Webライター

Webライター初心者におすすめの案件の選び方と獲得方法【提案文の書き方も紹介】

Webライター初心者におすすめの案件の選び方と獲得方法【提案文の書き方も紹介】

悩む人
Webライターの案件がなかなかとれない...どんな選び方をすればいいの?提案文の書き方も教えて欲しいな...

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • 案件獲得に欠かせない「小さな実績」の作り方
  • Webライター初心者が知っておくべき「案件の選び方」
  • 受注率を上げる提案文の書き方

上記について解説していきます。

Webライター初心者が最初にぶち当たる大きな壁が、「案件が取れないこと」だと思います。
実際、僕も最初はなかなか案件を取れずにかなり悩みました。

案件が取れない大きな原因は以下の3つ。

  1. 実績がない
  2. 選ぶ案件を間違えている
  3. 提案文が悪い

上記の通り。

3つのどれが欠けていても案件選びに苦労する上、取れたとしても稼げなくて消耗するでしょう。
逆に言えば、この3つをクリアすれば案件が取れるようになるということです。

本記事では、Webライター初心者の方に向けて、案件の選び方と提案文の書き方を紹介します。

ながもん
この記事を書いている僕は、Webライターで文字単価2.0円以上の案件を獲得できています。

この記事を読むことで、案件をとれる確率が大きく上がります。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ブログの始め方と稼ぎ方は【完全未経験OK】Webライターの始め方を5ステップで解説【稼ぎ方も紹介】で詳しく解説しています。こちらもあわせてどうぞ!

Webライター初心者が案件を獲得するためには「小さな実績作り」から始めよう

Webライター初心者が案件を獲得するためには「小さな実績作り」から始めよう

案件の選び方や提案文の書き方を学ぶ前に、まずは小さな実績を作りましょう。
なぜなら、何の実績もない状態でいきなり案件に応募しても厳しい戦いになるから。

クライアントの立場になればわかると思いますが、実績も経験もない人に仕事を任せたいとは思わないはずです。

では、どのように実績を作ればいいのか、方法を3つ紹介します。

小さな実績の作り方

  1. WordPressブログで10〜20記事投稿する
  2. タスク案件を5件ほど納品する
  3. プロフィールを充実させる

Webライターとしての知識や経験がなくてもできるばかりなので、ぜひ取り組んでみましょう。
それでは一つずつ解説していきます。

1:WordPressブログで10〜20記事投稿する

まずはWordPressログで10〜20記事ほど投稿してみましょう。
ブログの記事を書くメリットは3つあります。

  • 文章を書く練習になる
  • 知識や経験のアピールになる
  • 他の初心者Webライターと差別化できる

上記の通り。
最初はあまり難しく考えすぎず、自分の知識や経験を2000文字ほどの記事にしてみましょう。

気をつけてもらいたいのですが、大切なのは「WordPressで」ブログを運営することです。
はてなブログやnoteなどの、無料ブログでも効果が0ではないですが、あまり意味はありません。

WordPressブログが月額料金がかかりますが、月1,000円ほど。
Webライターの案件を取れれば回収できるので、個人的にはかなり安い投資かと。

しかも、ブログの立ち上げはトータル数時間で終わるので、Webライターに本気で取り組みたい方にはおすすめです。

>>WordPressの開設方法

2:タスク案件を5件ほど納品する

ブログの記事投稿と並行してクラウドワークスで「タスク案件」をこなしていきましょう。

タスク案件は、クライアントとの交渉が必要なく、クラウドソーシング上で作業し、納品する形式の案件です。

業務内容は、アンケート回答や簡単なライティングの案件などがあります。

タスク案件に取り組むメリットは以下の3つ。

  1. クラウドソーシングでお金を稼ぐ感覚を得られる
  2. 小さな実績になる
  3. 手軽に取り組める

上記の通り。

とはいえ、タスク案件ばかりこなしていてもスキルが身に付きにくく、稼ぎにくいため、5件ほど納品すれば十分です。

3:プロフィールを充実させる

これは「実績」とは少し違うかもしれませんが大切なことなので紹介します。
案件に応募する前に必ずプロフィールを充実させておきましょ

なぜなら、応募した案件の依頼主は、提案文とあわせてプロフィールを見ることが多いからです。

プロフィールが適当なワーカーは意外と多いため、これだけで差別化が可能になります。

魅力的なプロフィールの書き方は以下の記事で紹介しています。

>>魅力的なプロフィールを書くコツ

Webライター初心者におすすめの「いい案件」の選び方のコツ

Webライター初心者におすすめの案件の選び方

小さな実績は作れたでしょうか?

では、おすすめ案件の選び方のコツを紹介します。

クラウドソーシング上にはブラックな案件も存在します
そのような案件を受けて消耗してしまわないように、以下の点に注意しながら案件を選んでいきましょう。

案件の探し方

  1. 文字単価0.5円以上の案件に応募する
  2. 継続案件を狙う
  3. 10〜20件は応募する
  4. 記事作成マニュアルがある案件を狙う
  5. 定期的に新着案件を確認する

それぞれ解説しますね。

1:文字単価0.5円以上の案件に応募する

応募する案件は文字単価0.5円以上のものを選びましょ

案件の中には、文字単価0.1円で「文章の書き方が学べます」と謳って募集されている案件(いわゆるブラック案件)もあります。

「文章の書き方を教えてもらえるなんてラッキー」と思うかもしれませんが、このような案件は安価で使い倒されることが多いのでおすすめしません。

完全初心者でも、先ほど紹介した「小さな実績」を作っておけば文字単価0.5円以上の案件は取れます。

自分を安売りして消耗しないようにしましょう。

2:継続案件を狙う

記事作成の案件は、できるだけ継続依頼してもらえるものを選びましょう。

理由としては、初心者の状態から稼いでいくためには徐々に単価を上げていく必要があるからです。

継続案件を取ることで、クライアントとの関係が長くなり、高品質な記事を納品し続けていれば単価交渉が可能です
また、継続して案件を受けるうちに、記事の執筆やクライアントとのメッセージのやりとりに慣れてくるので、少ない時間で納品できるようになります。

長く契約してもらえる継続案件を狙うようにしましょう。

3:10〜20件は応募する

案件は10〜20件は応募するようにしましょう。

なぜなら、初心者のうちは、なかなか採用してもらえないから。
初心者にはスキルも経験も少ないわけですから、当然です。

そのため、とにかくたくさんの案件に応募してみましょう。

10〜20件ほど応募すれば、1つか2つほどは何かしらの反応があるはずです。

ながもん
案件が取れなくて落ち込むこともありますが、気にせず進みましょう

4:「記事作成マニュアル」がある案件を狙う

ライティング案件の中には、「記事作成マニュアル」が用意されていることがあります。

記事作成マニュアルには、正しい日本語の書き方やクライアント独自のルールが記載されています。

このマニュアルを読むことで、初心者でも記事が書きやすくなりますし、文章の成長も早くなるでしょう。

また、クライアントからの修正依頼が減ることにもつながります。

記事作成マニュアルがある案件には積極的に応募しましょう

5:定期的に新着案件を確認する

定期的に新着案件を確認することもおすすめです。

なぜなら、Webライターの案件は頻繁に入れ替わるからです

自分にぴったりの案件がいつの間にか募集されていていつの間にか終了している、なんてこともよくあります。

そのようなことを避けるために、案件は少なくとも1日1回は確認するようにしましょう。

Webライター初心者でも案件が獲得できる提案文のコツ

Webライター初心者でも案件が獲得できる提案文のコツ

Webライターの案件に応募する際には提案文が重要です。

なんなら提案文で採用されるかどうかが決まると言っても過言ではありませ

ここでは、Webライター初心者でも案件が獲得できる提案文のコツを3つ紹介します。

提案文のコツ

  1. 聞かれたことに答える
  2. 具体的な数字を使う
  3. 「見やすさ」に気を配る

それぞれ紹介します。

1:聞かれたことに答える

提案文では、聞かれたことにきちんと答えましょう。

「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、意外とできていない人が多いんですよね...

クライアントからは質問の質問をされることが多いです。

  • 簡単な自己紹介
  • 執筆実績
  • 稼働可能な時間

質問には、正確かつンプルに答えるようにしましょう。

なお、提案文をテンプレ化するのはあまりおすすめしません。
なぜなら、いくつも提案文に目を通していっるクライアントには、テンプレの文章かどうかは簡単にわかるからです。

ある程度の型を決めておくことは大切ですが、内容は各案件にあったものを丁寧に書きましょう。

2:具体的な数字を使う

提案文では、具体的な数字を使うようにしましょう。

例えば、稼働時間を聞かれている場合は、

「休日は長めに稼働できます」

ではなく

「休日は6時間ほど稼働できます」

数字を示しながら記載しましょう。

3:「読みやすさ」に気を配る

提案文は「読みやすさ」にも気を配るようにしましょう。

なぜなら、応募の多い案件は、クライアントが何十通もの提案文に目を通しているから。

その中で、読みにくい提案文を読みたいと思うでしょうか。

きっと読む気にならないと思います。

読みやすい提案文は「クライアントへの当然の配慮」と考えておきましょう。

ちなみに誤字脱字は言語道断です。送る前に3回ほど音読しておくといいですよ。

4:自分を採用する「メリット」を記載する

自分を採用するとどんなメリットがあるのか、記載するようにしましょう。

実績やスキルの証明があると良いですが、最初は実績がないという方が多いと思います。

そんな方におすすめなのは、「納期厳守と報連相のアピール」です。

納期を必ず守るということと、こまめに連絡することをアピールしましょう。

このように、採用するメリットを提示することで、採用される確率が上がります。

まとめ:Webライターは案件選びと提案文が命

本記事では、Webライター初心者におすすめの案件の選び方と提案文のコツを紹介しました。

  • 小さな実績を作る
  • いい案件を見極める(ブラック案件を選ばない)
  • 正しい提案文を書く

Webライターの案件は正しい手順を踏めば必ず取れます。

まずは小さな実績作りから始めてみましょう。

✔️  WordPressブログの開設方法

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】WordPressブログの開設方法をわかりやすく紹介【初心者OK】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-Webライター
-