Webライター

Webライターの働き方の種類は?それぞれの特徴、なる方法を紹介

webライター仕事の種類

ながもん
こんにちは、ながもんです。Webライターをしながら当ブログを運営しています。

・Webライターをやってみたいけど、どんな働き方があるか知りたい

・Webライターとしてやっていくためには何からすればいいかわからない

本記事では、このような悩みをお持ちの方に向けて、Webライターの働き方の種類とその特徴や、なる方法を紹介しています。

また、Webライターとして稼ぐために必要なスキルを最短で身につける方法もあわせて紹介しています。

これからWebライターとして仕事をしてみたいという方は参考にしてみてください。




Webライターの仕事内容

webライター仕事内容

まず、Webライターの仕事について知っておきましょう。

Webライターとは、インターネット上に掲載する記事を執筆する仕事です

Webライターが執筆する記事は多岐に渡ります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・ニュース

・コラム

・ブログ記事

・商品説明

・インタビュー

また、各ジャンルもビジネスや美容、金融、子育てなど多岐に渡ります。

Webライターと聞くと、企業に勤めて業務を行うイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、最近では、企業に属さずフリーランスでWebライターの仕事をする人が増えています。

また、副業でWebライターを始める人も多く、在宅で仕事ができるため、子育て中のママや大学生にも人気です。

Webライターの働き方の種類

webライター仕事の種類

Webライターの働き方の種類は、主に3つあります。

  1. 企業のライター
  2. 副業ライター
  3. フリーライター

それぞれ特徴が異なるため、一つずつ紹介していきます。

1.企業のライター

企業のライターは、企業に応募し、雇用される形でWebライターとして働くスタイルです。

Webライターの就職先としては、Webメディアを運営している企業がほとんどです。

記事のライティングから始まり、編集者やディレクターにキャリアアップ、またはライターとして独立を目指します。

しかし、Webライターとして正社員として就職するのはそう簡単ではありませ

Webライターとしての実績を作るために、まずは副業Webライターから始めてみましょう。

スキルをある程度身につけたら、以下の転職サイトから求人を探してみましょう。

Webライターの就職・転職におすすめのサイト

【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
大手・優良企業を中心に日本最大級の求人数を掲載。

【圧倒的求人数】リクルートエージェント
業界最多の圧倒的求人数が魅力です。一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

【Web・広告業界で最大手】マスメディアン
業界・職種に精通したキャリアコンサルタントが、転職をサポートしてくれます。

【IT業界特化】Green(グリーン)
IT・Web企業が多く利用する転職・求人サイト。メガベンチャーからスタートアップ、中小のIT企業まで幅広い企業が掲載されています。

2.副業ライター

副業ライターは、本業の空き時間でWebライティングを行う働き方です。

本業だけでなく、子育てや学業の合間にも行うことができます。

副業ライターは、基本的に「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトやTwitter、企業への直接営業で仕事を獲得します。

Webライター副業は、パソコンさえ持っていれば初期費用はほとんどかからず、簡単に始めることができます

さらに、Webライターとして身につけた多くのスキルを本業に生かすことも可能です。

Webライターの始め方は、以下の記事で解説しています。

ながもん
僕も最初は副業でWebライターを始めました

3.フリーライター

フリーライターは、企業に属さず、本業としてWebライターの仕事を行う働き方です。

柔軟な働き方が可能になる一方で、自己管理しながら働かなければ十分な収入を得ることはできません。

Webライターとして独立するのは簡単ですが、生計を立てていくには一定のスキルと経験が必要になるため、いきなりフリーライターとして独立することはおすすめしません。

フリーランスのライターを目指すのであれば、

副業→就職→独立

または

副業→独立

という流れで取り組むことをおすすめします。

Webライターになるために必要なスキル

webライター仕事の種類と必要なスキル

ここまでWebライターとしての3種類の働き方の違いを紹介してきましたが、身につけておくべきスキルはほとんど共通しています。

ここでは、特に重要な3つのスキルを紹介します。

  1. 文章力
  2. SEOライティングのスキル
  3. 情報収集力

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

Webライター稼ぐためのスキル
参考Webライターで稼ぐために必要なスキル6個と習得方法【未経験から稼ぐ】

続きを見る

1.文章力

webライターにとって、「わかりやすい文章を書くスキル」は必須です。

記事の目的は、「多くの人に読んでもらうこと」ですから、わかりにくい文章は当然読んでもらえません。

わかりやすい文章を書くためには、本などで基礎知識を学習したあとにたくさん文章を書いていれば、自然と身につきます。

Webライター初心者におすすめの本を目的別に6冊紹介
参考【2021年】Webライター初心者におすすめの本を目的別に6冊紹介

続きを見る

2.SEOライティングのスキル

Webライターにとって重要なスキルの一つとして、「SEOライティング」のスキルが挙げられます。

SEOライティングは、簡単にいえば、「検索結果の上位に記事を表示させるためのライティング技術」です。

SEOライティングができているWebライターは意外にも少なく、持っていれば差別化ができるスキルです。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

WebライターSEO対策初心者
参考Webライター初心者が知っておくべきSEO対策を5個紹介する

続きを見る

3.情報収集力

Webライターが記事を書く際、わからないことを調べる場面が多いと思います。

読者に正しい情報を伝えるためにも、情報収集スキルは欠かせません。

情報収集スキルを身につける1番の方法は、普段から気になっていることをシラブル習慣をつけておくことです。

ポイント

ちなみに、これらのスキルはブログを運営することで身につけることができます。

当ブログでいつもお伝えしていることなのですが、

「ブログとWebライターの掛け合わせは最強」です。

ぜひ、ブログも同時に始めてみてください。

Webライターがブログをやっておく理由
参考Webライターが個人ブログをやっておくべき6つの理由【メリットだらけ】

続きを見る

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

続きを見る

まとめ:まずは「Webライター副業」と「ブログ運営」から始めよう

webライター仕事の種類

いかがだったでしょうか?

本記事では、Webライターの働き方の種類と特徴を紹介しました。

Webライターは様々な働き方が可能です。

Webライターとして稼いで行くために、まずは副業とブログ運営から始めてみましょう。

その中でスキルを磨きながら、自分にあった働き方を探してみてくださいね。

✔️ Webライター就職・転職におすすめのサイト

【人材大手&充実サポート】doda(デューダ)
大手・優良企業を中心に日本最大級の求人数を掲載。

【圧倒的求人数】リクルートエージェント
業界最多の圧倒的求人数が魅力です。一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

【Web・広告業界で最大手】マスメディアン
業界・職種に精通したキャリアコンサルタントが、転職をサポートしてくれます。

【IT業界特化】Green(グリーン)
IT・Web企業が多く利用する転職・求人サイト。メガベンチャーからスタートアップ、中小のIT企業まで幅広い企業が掲載されています。

✔️ 未経験からWebライターで5万円稼ぐ方法

✔️ ブログの始め方

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

続きを見る

 

-Webライター
-