アフィリエイト ブログ ブログの書き方

アフィリエイトで稼ぐためのライティングは5種類【全部言えますか?】

ブログアフィリエイトで稼ぐためのライティングは5種類【全部言えますか?】

悩む人
アフィリエイトで稼ぎたいけど、ライティングってなにを身につければいいの?

このような悩みに答えていきます。

✔️  本記事の内容

・ライティングの種類と役割
・ブログアフィリエイトに必要な5つのライティング
・効率よくライティングを学ぶ方法

アフィリエイトで稼ぐために必要なライティングは主に5種類。それぞれの役割や特徴を理解して学習・実践を行うことで、アフィリエイトで稼げるようになっていきます。

ただ、学習の順番や方法を間違えてしまうと効率の悪い学習になってしまいます。

そのため、それぞれのライティングについて理解を深め、効率よく学習する必要があるのです。

本記事では、アフィリエイトで稼ぐために必要な5つのライティングの種類と効率の良い学習方法を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトの始め方はアフィリエイトブログの作り方を4ステップ解説【初心者向けに仕組みから紹介】を参考にどうぞ。わかりやすくまとめています。

アフィリエイトに必要なライティングの種類と役割

ブログアフィリエイトに必要なライティングの種類と役割

まず、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要なライティングの種類とその役割をサクッと解説します。

ライティングの種類と役割

ライティングには主に以下の5種類があります。

✔️  ライティングの種類

  1. 基本的な文章術:文章のルールや日本語の使い方
  2. Webライティング:Webの文章に特化したライティング
  3. SEOライティング:検索上位を取るためのライティング
  4. コピーライティング:タイトルやリンクのクリック率を上げるためのライティング
  5. セールスライティング:商品を売るためのライティング

それぞれの特徴や役割を理解することで、稼げるブログを作ることができます。

ライティングで知っておきたい3つのNOT

インターネット上の記事のライティングでは、「3つのNOT」と言われる壁を越えなければいけません。

3つのNOT

  1. 読まない(Not Read)
  2. 信じない(Not Believe)
  3. 行動しない(Not Act)

参考ライティングの壁「3つのNOT」とは?

3つのNOTの具体例と解決するためのライティングは以下の通り。

    • ブログを最後まで読んでもらえない→文章術・Webライティング
    • 表示回数が多いのにクリックされない→コピーライティング
    • アクセスはあるのに商品が売れない→セールスライティング

このように、ライティングには壁と乗り越えるべきライティングの種類と役割があるのです。

それぞれのライティングを学びながら実践することで、アフィリエイトで稼げるようになってきます。

アフィリエイトで稼ぐための5種類のライティング

ブログアフィリエイトで稼ぐための5種類のライティング

では、それぞれのライティングについて詳しく解説していきます。

✔️  ライティングの種類

  1. 基本的な文章術:文章のルールや日本語の使い方
  2. Webライティング:Webの文章に特化したライティング
  3. SEOライティング:検索上位を取るためのライティング
  4. コピーライティング:タイトルやリンクのクリック率を上げるためのライティング
  5. セールスライティング:商品を売るためのライティング

①基本的な文章術

詳細 文章の基本的なルールや日本語の使い方
難易度
学習優先度
おすすめ本 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。
おすすめ記事 ブログの文章が10倍読みやすくなる書き方のコツ20個【初心者向け】

まず身に付けておくべきは、ライティングの基本的なルールや日本語の使い方です。

具体的には、以下のようなコツがあります。

✔️  文章術の例

  1. 一文の長さは60文字以内
  2. 改行とスペースを使い「見た目」にもこだわる
  3. ひらがなと漢字のバランスをとる
  4. ワンセンテンス・ワンメッセージ
  5. 「です・ます調」と「だ・である調」の統一

上記以外の文章術は以下の記事で紹介しています。

>>ブログの文章が10倍読みやすくなる書き方のコツ20個

ブログで文章を書くための土台となるので、まずはここから学習していきましょう。

文章術の学習には『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』がおすすめです。

文章に必要なポイントがまとめられているのでとりあえずこれだけで十分です。

②Webライティング

詳細 Web上の記事に特化したライティング
難易度
学習優先度
おすすめ本 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
おすすめ記事 Webライティングの基礎 | 書き方のコツと学習方法を紹介 【ブログ初心者必見】

Webライティングは、インターネット上の文章に特化したライティングです。

紙の文章との最も大きな違いである「記事が読まれない」をカバーするための工夫が必要になります。

具体的な対策は最初に紹介した文章術とあまり変わりません。

読者に記事を読んでもらうための「わかりやすい文章+読みやすい設計」が必要になります。

✔️  Webライティングの例

  1. わかりやすい言葉を使う
  2. 結論から書く
  3. 装飾や改行で読みやすくする

Webライティングの詳細は以下の記事で解説しています。

>>Webライティングの基礎 | 書き方のコツと学習方法

おすすめ本は『沈黙のWebライティング』です。

Webで文章を書くなら必読です。

③SEOライティング

詳細 検索で上位を取るためのライティング
難易度
学習優先度
おすすめ本 SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
おすすめ記事 SEOに強いブログ記事の書き方を7項目で紹介【検索上位を狙おう】

SEOライティングは検索エンジンで上位表示するためのライティングです。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジンで上位表示されるための施策のことを言います。

SEOライティングは、ブログアフィリエイトで稼ぐためにかなり重要です。

なぜなら、そもそもアクセスがなければ商品を売ることはできないからです。

SEOライティングでは主に以下のような対策が必要になります。

✔️  SEOライティングの例

  1. タイトルや見出し、文章にキーワードを入れる
  2. 記事内に共起語を入れる

SEOに強い記事の書き方は以下の記事で紹介しています。

>>SEOに強いブログ記事の書き方を7項目で紹介【検索上位を狙おう】

おすすめの本は『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』です。

④コピーライティング

詳細 記事タイトルやアフィリエイトリンクのクリック率を上げるためのライティング
難易度
学習優先度
おすすめ本 ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

コピーライティングは、人を惹きつける短い文章(コピー)を書くライティング技術です。

アフィリエイトブログで言えば、タイトルやメタディスクリプション、見出し、商品リンクのマイクロコピーを書くときに使います。

✔️  コピーライティングの例

  1. 興味を掻き立てるタイトル
  2. 中身を読みたくなる見出し
  3. 商品の良さを一言で表すコピー

コピーライティングの学習におすすめの本は『ザ・コピーライティング』です。

難しめの本ですが、コピーライティングに必要な知識が詰まっています。

⑤セールスライティング

詳細 商品を売るためのライティング
難易度
学習優先度
おすすめ本 セールスライティング・ハンドブック
おすすめ記事 セールスライティング入門|書き方の基本と学習方法を解説【10倍売れる】

セールスライティングは商品を売るためのライティングです。

アフィリエイトで最も重要なライティングと言えるでしょう。

セールスライティングでは、読者の購買心理を理解し、商品の購入やサービスの申し込みを目指します。

ただ、セールスライティングは難易度が高めです。そのため、他のライティングをマスターし、なおかつブログにアクセスが集まるようになってから学習することをおすすめします。

セールスライティングの例は以下の通り。

✔️  セールスライティングの例

  1. 読者の背中を押す
  2. デメリットも紹介する
  3. 特徴+ベネフィットを提示する

セールスライティングの学習には以下の2冊がおすすめです。

①人を操る禁断の文章術(初心者向け)

人の心を動かす文章術が学べます。

サラッと読めるのでセールスライティング学習のとっかかりにおすすめです。

②セールスライティング・ハンドブック(中上級者向け)

内容はやや難しめです。

3,4,11,17章から読むと理解しやすいかと思います。

アフィリエイトで効率よくライティングを学ぶコツ

ブログアフィリエイトで効率よくライティングを学ぶコツ

ここからは、アフィリエイトに必要なライティングの効率的な学習方法を紹介していきます。

学習する順番を守る

ライティングは、必ず学習する順番を守りましょう。

なぜなら、順番通りに学習しないと理解に時間がかかってしまい、学習効率が悪くなるからです。

学習するおすすめの順番は以下の通り。

ライティングの学習手順

  1. 文章術
  2. Webライティング
  3. SEOライティング
  4. コピーライティング
  5. セールスライティング

例えば、Webライティングを理解できていないままセールスライティングを学んでもほとんど意味がわからないと思います。

ながもん
ライティングは効率よく学んでいきましょう。

必ず「実践」とセットで学習する

インプットとアウトプットはセットです。

本で学習したら即自分のブログで実践しましょう。

アウトプット手段は、文章術やWebライティングの学習のみであれば無料ブログで十分です。
ただ、SEOライティングやセールスライティングを学ぶには、WordPressブログを立ち上げることをおすすめします。

なぜなら、無料ブログだとそもそも検索エンジンで上位表示することが難しいため、SEOライティングの効果が測れないからです。

どのみちアフィリエイトで稼いでいくためにはWordPressブログは必須なので、早めに立ち上げておきましょう。

ブログをWordPressクイックスタートで始める
【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

続きを見る

まとめ:ライティングの種類と特徴を理解してアフィリエイトで稼ごう

まとめ:ライティングの種類と特徴を理解して効率よく学ぼう

本記事では、アフィリエイトで稼ぐために必要な5種類のライティングを紹介しました。

✔️  ライティングの種類

  1. 基本的な文章術:文章のルールや日本語の使い方
  2. Webライティング:Webの文章に特化したライティング
  3. SEOライティング:検索上位を取るためのライティング
  4. コピーライティング:タイトルやリンクのクリック率を上げるためのライティング
  5. セールスライティング:商品を売るためのライティング

ライティングにはそれぞれ役割があり、稼ぐためにはどれも必要です。

学習手順を守りつつ、アウトプットしながら効率よく学び、アフィリエイトで稼いでいきましょう!

  • この記事を書いた人

ながもん

ブロガー・Webライター。ブログ収益月5桁継続中。「個人で稼いで自由に暮らす」をテーマに、「ブログアフィリエイト×Webライター×仮想通貨」について発信。熊本県在住の25歳

-アフィリエイト, ブログ, ブログの書き方
-,