Webライター

HSPがWebライターに向いている5つの理由と始め方【注意点あり】

※この記事には広告が含まれます

HSPがWebライターに向いている5つの理由と始め方【注意点あり】

悩む人
HSPであることを活かしてWebライターを頑張りたいんだけど、どうやって収益化すればいいかわからない...そもそもHSPってWebライターって向いているの?

本記事では、このような悩みに答えます。

近年、HSPに対する理解と注目が高まっています。その繊細な感受性を持つ人々が、Webライターの仕事で活躍しています。

ながもん
この記事を書いている僕は"超"HSPです。現在はHSPであることを活かし、Webライターで生計を立てるフリーランスとして活動しています。

本記事では、HSPがWebライターに向いている理由を紹介した上で、具体的な収益方法を解説します。この記事を参考にしつつ、個性と強みを最大限に活かしてWebライターで稼ぎましょう!

HSPがWebライターに向いている5つの理由

HSPがWebライターに向いている5つの理由

まず、HSPがWebライターに向いている5つの理由を紹介します。

  1. 繊細な感性で魅力的な文章を作成できる
  2. 高い集中力と持続力で質の高いコンテンツを提供できる
  3. 共感力を生かして読者のニーズを的確に捉える
  4. 自己成長への意欲が高く、スキルを継続的に向上させる
  5. 自宅での作業環境が適している

1:繊細な感性で魅力的な文章を作成できる

HSPは、非常に感受性が高い人々です。この特性は、読者の心に響く魅力的な文章を書く上で非常に有利です。

HSPは細かなニュアンスや感情の機微に敏感であり、そのため、文章に深みや共感を与えることができます。また、細部にこだわり、読者が感動するような繊細で丁寧な表現を駆使することができます。

これにより、HSPのWebライターは独自の視点と感性を生かしたオリジナルのコンテンツを提供できるのです。

2:高い集中力と持続力で質の高いコンテンツを提供できる

HSPは一つの作業に対して深く集中する能力を持っています。特に、静かな環境での作業を好むため、自宅で行うWebライティングの仕事は非常に適しています

この集中力により、HSPのWebライターは質の高い、誤字脱字のない正確なコンテンツを作成することが可能です。

また、細かいリサーチや複雑なテーマについても持続力を持って取り組むことができるため、専門性の高い記事や長文記事の執筆にも向いています。

3:共感力を生かして読者のニーズを的確に捉える

HSPは他人の気持ちを深く理解し、共感する力が強いという特徴を持っています。この能力は、Webライターとして重要です。

読者の立場に立って考えることができるため、読者が求める情報や感情に応える記事を書くことができます。

また、読者の悩みや疑問に寄り添った記事を提供することで、読者との信頼関係を築きやすくなります。この共感力により、HSPのWebライターは読者の心に響くコンテンツを作成することができるのです。

4:自己成長への意欲が高く、スキルを継続的に向上させる

HSPは自己成長への意欲が高く、常に自分を向上させようと努力します。この特性は、Webライターとしてのスキルを継続的に向上させるために非常に有益です。

新しい知識や技術を学ぶことに対して積極的であり、常に最新のトレンドや情報を取り入れることができます。

また、自分の文章を客観的に見直し、改善点を見つけ出す能力にも優れているため、質の高いコンテンツを提供し続けることができます。

5:自宅での作業環境が適している

HSPは外部の刺激に敏感であるため、静かな環境での作業を好みます。Webライターの仕事は、自宅での作業が主となるため、HSPにとって理想的な働き方です。

自分のペースで仕事ができることや、環境を自分に最適なものに整えることができるため、ストレスを最小限に抑えつつ高いパフォーマンスを発揮することができます。

また、自宅での作業により、柔軟な時間管理が可能であり、バランスの取れた生活を送ることができることも大きなメリットです。

Webライターの始め方【7ステップ】

HSPWebライターの始め方

では、Webライターの始め方を7ステップで紹介していきます。

  1. Webライターの基礎学習をする
  2. WordPressブログを開設する
  3. ブログを10記事ほど書く
  4. クラウドソーシングサイトに登録する
  5. プロフィールを充実させる
  6. タスク案件を受ける
  7. プロジェクト案件に応募する

各ステップを紹介していきます。

ながもん
僕の経験をもとに最も効率良い手順を紹介しているので、できるだけ順番通りに進めてみてくださいね

1:Webライターの基礎学習

まずはWebライターに必要な基礎的な知識を学習しましょう。

というのも、基礎学習が必要な理由は、文章の書き方などの基本的なスキルが身についていない状態で案件を獲得するのは難しいんですよね。

基礎学習の第一歩におすすめなのは、本を読むことです。初心者におすすめの本は以下の通り。

とりあえず上記の3冊を読んでおけば基礎の基礎は身につきます。

ながもん
他にもおすすめの本はありますが、実際に仕事をしながら読んでいけばOKです!

>>Webライター初心者におすすめの本

2:【重要】WordPressブログを開設する

基礎学習が終わったら、WordPressブログを開設しましょう。

『Webライターをやるのになんでブログ?』と思った人も多いですよね。

理由は、Webライターで稼ぐ上でWordPressブログを開設するメリットが多いからです。

WordPressブログのメリット

  • 記事を書く練習になる
  • スキルや知識の証明になる
  • WordPressやSEOを実践することで、仕事の幅が広がる
  • ブログをポートフォリオにできる
  • やる気をアピールできる

上記の通り。正直、やらない理由はないです。デメリットを挙げるとすれば、月1,000円ほど料金がかかることくらいですね。

ながもん
Webライター初心者の中でWordPressブログを運営している人はほとんどいません。だからこそ、運営しておくだけで簡単に差別化できます。

とはいえ、この記事を読んでもほとんどの人はやりません。だからこそ、やった人から稼げるようになっていきます。

WordPressブログの開設は10分ほどでできるので、サクッと開設してみてください。

エックスサーバーでは、2024年8月6日(木)まで利用料金最大半額キャッシュバックキャンペーン中!期間内に申し込むと、実質月額495円から利用できます。

WordPressブログの始め方は【10分で完了】WordPressブログの始め方を初心者向けに徹底解説をご覧ください。

\今だけ利用料金最大半額キャッシュバック/

エックスサーバー公式サイトを見る

※上記リンク経由で申し込むと割引されます。

3:ブログを10記事ほど書く

ブログを開設できたら、実際に10記事ほど書いて投稿します。

最初から上手に書こうとする必要はありません。まずは自分の得意なジャンルについて書いてみましょう。

注意点として、下記のような記事は逆効果になるので、書かないようにしましょう。

  • 「今日はお寿司を食べました」のような日記
  • 極端に文字が少ない記事
  • 読む人を不快にさせる記事

読者の役に立つ記事を丁寧に書いていけば問題ないので、難しく考えすぎずに書いてみましょう。

>>ブログの書き方

4:クラウドソーシングサイトに登録する

ブログを10記事ほど投稿できたら、クラウドソーシングサイトに登録します。

クラウドソーシングサイトは、仕事を発注したいクライアントと仕事を探しているワーカーをつなぐサービスです。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の通り。

とりあえず上記の2つに登録しておけば問題ありません。どちらも無料で登録できます。

各クラウドソーシングサイトの詳細は【厳選】Webライター初心者におすすめのクラウドソーシング3選でまとめています。

5:プロフィールを充実させる

クラウドソーシングサイトに登録したら、次はプロフィールを充実させましょう。

プロフィールは案件の獲得において重要な役割を持ちます。にもかかわらず、適当に書いている人も多いので、ここにこだわるだけで一歩リードできます。

プロフィールには、主に以下の項目を記載しましょう。

✔️ プロフィールに書く項目

  1. 簡単な自己紹介
  2. 経歴・職歴
  3. 可能な業務
  4. 得意ジャンル
  5. 報酬金額の目安
  6. 週の稼働時間
  7. 仕事に対する情熱や大切にしていること
  8. Webライターとしての実績

上記の通り。
プロフィールを適当に書いている人は意外と多いので、作り込むだけで簡単に差別化ができます。

プロフィールの書き方は以下の記事で詳しく解説しています。テンプレもあるので真似してOKです。
>>プロフィールの書き方

6:タスク案件を受ける

プロフィールを書いたら次はタスク案件をいくつか受けましょう。

タスク案件とは、簡単なアンケートや記事作成の仕事のことを言います。報酬は低いですが、報酬発生のハードルも低いので、初心者におすすめです。

まずはタスク案件で「小さな実績」や「稼ぐ体験」を得ましょう。

ただし、タスク案件ばかり10件も20件も受けてもあまり意味はありません。なぜなら、タスク案件は報酬額が少ない上に、ほとんどスキルが身につかないからです。

最初の一円を稼ぐ体験ができたら、プロジェクト案件に進みましょう。

7:プロジェクト案件に応募する

次に、プロジェクト案件を受けましょう。

プロジェクト案件はタスク案件とは異なり、案件への応募やテストライティングが必要です。難易度が上がりますが、収益とやりがいは大きくなります。

ただ、案件の選び方を間違えると、低単価で消耗する恐れがあるので注意が必要です。

たとえば、「ライティングを学びながらお仕事できます」と謳って文字単価0.1円以下で募集している案件があります。
初心者に優しいと思うかもしれませんが、実際は安く買い叩かれて消耗するのがオチなのでおすすめしません。

案件選びのコツは以下の通り。

  1. 文字単価1円以上の案件に応募する
  2. 継続案件を狙う
  3. 10〜20件は応募する
  4. 記事作成マニュアルがある案件を狙う
  5. 定期的に新着案件を確認する

上記の通り。

ながもん
「最初から文字単価1円の仕事なんて取れるの?」と思うかもしれません。WordPressブログの運営して、プロフィールを作り込みをしていれば、十分取れる可能性がありますよ!

案件探しのコツと提案文の書き方は以下の記事で詳しく解説しています。
>>Webライター初心者におすすめの案件の選び方と獲得方法

HSPがWebライターに取り組む上で大切なこと

HSPがWebライターに取り組む上で大切なこと

次に、HSPがWebライターに取り組む上で大切なことをつ紹介します。

  1. 自分のペースで仕事を進める
  2. 働く環境を整える
  3. コミュニケーションを円滑に保つ

1:自分のペースで仕事を進める

HSP(Highly Sensitive Person)は、周囲の環境やストレスに対して敏感であるため、仕事を自分のペースで進めることが重要です。

無理に多くの案件を抱え込むと、ストレスやプレッシャーでパフォーマンスが低下する可能性があります。

自分のキャパシティを理解し、適切な仕事量を設定することで、質の高い執筆が可能になります。また、定期的に休憩を取り、リラックスする時間を確保することも忘れないようにしましょう。

2:働く環境を整える

HSPは周囲の音や光、温度などの環境要因に影響を受けやすいです。Webライターとしての作業環境を整えることで、集中力を維持しやすくなります

静かな場所で作業し、適切な照明と快適な温度を保つことが重要です。

  • イヤホンで好きな音楽を聴く
  • アロマを利用する

など、自分に合ったリラックス方法を見つけて環境を整えることで、より効率的に仕事を進めることができます。

3:コミュニケーションを円滑に保つ

HSPは人間関係にも敏感であるため、クライアントや同僚とのコミュニケーションを円滑に保つことが大切です。

自分の感情や意見を正直に伝えることで、誤解やストレスを避けることができます。

ながもん
強い言葉を使うようなクライアントからは離れるなど、快適なコミュニケーションができる環境を整えましょう

また、明確な指示やフィードバックを求めることで、期待される内容を把握しやすくなり、ミスを減らすことができます。定期的な連絡や報告を行うことで、信頼関係を築き、スムーズな業務遂行が可能となります。

HSPはWebライターだけでなくブログにも挑戦してみよう

HSPはWebライターだけでなくブログにも挑戦してみよう

HSP(Highly Sensitive Person)は、その繊細さを活かしてWebライターとして活躍していますが、ブログにも挑戦してみる価値があります

なぜなら、ブログは自分のペースで書き進められ、自分の興味や関心を反映させることができるため、HSPにとって理想的なプラットフォームだからです。

また、Webライターで得たスキルをそのまま使うことができるため、相乗効果で稼ぐことができます。

ながもん
「Webライターで培ったスキルでブログを書く→ブログを実績にしてWebライターでさらに稼ぐ」という好循環が作れます

さらに、読者との交流を通じて共感を得たり、自己表現の場としても活用できます。ブログ運営を通じて自分の可能性を広げ、新しい視点や経験を得ることで、より豊かなライフスタイルを築けるでしょう。

ブログの始め方は【10分で完了】WordPressブログの始め方を初心者向けに徹底解説で解説しています。

まとめ:HSPの強みを活かしてWebライターに挑戦しよう!

本記事では、HSPがWebライターに向いている理由と具体的な始め方を紹介しました。

HSPは、その特性を活かしてWebライターに向いています。まず、繊細な感性を活かして魅力的な文章が書けます。高い集中力と持続力で質の高いコンテンツを提供でき、共感力を活かして読者のニーズを的確に捉えることができます。

また、自己成長への意欲が高く、スキルを継続的に向上させることが可能です。さらに、自宅での作業環境が適しているため、快適に働くことができます。

自分のペースで仕事を進め、働く環境を整え、コミュニケーションを円滑に保つことを心がければ、HSPでもWebライターとして成功することができるでしょう。

>>Webライターの始め方

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

Web3好きのフリーランス|ブロガー・Webライター|フリーランスの働き方やWeb3(NFT、仮想通貨)の最新情報や稼ぎ方を発信します|※当サイトでの「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

-Webライター
-,