が安すぎるものは受けるべきでは無い
  2. 悪質なクライアントに注意する
  3. 手数料が引かれる
  4. 利用するクラウドソーシングは1、2社に絞ったほうがよい

こちらもそれぞれ紹介しますね。

1:単価が安すぎるものは受けるべきでは無い

クラウドソーシングには、さまざまな単価の案件があります。

初心者のうちは高単価な案件は受注しにくいですが、だからと言って1文字0.1円などの安すぎる案件は受注しないようにしましょう

たまに、「初心者の方を育てます」といった内容で0.1円の案件が掲載されています。

初心者に優しい優良案件と思われるかもしれませんが、実は労働力を安く買い叩かれるリスクがあります。

ながもん
よく考えてみてください。初心者を育てる余裕があるならば、もう少し単価を上げて経験者を採用したほうが効率がいいはずですよね?

心者でも0.5円〜1円の案件は獲得できるので、安請けはしないようにしましょう。

2:悪質なクライアントに注意する

クラウドソーシング上には、ワーカーの方を騙す悪質なクライアントが存在します。

以下のようなクライアントには特に注意しましょう。

  • 評価が悪い
  • 発注率が低い

3:クラウドソーシングは手数料が引かれる

クラウドソーシングサービスを使う上で、「システム手数料が引かれる」ということは知っておきましょう。

システム手数料は契約金額の5%~20%が引かれることが多いです。

例えば、システム手数料が20%の場合、3,000円の案件を受けても、2,400円しか手元に残りません。

ながもん
SNSでの営業や企業への直接営業など、手数料を引かれない方法はありますが、実績が出るまではクラウドソーシングを利用しておきましょう

4:利用するクラウドソーシングは1、2社に絞ったほうがよい

クラウドソーシングは、最終的に1つか2つに絞りましょう。理由としては、クラウドソーシングを絞ることで、認定制度を受けられるまでの時間が短くなるからです。

クラウドワークスの「プロクラウドワーカー」やランサーズの「認定ランサー」など、実績に応じた認定制度があり、認定されると、条件の良い仕事の依頼が増えます。認定までの期間を短くするためにも、クラウドソーシングは絞る必要があるのです。

最初は自分に合うクラウドソーシングを探しながら、最終的には1、2社に絞って仕事を受注しましょう。 

ながもん
僕も全て使ってみて、今はクラウドワークスとランサーズのみに絞っています

クラウドソーシングで稼ぐコツ【カギは"差別化"】

最後に、クラウドソーシングを使って稼ぐためのコツを3つ紹介します。稼ぐためのコツは簡単で、「差別化」が大切です。

差別化する方法は以下の3つ。

クラウドソーシングで稼ぐコツ

  1. ブログを運営してポートフォリオにする
  2. プロフィールを充実させる
  3. 当たり前のことを当たり前にする

それぞれ解説しますね。

1:ブログを運営してポートフォリオにする

Webライターとして仕事をしていく上で、実績があるほうが案件を獲得しやすいのは言うまでもありません。しかし、Webライター初心者の方は、提示できる実績がないという方がほとんどだと思います。

そこでおすすめなのは、ブログをポートフォリオ(スキルの証明)として使うことです。ブログをポートフォリオにするメリットは2つあります。

  1. ライティングスキルを証明できる
  2. ブログで扱っているジャンルの知識を証明できる

Webライターで稼ぐために効果が大きいにもかかわらず、やらない人が多い。なのでかなりチャンスなんですよね。

ブログを運営するといっても、たくさんの記事を投稿する必要はありません。まずは10記事ほど丁寧に執筆して投稿しましょう。

ながもん
ただし、「今日食べたもの」みたいな記事は逆効果なので注意が必要です

ブログはWordPressで解説することを強くおすすめします

ブログの開設方法は以下の記事で詳しく紹介しています。
>>WordPressブログの開設方法

2:プロフィールを充実させる

クラウドソーシングには、プロフィール欄が設けられています。

プロフィールはクライアントにアピールする大きなチャンス。にもかかわらず、適当に書いている人も多いので、作り込めば周りと差をつけることができます。

ながもん
「誰でもできるけど、多くの人がめんどくさがること」が差別化ポイントです

プロフィールの書き方は以下の記事で紹介しています。テンプレートもあるので参考にしてみてくださいね。

>>Webライター必見!クラウドソーシングで魅力的なプロフィールを書くコツ

3:当たり前のことを当たり前にやる

「当たり前のこと」は主に以下の通り。

  • できるだけ早く返信する
  • 納期を守る
  • 言葉遣いに気をつける

こんなのコツでもなんでもないという声が聞こえてきそうですね。でも、実はできていない人が多いんですよね。

納期を守らないどころかそのまま連絡が取れなくなるワーカーも数多くいます。そのため、当たり前のことを当たり前にやるだけで差別化になります。イージーですね。

まとめ:Webライター初心者はクラウドソーシングを活用しよう

本記事では、Webライターにおすすめのクラウドソーシングを3つ紹介しました。

おすすめのクラウドソーシング

  1. クラウドワークス:ライティング案件数No.1
  2. ランサーズ:クラウドワークスに次いで案件数が多い
  3. ココナラ:ライティングスキルの出品も可能

クラウドソーシングは案件が豊富なだけでなく、金銭面やスキル面のサポートも受けることができるため、初心者の方でも安心して利用できます。

Webライターとして実績や経験を積んでいきたい方はまずはクラウドソーシングの活用から始めてみましょう

✔️  クラウドソーシングに登録したらプロフィールを作ろう

Webライターとして最初の案件を取るためには、プロフィールを作ることが必須です。
以下の記事を参考に、プロフィールを作り込んでいきましょう!

>>Webライターのプロフィールの書き方

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-Webライター
-