NFT メタバース

【2022年】メタバースのおすすめ本を3冊に厳選して紹介【無料あり】

【2022年】メタバースのおすすめ本を3冊に厳選して紹介【無料あり】

悩む人
最近話題の「メタバース」について知りたいんだけど、どの本がおすすめ?できれば無料で読みたいな...

このような悩みに答えて行きます。

✔️  本記事の内容

  • メタバースの基本知識
  • メタバースのおすすめ本3選【無料で読む方法も紹介】
  • 実際にメタバースを体験する方法

本記事では、メタバースの基礎理解におすすめの本を、3冊に厳選して紹介します。
中には無料で読める本もあるので、ぜひチェックしてみてください。

メタバースとは

メタバースとは

メタバースとは、「インターネット上に構築された仮想の三次元空間でアバターなどを用いて接する環境」で、meta(超越した)とuniverse(宇宙)のを合わせた造語です。

SF作家のニール・スティーヴンスン氏が1992年に発表した小説『スノウ・クラッシュ(Snow Crash)』が起源といわれています。

とはいえ、今のところメタバースの定義は曖昧なので、「インターネット上の仮想空間」くらいの理解で大丈夫です。

メタバースの概要と始め方は以下の記事で紹介しています。
>>メタバースとは

メタバースのおすすめ本3選【無料あり】

メタバースのおすすめ本は以下の通り。

それぞれ紹介しますね。

1:未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉

書籍名 未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉
著者 株式会社往来
発売日 2021/3/25
価格(Amazon) 単行本(ソフトカバー):1,980円
Kindle版:990円

読めばメタバースやVRに関する基礎知識はおおかた理解できます。
特に、VRについての内容が多めなので、VRに興味がある方におすすめです

内容もそれほど難しくないので、初心者でも簡単に読破できますよ。

2:NFTの教科書

書籍名 NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
著者 増田雅史 ほか
発売日 2021/10/20
価格(Amazon) 単行本:1,980円
Kindle版:1,441円
Audible:1コイン

「メタバースなのになんでNFTの本?」と思った方も多いですよね。

本書をおすすめする理由は以下の通り。

  1. メタバースとNFTは相性がいいから
  2. 本書ではメタバースについても取り上げられているから

そもそもNFTってなに?という方に簡単に説明しますね。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible-Token」の略称で、代替不可能=唯一無二の価値を持つトークンです。
ここでいうトークンとはブロックチェーン技術を利用して発行したデジタルデータ(暗号資産)を指します。

簡単に言えば「唯一無二のデジタル資産を持つことができる」といったイメージですね。

2021年以降のメタバースについて学ぶなら、NFTもセットで学んでおくことはマストです。
なぜなら、これからはメタバース内でNFTを取引することがメインになっていくから。

例えば、メタバース内の土地を買ったり、NFTアートをメタバース内に飾るといった活用方法があります。

とはいえ、これだけの説明で理解するのは難しいと思うので、ぜひ本書を読んでみてください。
2〜3時間ほどでNFTの基礎がわかるようになりますよ。

なお、本書はAmazonのAudible(オーディブル)を利用することで、無料で読む(聞く)ことができます。

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)

無料で読む手順は、以下の通り。

  1. Audible(オーディブル)に登録
  2. 本書をダウンロード
  3. 30日以内に解約

NFTの教科書の詳細は、以下の記事で解説しています。
>>『NFTの教科書』の詳細

3:メタバース 完全初心者への徹底解説

書籍名 メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代
著者 白辺 陽
発売日 2021/11/3
価格(Amazon) Kindle版:1,441円
Kindle unlimited:0円

メタバースの基本はもちろん、メタバースを活用したゲームやブロックチェーンサービスについても学べます。
タイトルの通り、完全初心者向けにわかりやすく書かれているので、サクサク読むことが可能です。

なお、本書はKindle Unlimitedを活用することで、無料で読むことができます。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

無料で読む手順は、以下の通り。

  1. Kindle Unlimitedに登録
  2. 本書をダウンロード
  3. 30日以内に解約

まずは無料でメタバースを学びたいという方は、最初にこの本から読んでみることをおすすめします。

本を読んだら実際にメタバースを体験してみよう

本を読んだら実際にメタバースを体験してみよう

メタバースの本を読んだら、実際に体験してみることをおすすめします。
なぜなら、本で学んだ知識をより深くインプットできるから。

本記事では、メタバースを体験する方法を2つ紹介します。

1:cluster(クラスター)

初心者におすすめなのはCluster(クラスター)です。

Clusterは無料でメタバースが体験できるアプリです。
iOS、Android、Mac、Windowsのほか、「oculus」や「VIVE」などのVRデバイスのも対応しています。

Cluster(クラスター)

Cluster(クラスター)

実際の画面は以下の通り。
アバターが自作できるほか、マイクをオンにすれば他のユーザーとの会話を楽しむこともできます。

Cluster(クラスター)のプレイ画面

Cluster(クラスター)のプレイ画面

仮想通貨やウォレットなどが必要ないため、手軽にメタバースを体験できますよ。
>>clusterの使い方

2:TheSandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

メタバースのおすすめ体験方法2つ目はTheSandbox(ザ・サンドボックス)です。
TheSandboxでは、メタバース上に土地「LAND」を所有することで、さまざまな経済活動を行うことができます。

土地を所有しなくても、自作したアイテムをマーケットプレイスに出品して収益化するといった遊び方もできます。
今もっともメタバースに近いゲームと言われているので、一度チェックしてみてください。

>>TheSandboxの始め方

まとめ:まずは本でメタバースを理解しよう

本記事では、メタバースの基礎理解におすすめの本を3冊に厳選して紹介しました。

メタバースを今から勉強しておけば、今後大きなアドバンテージになります。
どれも初心者向けにわかりやすく書かれている本ばかりなので、まずは一冊手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

最後に、無料で読む方法をもう一度おさらいしておきますね。

無料で読む方法

今回は以上です。

メタバースの始め方に戻る

  • この記事を書いた人

ながもん

ブロガー・Webライター。ブログ収益月5桁継続中。「内向型人間が個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログアフィリエイト×Webライター×仮想通貨」について発信。熊本県在住の25歳

-NFT, メタバース