Webライター

Webライターに向いている人の特徴5つ【現役Webライターが紹介】

Webライターに向いている人の特徴

ながもん
こんにちは、ながもんです。フリーランスでWebライターをしながら当ブログを運営しています
悩む人
副業でWebライターを始めたいけど自分に向いているかわからない...

このような悩みをお持ちの方に向けて、本記事では、「Webライターに向いている人の特徴」を5つ紹介します。

この特徴は、実際にWebライターとして仕事をしている僕が、「こういう人はWebライターに向いてそうだな」と感じたことばかりです。

この記事を読むことで、「自分がWebライターとして向いているかどうか」のヒントを得ることができます。

これからWebライターを始めてみたいという方はぜひ参考にしてみてください!

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容

まず、Webライターの仕事内容を簡単に紹介します。

Webライターとは、インターネット上に掲載する記事を執筆する仕事です。

Webライターが執筆する記事は多岐に渡ります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・ニュース

・コラム

・ブログ記事

・商品説明

・インタビュー

また、各ジャンルもビジネスや美容、金融、子育てなど多岐に渡ります。

Webライターに向いている人の特徴5つ

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴は以下の5つです。

  1. 文章を書くことが苦手ではない人
  2. 情報収集が好きな人
  3. スケジュール管理ができる人
  4. 一人で黙々と作業することが苦ではない人
  5. 適切なコミュニケーションが取れる人

1つずつ詳しく紹介していきます。

1.文章を書くことが苦手ではない人

Webライターに向いている人の特徴1つめは、「文章を書くことが苦手ではない人」です。

ここで、「文章を書くことが得意な人」ではなく「文章を書くことが苦手ではない人」と紹介したのには理由があります。

  • Webの文章には高度な文章は求められないから
  • 苦手意識さえなければいくらでも上達するから

Webの文章は「難解な言葉を使った高度な文章」や「自己表現」ではなく、「読者に情報をわかりやすく伝えること」が求められます。

「わかりやすく書くこと」は、文章に苦手意識さえなければ習得可能です。

僕自身も文章を書くことが苦手ではなかったので、Webライターの仕事やこのブログで文章を書き続けました。

その結果、だんだんとわかりやすい文章が書けるようになってきました。

よほど文章が苦手でない限り、Webライターと向いているといえます。

2.情報収集が好きな人

Webライターに向いている人の特徴2つめは、「情報収集が好きな人」です。

理由は、Webライターの仕事の中で、情報収集は文章を書くことと同じくらい重要だからです。

質の高い記事を作成するためには、インターネット上、時にはそれ以外から情報を集めなければなりません。

物事に対する好奇心や正確な情報を集めることが求められるのです。

そのため、情報収集が好きな人は、Webライターに向いているといえます。

ながもん
「わからないことがあったらすぐ調べる」という人は情報収集が好きと言えるでしょう

3.スケジュール管理ができる人

Webライターに向いている人の特徴3つめは、「スケジュール管理ができる人」です。

Webライターの仕事には、「納期」があります。

納期を守れなければ、クライアントからの信頼を失い、仕事の依頼を打ち切られることもあります。

しかし、Webライターの仕事は基本的に在宅で一人で行うため、誰かに作業を強制されることもありません。

そのため、Webライターにはスケジュール管理が求められます。

Webライターとしてうまくやっていくためには、「納期から逆算したスケジュール設定」や「自分を律して作業に取り組むこと」が求められます。

スケジュールを立てて、その通りに実行できるというあなたはWebライターは向いていると言えるでしょう。

4.一人で黙々と作業することが苦ではない人

Webライターに向いている人の特徴4つめは、「一人で黙々と作業することが苦ではない人」です。

Webライターの仕事は、基本的に一人で黙々と作業します。

そのため、誰かと一緒に仕事を進めたいという人には向いていません。

孤独に耐えられる人はWebライターに向いてると言えるでしょう。

ながもん
Webライターは内向型の人や、一人が好きな人(僕もそうです)にとってピッタリの仕事です

5.適切なコミュニケーションが取れる人

Webライターに向いている人の特徴5つめは、「適切なコミュニケーションが取れる人」です。

Webライターは一人で黙々と作業するとはいえ、クライアントとのやりとりは必ず発生します。

そこで、「適切なコミュニケーション」が必要になります。

適切なコミュニケーションを取れるメリットは以下の通りです。

・クライアントに信頼してもらえる

→単価アップや新しい仕事につながる

・依頼内容が把握しやすい

→修正の手間が減る

このように、適切なコミュニケーションができることはWebライターとして強みになります。

そのため、適切なコミュニケーションができる人は、Webライターとして向いているといえます。

Webライターに向いていない人の特徴3つ

Webライターに向いていない人

では、逆にWebライターに向いていない人はどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、3つ紹介します。

1.文章を書くのが苦痛な人

2.孤独な作業に耐えられない人

3.自己表現したい人

1.文章を書くのが苦痛な人

まず、文章を書くことが苦痛な人にはWebライターは向いていません。

文章が苦手でも、書き続けていれば必ず上達します。

しかし、文章を書くことが苦痛であるならば、それは難しいと言えるでしょう。

2.孤独に耐えられない人

Webライターの仕事は孤独です。

何時間もパソコンに向かって独りで文章を書き続ける必要があります。

孤独に耐えられない、人と話しながら仕事を進めたいという人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

3.自己表現したい人

自己表現をしたいという方にはWebライターは向いていません。

なぜなら、Webライターで書く文章には自己表現や個性はほとんど必要とされないからです。

Webライターに求められるのは、小説のような高度な文章ではなく、「読者にとってわかりやすい文章」です。

自己表現したいという方はWebライター以外の方法の方がやりがいがあるでしょう。

【提案】Webライターに向いているか悩んだらとりあえずやってみよう

Webライターに向いている人の特徴

ここまで、Webライターに向いている人について紹介しました。

本記事を読んで、「私はWebライターに向いてそう!」とすぐにWebライターを始める方もいると思います。

しかし、中には「もしかして向いていないかもしれない、やるべきではないかなぁ」という方もいるでしょう。

そんな方に僕がおすすめするのは、「実際にWebライターの仕事をしてみること」です。

 

あなたがこの記事にたどり着いたということは、少なからずWebライターに興味があるのではないでしょうか?

もし、記事をここまで読んで、Webライターを始めるか悩んでいるのであれば、とりあえずやってみましょう。

 

Webライターの仕事をやってみて、向いてそうなら続ける、そうでなければやめる。

この方法でいいと思います。

理由としては、Webライターには以下の3つの特徴があるからです。

  • Webライターを始めるためのコストがほとんどかからない
  • 仕事を獲得するハードルが低い
  • やめようと思えばすぐやめられる

実際にやってみて、向いていないと思ったらやめてもよいので、とりあえずやってみましょう。

(もちろん、引き受けた仕事は最後まで責任を持ってやり切りましょう)

Webライターを始めるための手順は【完全版】未経験からWebライターで月5万円稼ぐまでのロードマップにて紹介しています。

Webライターに向いている人 まとめ

本記事では、Webライターに向いている人の特徴を5つ紹介しました。

  1. 文章を書くことが苦手ではない人
  2. 情報収集が好きな人
  3. スケジュール管理ができる人
  4. 一人で黙々と作業することが苦ではない人
  5. 適切なコミュニケーションが取れる人

先ほども述べたとおり、本当に向いているかは、やってみないとわかりません。

僕自身、向いているかわからない状態でWebライターを始めました。

その中で、「割と向いているほうかも」と感じたため、今も続けています。

これはWebライターだけに限った話ではありませんが、

「とりあえずやってみる」いう姿勢を持っておきましょう。

-Webライター
-