Webライター

Webライターがオワコンではない理由5つと稼ぐ方法を紹介します【初心者向け】

Webライターはオワコンではない理由と稼ぐ方法

悩む人
Webライターはもうオワコンだってよく聞くけど実際どうなんだろう...
Webライターは始めるべきじゃないのかなあ...

このような悩みをお持ちの方に向けて本記事では、「Webライターがオワコンではない5つの理由」と「オワコンWebライターにならず稼いでいく方法」を紹介します。

いきなり結論から言うと、

Webライターはオワコンではないけれど、ポイントを押さえないと稼げません

なぜWebライターはオワコンではないのか、押さえておくべき「ポイント」とは何かについて紹介していきます。

Webライターを始めるか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

✔️  本記事の内容

・Webライターがオワコンと言われる理由

・Webライターはオワコンではない5つの理由

・Webライターとして稼いでいく方法

なぜWebライターがオワコンと言われるのか

Webライターがオワコンと言われる理由

まず、Webライターがオワコンと言われている理由を2つ紹介します。

✔️  Webライターがオワコンと言われる理由

  1. 稼げないうちにやめていく人が多いから
  2. 参入者が増えているから

1.稼げないうちにやめていく人が多いから

Webライターは稼げないうちにやめていく人が大勢います。

なぜなら、Webライターを始めた頃はなかなか稼げない日々が続くからです。

Webライターは基本的に「文字単価」で報酬が決まります。

始めたてのころは、文字単価が0.5円以下で始まることがほとんどなので、書いても書いても稼げず、「こんなに書いても稼げないのか...」とやめていく人が多いのです。

これが、Webライターがオワコンと言われる理由の一つになっています。

2.参入者が増えているから

副業ブームや新型コロナウイルスによる巣ごもりで、Webライターを始める人が増えています。

そのため、ライバルが多く、仕事が取れないため、Webライターはオワコンと言われています。

Webライターがオワコンではない5つの理由

Webライターがオワコンではない理由

Webライターがオワコンと言われる理由を2つ紹介しました。

確かにWebライターの仕事に関する現在の状況をみてオワコンだと感じてしまう気持ちもわかります。

ですが、Webライターはオワコンではありません

その理由は以下の5つです。

✔️  Webライターがオワコンではない理由

  1. インターネット広告費はプラス成長しているから
  2. Webライターは在宅で稼げるから
  3. 差別化すれば仕事はもらえるから
  4. SNSなどに生かせるスキルが身につくから
  5. リスクが少なく始めやすいから

1.インターネット広告費はプラス成長しているから

電通の「2020年 日本の広告費|媒体別広告費」によると、2020年のインターネット広告費は、新型コロナの影響を受けたものプラス成長しています(下図参照)。

インターネット広告費はプラス成長している

インターネット広告費がプラス成長しているということは、インターネット上にメディアが増えているということになります。

それに伴い、必要となるコンテンツの数も増え、Webライターの需要が上がっています。

これからもインターネット広告費は増加していくと考えられているため、Webライターの需要も増え続けていきます。

そのため、Webライターはオワコンではないといえるのです。

2.Webライターは在宅で稼げるから

Webライターの魅力の一つが「在宅で稼ぐことが可能であること」です。

これから在宅ワークを選ぶ人も増加していくと考えられます。

その中で、Webライターの仕事を選ぶ人も増えるでしょう。

3.差別化が簡単だから

Webライターの参入者は増えてきていますが、スキルや意識を変えれば、簡単に周りと差別化できます。

例えば、

・スキルを身につけるための勉強

・応募やプロフィールを工夫

などが挙げられます(のちほど詳しく紹介します)。

このような取り組みは意外としていない人が多いので、これらができる人にとってはWebライターはオワコンではないといえるでしょう。

ながもん
楽して稼ぎたい人にとっては、Webライターはオワコンかもしれません

4.SNSなどに応用できるスキルが身につくから

Webライターの仕事をしていると、以下のスキルが身に付きます。

✔️  Webライターで身につくスキル

・文章力

・構成力

・SEOのスキル

・リサーチ能力

これらは、SNSやブログでの発信、日常の文章を書く場面でも応用することができます。

Webライターで身につけることができるスキルは、応用が効く高いスキルである点も、Webライターがオワコンではない理由の一つであると言えます。

5.リスクが少なく始めやすいから

Webライターは初期費用がほとんどかからず、すぐに始めることができます

在庫を持つ必要がないため、赤字になるリスクもほとんどなく、始めやすいという特徴があります。

そのため、Webライターはオワコンではないと言えるでしょう。

ながもん
パソコンとネット環境さえあれば0円で開始できます

Webライターとしてオワコンにならず、稼いでいくために押さえておくべきポイント

Webライターとしてオワコンにならず、稼ぐ方法

Webライターとしてオワコンにならず、稼いでいくためには以下の3つが重要になります。

✔️  稼げるWebライターになる方法

  1. 常に勉強し続ける
  2. 最初から稼げるわけではないことを理解しておく
  3. Webライターとして稼いでいくために必要なスキルを把握しておく

1.常に勉強し続ける

Webライターとして稼いでいくためには、常に勉強し続けるという姿勢を持つことが大切です。

なぜなら、勉強し続けていれば、早い段階から高単価の仕事を受けることも可能になるからです。

僕自身、文章術やSEOについて学習を続けた結果、早い段階で文字単価1円以上の案件をもらうことができました。

常に勉強を続けるといった姿勢が、あなたを稼げるWebライターにしてくれるでしょう。

 

Webライターに初心者におすすめの学習方法は以下の記事で詳しく解説しています。

>>Webライター初心者におすすめの学習方法を5つ紹介【早く稼ぎたい方向け】

2.最初から稼げるわけではないことを理解しておく

前にも紹介した通り、Webライターは特別な例(文章を書く仕事をしている、ブログ運営経験がある、仕事をくれる知り合いがいるなど)でない限り、最初はあまり稼げません。

なぜなら、Webライターは単価が低い状態から時間をかけて単価を上げていく必要があるからです。

最初は文字単価が低い上に書くスピードも遅いため、労力に対して報酬が低すぎるという状態になります。

ですが、Webライターを続けていくと、スキルや書くスピード、さらには文字単価も上がっていくため、稼ぎやすくなっていきます。

このことを理解した上でWebライターの仕事に取り組むことで、稼げるWebライターに近づくことが出来ます。

3.Webライターの仕事に対するプロ意識をもつ

これはWebライターに限ったことではないのですが、「プロ意識を持つ」ことは重要です。というより最低条件です。

例えば、

・納期を必ず守る

・こまめに連絡を取る

などですね。

「そんなの当たり前じゃん」という方も多いと思いますが、これが意外と出来ていない人が多いんです。

そのため、これらができるだけで周りと差別化ができるのです。

とえ副業であってもWebライターは「ビジネス」です。

それを理解した上でWebライターの仕事に対してプロ意識を持てる人は稼げるといえるでしょう。

まとめ:Webライターはオワコンではないが、稼ぐには工夫が必要

本記事では、Webライターがオワコンではない理由と稼いでいくために必要なことを紹介しました。

✔️  Webライターがオワコンではない理由

  1. インターネット広告費はプラス成長しているから
  2. Webライターは在宅で稼げるから
  3. 差別化すれば仕事はもらえるから
  4. SNSなどに生かせるスキルが身につくから
  5. リスクが少なく始めやすいから

✔️  稼げるWebライターになる方法

  1. 常に勉強し続ける
  2. 最初から稼げるわけではないことを理解しておく
  3. Webライターとして稼いでいくために必要なスキルを把握しておく

Webライターは簡単に始められるため、参入者も多いですが、適切なスキルを身につけていけば、ライバルは一気に少なくなります。

とはいえ、実際に仕事を始めないとわからないこともあります。

まずはWebライターとして仕事を取ることから始めてみてはいかがでしょうか。

Webライターとは?仕事内容から始め方、稼ぐ方法まで14記事で徹底解説
参考Webライターとは?仕事内容から始め方、稼ぐ方法まで14記事で徹底解説

続きを見る

-Webライター
-

© 2021 NAGAMON Blog