ブログ ブログの書き方

ブログの書き方解説!文章がサクサク書ける記事テンプレートあり

ブログの書き方解説!文章がサクサク書ける記事テンプレートあり

悩む人
ブログの記事がなかなか上手く書けない...どんな構成で書けば上手く書けるんだろう?

このような悩みに答えていきます。

ブログの記事を書くのはかなり大変な作業です。

僕自身、ブログを始めた頃は8時間かけて記事を書いていました。

しかし、記事の構成や書き方を知ることで、ブログ記事を書くスピード書きやすさが一気にアップしました。

本記事では、ブログ記事を構成する3つのパートとそれぞれの書き方のテンプレートを紹介します。

これからどんどん記事を書いていきたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ブログ記事の構成とテンプレートについて

ブログ記事の構成とテンプレートについて

まずは、ブログ記事の構成を紹介します。

あわせて、記事のテンプレートを使うメリットも紹介します。

ブログ記事は3つのパートで構成されている

冒頭でも紹介したように、ブログの記事は以下の3つのパートで構成されています。

リード文(書き出し)読者の興味を惹くためのパート
本文読者の悩みを解決するパート
まとめ読者に次の行動を促すパート

ブログ記事を構成する3つのパート

ブログ記事を構成する3つのパート

まずはこの大枠を頭に入れておきましょう。

テンプレートを使うメリット

次項でブログ記事のテンプレートを紹介しますが、その前にテンプレートを使うメリットを3つ紹介します。

①記事を速く書ける
②まとまった構成になる
③SEO対策ができる

記事のテンプレートを使うことで、書くべき内容がわかりやすく、それに当てはめて記事の作成を進めることで、書くのが速くなります。

それだけでなく、内容が読者にわかりやすく、SEO対策にもなります。

ブログ記事を構成する3パートの書き方【テンプレートあり】

ブログ記事を構成する3パートの書き方【テンプレートあり】

ここからは、記事の3つのパートの書き方をテンプレートとあわせて紹介していきます。

①リード文(書き出し)の書き方
②本文の書き方
③まとめの書き方

念のため、先ほど紹介した画像をもう一度貼っておきます。

ブログ記事を構成する3つのパート

ブログ記事を構成する3つのパート

①リード文(書き出し)の書き方

リード文(書き出し)の書き方

リード文(書き出し)の書き方

リード文は、記事の書き出しの部分です。

記事の内容に興味を持ってもらい、本文を読み進めてもらう役割を持っています。

リード文は以下の7項目で構成されます。

✔️  リード文を構成する7項目

読者の悩み:〇〇という悩みはありませんか?
自分の体験や権威性:僕自身も〇〇したことがあります
問題提起(この記事を読まないと起こる問題):〇〇しないと、〇〇になってしまいます
悩みに対する結論:結論、〇〇です
記事の内容をひとことで:本記事では、〇〇を紹介しています
記事を読むことで得られるもの:この記事を読むことで、〇〇できます
記事の内容(箇条書き)

特に大切なのが「悩みに対する結論」を書くことです。

リード文で結論を書いてしまうと読者がそこで離脱してしまうのでは?と考えると思いますが、実は逆です。

先に結論を述べておくことで、読者に「詳しく知りたい」と思ってもらえます。

リード文は記事の内容やジャンルによって書き方が異なることもあるので、試行錯誤しながら自分に合った形を探しましょう

リード文の書き方は以下の記事で詳しく解説しています。
>>ブログ記事の「リード文」の書き方を7つの項目で紹介【差をつけよう】

②本文の書き方

本文の書き方

本文の書き方

本文は記事のメインのパートで、読者に情報を提供し、悩みを解決する役割を持っています。

本文は、「PREP法」を使います

PREP法とは、「結論→理由→具体例→結論」の順番に文章を展開していく、という文章の型の一つです

PREP法では、以下のような流れで文章を書いていきます。

PREP法

P:Point(結論)
→〇〇は〇〇です

R:Reason(理由)
→なぜなら、〇〇だからです

E:Example(具体例)
→たとえば、〇〇の場合は〇〇になります

P:Point(結論)
→よって、〇〇は〇〇といえます

これを各見出しごとに書いていくことで、読みやすい文章が書けるようになります。

>>ブログ記事の見出しの作り方!SEOにも読者にも評価される構成とは?

③まとめの書き方

まとめの書き方

まとめの書き方

ブログ記事における「まとめ」の役割は情報を整理し、読者を次の行動に促すことです。

記事を書く上で「まとめ」は軽視されがちですが、実はSEOや収益化に大きな影響を与えます。

まとめは以下の3項目で構成されます。

記事の内容のまとめ(箇条書き)ノウハウのまとめや紹介した商品一覧など
記事の補足情報本文で言えなかったことがあればここで補足する
読者に次にとってほしい行動他の記事への誘導または商品の購入

読者が次の行動を取りたくなるような「まとめ」を目指しましょう。

まとめの具体的な書き方は以下の記事で紹介しています。

>>ブログ記事は「まとめ」が重要!アクセス・収益アップにつながる書き方を解説

ブログ記事を書き始める前にやるべきこと

ブログ記事を書き始める前にやるべきこと

続いて、記事を書き始める前にやるべきことを紹介します。

これらをもしして記事を書いてしまうと、書いた記事が無駄になってしまうこともあります。

必ず以下の3つを確認しておきましょう。

①読者の悩みを言語化
②SEOキーワード選定
③見出しを使った構成づくり

それぞれ解説します。

①読者の悩みを言語化

記事を書き始める前に、読者の悩みを言語化する必要があります。

悩みの言語化とは、その記事で「誰の」「どんな悩みを」「どんな方法で」解決するかを決めることです

この記事で言えば、「ブログ初心者の」「ブログ記事がなかなか上手く書けないという悩みを」「テンプレートを提示しながら解説することで」解決します。

なお、読者の悩み(ニーズ)には「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」の2種類あり、どちらも満たせるような記事を作っていく必要があります。

顕在ニーズ:読者自身が欲しい情報やものがはっきりしている状態
潜在ニーズ:読者自身にはっきりと自覚はないが、欲求がある状態

この記事だと、顕在ニーズと潜在ニーズはそれぞれ以下のようになります。

顕在ニーズ:ブログ記事の書き方を知りたい
潜在ニーズ:ブログのアクセスを増やして収益化したい

この記事では、潜在ニーズを満たすために記事の書き方だけでなく、「アクセスアップのためのSEO対策」についても触れています。

潜在ニーズも満たす記事作りを心がけることで、周りに差をつけることができます。

②SEOキーワード選定

読者の悩みを言語化したら、キーワード選定をしていきます。

キーワード選定とは、「需要のあるキーワードを調べる作業」のことをいいます

キーワード選定は以下の流れで行っていきます。

✔️  SEOキーワード選定の手順

手順①狙いたいジャンルの「単体キーワード」を決める
手順②関連キーワードのリサーチ
手順③検索ボリュームの調査
手順④情報をスプレッドシートにまとめる
手順⑤狙うキーワードを選定
手順⑥競合を調査

詳しい手順については、以下の記事で解説しています。
>>SEOキーワードを選定する6つの手順とコツを紹介【ブログ初心者必見】

③見出しを使った構成づくり

最後に、見出しを使った構成を考えていきます。

ブログ記事には、見出しタグ(h1〜h6)を使いながら構成を組み立てていきます。

見出しを使って構成を立てるときはいくつか決まりや注意点があります。

  • 見出しタグの順番を守る
  • 見出しにはキーワードを入れる
  • 見出しだけで記事の内容がわかるようにする

これらを守りながら構成を決めることで、ブログ記事が一気に書きやすくなります。

見出しに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
>>ブログ記事の見出しの作り方!SEOにも読者にも評価される構成とは?

ブログ記事の書き方に関するヒント

ブログ記事の書き方に関するヒント

ここからは、ブログ記事のテンプレートとあわせて覚えておきたい「ブログ記事の書き方に関するヒント」を3つ紹介します。

①ブログ記事を速く書く方法
②ブログの文章術の基礎
③SEOに強い記事の書き方

それぞれ解説していきます。

①ブログ記事を速く書く方法

まず、ブログ記事を速く書く方法を紹介します。

本記事で紹介した書き方を使うのも速く書くために役立ちますが、それ以外にも記事を速く書くコツは10個あります。

  1. あらかじめ構成をしっかり決めておく
  2. 最初は100点を目指さずに書く
  3. 書きやすいところから書く
  4. ショートカットキーを活用する
  5. Google日本語検索を使う
  6. よく使う言葉はユーザー辞書に登録しておく
  7. タイピングの練習をする
  8. 文章をたくさん読んでたくさん書く
  9. 文章術を学ぶ
  10. 【重要】速く書くことにこだわりすぎない

詳しい内容は以下の記事で紹介しています。
>>ブログの文章を速く書くための10個のコツ【爆速ライティング】

②ブログの文章術の基礎

ブログでいい記事を書くためには、正しい文章を書くことが必要不可欠です。

なぜなら、どれほどいい内容を書いても文章がぐちゃぐちゃだと読む気が失せてしまうからです。

読みやすい文章を書くことは以下の15個です。これらを覚えたからといって急激に文章が上達するわけではありませんが、「文章のNG」は避けることができるので、ぜひ覚えてみてくださいね。

✔️  読みやすい文章を書くコツ

1.一文の長さは60文字以内
2.改行とスペースを使い「見た目」にもこだわる
3.ひらがなと漢字のバランスをとる
4.ワンセンテンス・ワンメッセージ
5.「です・ます調」と「だ・である調」の統一
6.同じ語尾を連続させない
7.たとえ話を使う
8.冗長な表現を避ける
9.箇条書きにする
10.わかりやすい言葉を使う
11.二重表現を避ける
12.接続詞を正しく使う
13.推敲する
14.結論を先に述べる
15.文章の「型」を使う

詳しい内容や具体例は以下の記事で解説しています。
>>ブログの文章が10倍読みやすくなる書き方のコツ20個【初心者向け】

③SEOに強い記事の書き方

ブログ記事の書き方と合わせて知っておきたいのが、記事のSEO対策です。

今回紹介したリード文やまとめにもSEO対策が必要になります。

そのほかにもSEO対策ができる部分はあるので、以下の7つを確認しておきましょう。

詳しい内容は以下の記事で紹介しています。
>>SEOに強いブログ記事の書き方を7項目で紹介【検索上位を狙おう】

まとめ:テンプレートを使った記事の書き方で質の高い記事を書こう

テンプレートを使った記事の書き方で質の高い記事を書こう

本記事では、ブログ記事の書き方をテンプレートをもとに解説しました。

リード文(書き出し)読者の興味を惹くためのパート
本文読者の悩みを解決するパート
まとめ読者に次の行動を促すパート

テンプレートを使いながら書くことに慣れれば、ブログを書く速さも記事の質も格段にアップします。

ぜひブログ執筆に役立ててみてください。

✔️  あわせて読みたい
>>ブログのサイト設計が必要な理由と具体的な方法を解説【後悔しないために】

-ブログ, ブログの書き方
-