ブログ ブログの書き方

Webライティングの基礎 | 書き方のコツと学習方法を紹介 【ブログ初心者必見】

Webライティングの基礎

悩む人
ブログではWebライティングが大事って聞いたけど、Webライティングってなに?どうやって書けばいいの?

このような悩みに答えていきます。

Webライティングとは、インターネット上に特化した文章です。

Webライティングはブログ運営における基礎スキルです。

Webに特化した文章の書き方をしなければ、読者に読んでもらうことはできません。

本記事では、Webライティングのコツと学習方法について解説していきます。

これからブログ運営を始めるという方はぜひ参考にしてみてください、

✔️  本記事の内容

・Webライティングとは
・Webライティングのコツ
・Webライティングの学習方法

Webライティングとは?

Webライティングとは?

まず、Webライティングについて簡単に解説します。

Webライティングとはインターネット上に特化した文章です。

ネット上にある記事は全てWebライティングで書かれています。

Webライティングはブログ運営において基礎中の基礎であり、読まれるブログにするためにはWebライティングのマスターは必須です。

紙のライティングとの違い

紙のライティングとWebライティングの違いは以下の通り。

紙のライティング Webライティング
読む手段 書籍や雑誌など パソコンやスマホなど
拡散 されにくい されやすい
情報の信憑性 高い 低い
読者の離脱率 低い 高い
編集 しにくい しやすい
情報の新鮮度 低い 高い
読み方 最初から最後まで読む 必要な部分のみ読む

この表をもとにWebライティングの特徴をまとめると以下の通り。

✔️  Webライティングの特徴

・記事が拡散されやすい
・情報の信憑性は低い
・最後まで読んでもらえないことが多い
・記事の変更や編集が簡単
・新しい情報が入りやすい

Webライティングでは、これらの特徴を理解した上で、記事を書いていく必要があります。

ブログ運営におけるWebライティングの重要性

ブログ運営においてWebライティングの重要性はかなり高いです。

なぜなら、ブログは「文章でものを売る仕事」だからです。

ブログ運営に必要なスキルはSEO対策やデザイン、マーケティングなど様々ですが、これらはライティング力があってはじめて効果を発揮します。

そのため、Webライティングはブログ運営において必ず押さえておかなければならないのです。

Webライティングにセンスは不要

Webライティングに特別な才能やスキルは必要ありません。

なぜなら、Webライティングに必要なのは難解な文章や表現ではなく、「わかりやすく書くこと」だからです。

そのため、基本的な日本語力と実践の繰り返しがあれば、Webライティングは必ず上達します。

実際、僕自身もブログを始めた頃の文章は読めたものではありませんでしたが、今はある程度わかりやすい文章が書けるようになりました。

Webライティングのコツ

Webライティングのコツ

Webライティングで最も大切のは「読みやすい文章を書くこと」です。

ここでは、読みやすい文章を書くためのWebライティングのコツを3つ紹介します。

✔️  Webライティングのコツ

①わかりやすい言葉を使う
②適度に改行する
③結論から書く

それぞれ解説していきます。

①わかりやすい言葉を使う

Webライティングで大切なのは「わかりやすい言葉を使うこと」です。

Webの文章では小説のような表現は不要で、できるだけ簡潔でわかりやすい文章を書くことが求められます。

わかりやすい文章を書くために心がけることは以下の3つです。

✔️  わかりやすい文章を書くために心がけること

・中学生でも理解できる言葉を使う
・手書きできない漢字はできるだけ使わない
・どうしても専門用語を使わなければならない場合は注釈を入れる

これらを意識するだけで、かなり読みやすくなります。

②適度に改行する

Webの文章の特徴として、目が疲れやすいというものがあります。

そのため、読者の読むストレスにも配慮が必要です。

文章を適度に改行することで、読者のストレスを減らすことができます。

ブログの内容にもよりますが、目安として2〜3行に一度は改行するように心がけましょう。

ながもん
当ブログでは「。」がきたら改行しています。

③結論から書く

Webライティングは、必ず結論を先に書くことを心がけましょう。

なぜなら、Webの文章は最後まで読んでもらうことが難しいからです。

結論は最後に書いたほうが読者に興味を持ってもらえると思うかもしれませんが、実はそうではありません。

結論をもったいぶってもその前に読者は離脱してしまいます。

結論を先に書くことで、読者の興味を惹くことができます。

結論は導入部分に書いておきましょう。

Webライティングの学習方法

Webライティングの学習方法

ここからは、Webライティングを早く習得するための学習方法を紹介していきます。

✔️  Webライティングの学習方法

①本で学習する
②クラウドワークスのWebライター検定を受ける
③たくさん書く

学習方法①本で学習する

ブログ完全初心者であれば、まずは本を読んで基礎を押さえることで、スムーズに学習できます。

Webライティングの学習には以下の2冊の本がおすすめです。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

基本的な文章の書き方を学ぶことできます。

文章の書き方に自信がないという方におすすめです。

沈黙のWebライティング

Webライティングの本といえばこれ

分厚い本ですが、ストーリー形式でサクサク読めます。

学習方法②クラウドワークスのWebライター検定を受ける

クラウドワークスのWebライター検定を活用してWebライティングを学ぶという方法もあります。

クラウドワークスは、仕事の発注者とワーカーをつなぐサービスです。

その中に、ライター向けの「Webライター検定」があります。

クラウドワークスWebライター検定

クラウドワークスWebライター検定

無料で受講できる上に、以下のような動画形式の講座も用意されています。

Webライターだけでなく、ブロガーにとっても役立つ知識ばかりです。

Webライター検定講座

Webライター検定講座

Webライター検定の受験には、以下のメリットがあります。

✔️  Webライター検定を受験するメリット

・無料で受験ができる(3級のみ)
・スキルを証明することができる
・講座の内容が充実している

学習も受験も無料なので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

>>クラウドワークス

学習方法③たくさん書く

Webライティングを上達させるために必要なのは、やはり文章をたくさん書くことです。

なぜなら、文章の学習をしたところで、それを実践しなければ意味はないからです。

ある程度学習できたら、ブログやSNSを使いながらアウトプットしていきましょう。

たくさん書いているうちに文章を書く速さも文章力も上がっていきます。

まとめ:Webライティングはブログの必修科目

Webライティングはブログの基礎

本記事では、ブログ運営の基礎「Webライティング」のコツと学習方法を紹介しました。

✔️  Webライティングのコツ

①わかりやすい言葉を使う
②適度に改行する
③結論から書く

✔️  Webライティングの学習方法

①本で学習する
②クラウドワークスのWebライター検定を受ける
③たくさん書く

Webライティングはブログ運営の基礎です。

Webライティングを身につけるとさまざまな場面で役に立つので、ぜひ学習と実践を繰り返しながら身につけてくださいね。

✔️  あわせて読みたい
>>ブログの文章が10倍読みやすくなる書き方のコツ20個【初心者向け】
>>SEOに強いブログ記事の書き方を7項目で紹介【検索上位を狙おう】

-ブログ, ブログの書き方
-