NFT

【要チェック】わふくジェネとは?概要や購入方法を徹底解説!

【要チェック】わふくジェネとは?特徴や購入方法を徹底解説!

こんにちは、ながもんです。
本記事では、注目のジェネラティブNFT「わふくジェネ」について詳しく解説していきます。

✔️  この記事でわかること

  • わふくジェネの基本情報
  • わふくジェネの3つの特徴
  • わふくジェネの購入手段
  • わふくジェネの購入方法

記事後半では、今回初めてNFTを購入する人にもわかりやすいように、やり方をわかりやすく解説しています。ぜひ、参考にしてみてくだいね。

わふくジェネとは

わふくジェネ

引用:Twitter

販売個数 10000点
プレセール 2022年8月28日(予定)
パブリックセール 2022年8月29日(予定)
ブロックチェーン Ethreum

「わふくジェネ(正式名称は「Crypto”WAFUKU” generative’22」)」は、PFPに特化したNFTジェネラティブコレクション「Crypto"WAFUKU" NFT」の2022年夏シリーズです。

PFP」とは、SNSサイトのプロフィールアイコンに最適化されたNFTのことを言います

運営はクリエイターのWAFUKUさん@CryptoWAFUKUNFTとソロさん@solo_nftistの2名です。

なお、Crypto”WAFUKU”NFTは、1点あたり1.2ETH以上で売買されている大人気のNFTコレクションです。アイテムに愛着を持つ人も多く、売りに出さずに手元に置いている人がほとんどのようです。

>>Crypto”WAFUKU”NFT公式サイト

Crypto"WAFUKU" NFT

Crypto"WAFUKU" NFT

Crypto”WAFUKU”NFTについては、WAFUKUさんのnoteを読むと理解が深まると思います。

>>『Crypto WAFUKU Generative ’22』とは

わふくジェネの特徴

わふくジェネの特徴を簡単に紹介します。

わふくジェネの特徴

  1. テーマは「Summer Emotionality(夏の情緒)」
  2. 音声付きのNFTが手に入る
  3. 格安で販売される

テーマは「Summer Emotionality(夏の情緒)」

わふくジェネは、「Summer Emotionality(夏の情緒)」がテーマです。夏の儚さやエモさを大切にしたいという思いで作られています。
NFTごとにデザインが異なるため、気分に合わせて使い分けても面白いかもしれませんね。

音声付きのNFTが手に入る

わふくジェネの大きな特徴は、音声付きのNFTであること。どのような音声になるか、詳細はわかっていませんが、今から楽しみです。

格安で販売される

わふくジェネの価格は0.001ETH〜0.003ETHほど。日本円だと一点200円〜600円ほどで購入できます。
「NFTを買ってみたいけどそれほど予算を使いたくない」という人や、「今回が初めてのNFT」という初心者にぴったりのプロジェクトと言えるでしょう。

わふくジェネの購入手段

わふくジェネの購入手段は、大きく分けて以下の3つです。

わふくジェネの購入手段

  1. プレセールの「フリーミント」で購入する
  2. プレセールの「ホワイトリスト(WL)」で購入する
  3. パブリックセールで購入する

それぞれ条件や価格などを紹介していきます。

1:プレセールの「フリーミント」で購入する

わふくジェネ_フリーミント

引用:Twitter

一つ目は、条件を満たすことで無料でNFTが手に入る「フリーミント」です。無料かつ確実にミントできる代わりに、条件が少し厳しめです。
フリーミントの詳細は以下の通り。

  • 発売日:8/28(プレセール、予定)
  • 価格:無料
  • 枚数:1,000枚(予定)
  • 発行上限枚数:10枚(予定)

フリーミントの獲得条件は以下の通りです。

条件①特定のNFTコレクションのうちいずれかのNFTホルダー

  1. Crypto"WAFUKU"NFT
  2. "WAFUKU"ART
  3. CryptoNinja NFT
  4. 「WAFUKU×NFTクリエイター公式コラボ企画」NFT

上記いずれかのホルダーであれば、フリーミントできます。ちなみに、現在の価格はどれも1.5ETHほどです。

「WAFUKU×NFTクリエイター公式コラボ企画」NFTは、WAFUKU×NFTクリエイター公式コラボ企画で選ばれた8名のクリエイターさんが作成したNFTです。クリエイターさんは今後追加されるようです。

条件②わふくジェネのコアコントリビューター(貢献者)

わふくジェネのディスコード内で貢献した人は、コントリビューターとして選ばれ、フリーミントの対象になるようです。ただし、条件等は発表されていません。

2:プレセールの「ホワイトリスト(WL)」で購入する

わふくジェネ_ホワイトリスト

引用:Twitter

二つ目はホワイトリストです。いくつかの条件を満たすことで確実にミントできます。価格は0.001ETHと格安です。
ホワイトリストの詳細は以下の通り。

  • 発売日:8/28(プレセール、予定)
  • 価格:0.001ETH
  • 枚数:5,667枚(予定)
  • 1人当たり発行上限枚数:10枚(予定)

ホワイトリストの獲得条件は以下の通りです。やや複雑なので、よく確認しておきましょう。

条件①Discord参加

以下のリンクから参加できます。
>>わふくジェネのDiscord

条件②8月上旬開催「夏エモ祭り(仮)」参加

内容は今後発表されるようです。わふくジェネのマーケティング担当「ソロさん」のTwitterアカウントをフォローしておくと最新情報が手に入りますよ。

条件③タスククリア

※以下のタスクをクリアして合計3点以上獲得する必要があります。

  1. Discord早期参入(1点)←〆切済
  2. 「プロジェクトの魅力」を「#わふくジェネ」を付けてツイート(1点)
  3. Twitterスペース皆勤賞(1点)3回以上出席で1点AMAへの事前質問(1点)
  4. AMAでのリアルタイムで質問(2点)
  5. わふくジェネに関するコンテンツ投稿してツイート(3点)※ブログ記事やポッドキャストなど。ツイートは含まない。
  6. WAFUKU作品のファンアートを制作してツイート(3点)

条件は、今後変更されることもあります。

3:パブリックセールで購入する

わふくジェネ_セール

引用:Twitter

3つ目は、パブリック販売(一般販売)での購入です。
条件はありませんが、必ず購入できるわけではない上に、価格が0.003ETHと、フリーミントやホワイトリストに比べて少し高めです(それでも安いですが)。

なお、パブリックセールは争奪戦になる可能性が高いため、次に紹介する事前準備を早めに終わらせておくことをおすすめします。

わふくジェネの購入方法

わふくジェネの購入方法

では、わふくジェネの購入方法を以下の5ステップで紹介していきます。

わふくジェネの購入方法

  1. 仮想通貨の口座開設をする
  2. イーサリアムを購入する
  3. MetaMask(メタマスク)を準備する
  4. OpenseaとMetaMaskを紐づける
  5. わふくジェネを購入する

1:仮想通貨の口座開設をする

まず、仮想通貨を準備しましょう。
なぜなら、NFTは現金ではなく、仮想通貨で購入するからです。

仮想通貨は取引所で入手できます。中でもおすすめなのがコインチェックです。コインチェックは利用している人も多く、セキュリティも強固。そのため、初心者はコインチェックを使っておけば問題ありません。
「仮想通貨が難しそう」という人も多いと思いますが、口座開設も取引も簡単なので、以下の記事を参考にサクッと口座開設と入金を済ませておきましょう。

>>コインチェックの無料登録方法

2:イーサリアムを購入する

コインチェックで口座開設できたら、イーサリアムを購入します。

わふくジェネの取引はイーサリアムで行われるので、間違えないようにしましょう。
イーサリアムの購入方法は以下の記事で解説しています。

>>コインチェックでイーサリアムを購入する方法

3:MetaMask(メタマスク)を準備する

続いて、仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」を作成していきます。

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)

ウォレットとは、仮想通貨を入れる「財布」のようなものです。仮想通貨を入金することで、外部との取引が可能になります。

メタマスクのダウンロードと仮想通貨の移動方法は以下の記事で紹介しています。
>>メタマスクのダウンロード方法

4:OpenseaとMetaMaskを紐づける

続いて、作成したウォレットとOpenseaを紐付けます。

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

まず、OpenSea(オープンシー)を開きます。

>>OpenSea(オープンシー)

OpenSeaを開いたら、画面右上から「人のマーク→Settings」を選択

「人のマーク→Setting」を選択

画面右上から「人のマーク→Setting」を選択

「MetaMask」を選択します。

「MetaMask」を選択

「MetaMask」を選択

「Sign In」をクリック。

「Sign In」をクリック

「Sign In」をクリック

「接続」をクリック。

「接続」をクリック

「接続」をクリック

署名を要求されるので、「署名」をクリックします。

「署名」をクリック

「署名」をクリック

これで、MetaMaskとOpenSeaの接続は完了です。

5:わふくジェネを購入する

OpenSeaにアクセスし、わふくジェネを購入します。

わふくジェネの購入時は、Openseaの検索からではなく、わふくジェネのDiscordから購入画面にアクセスするようにしましょう。

なお、購入には本体の価格とは別にガス代(手数料)が必要です。

まとめ:わふくジェネを購入する準備は早めにしておこう

まとめ:わふくジェネを購入する準備は早めにしておこう

本記事では、この夏期待のNFTジェネラティブ「わふくジェネ」について解説しました。

✔️  この記事のまとめ

  • 「わふくジェネ(Crypto”WAFUKU” generative’22)」はPFPに特化したNFTジェネラティブコレクション
  • フリーミントやホワイトリストを活用することで確実かつ安価に購入できる
  • わふくジェネの購入には仮想通貨(イーサリアム)とメタマスクが必要

販売開始までにタスクをクリアして、ホワイトリストをゲットしてみてくださいね。

あわせて、販売日ギリギリになってから慌てなくていいように、コインチェックの口座開設も早めに終わらせておきましょう。

>>コインチェックの口座開設方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・Webライター。当ブログは月間15,000pv / 収益10万円ほど。「内向型人間が個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログ×Webライター×Web3.0」について発信。熊本県在住の25歳

-NFT
-