Webライター

Webライター初心者が知っておくべきSEO対策を5個紹介する

WebライターSEO対策初心者

ながもん
こんにちは、ながもんです。フリーランスでWebライターをしながらこのブログを運営しています。
  • Webライター初心者だけど、SEO対策について学んでみたい
  • SEO対策の学び方が知りたい

このような方に向けて、本記事では、「Webライター初心者が知っておきたいSEO対策の知識」を5つ紹介します。

また、SEO対策が学べる本や学び方についても紹介しています。

この記事を読むことで、Webライターに必要なSEO対策の知識ついて知ることができます。

ぜひ参考にしてみてください!




SEOについて

まずはSEOについてざっくり説明します。

SEOとは

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimaization)」のことです。

ひとことで言えば「Googleで検索したときに自分のサイトを上位に表示させる施策」のことを言います。

ちなみに、検索エンジンはいくつか存在しますが、Google検索が約8割のシェアを占めています。

そのため、基本的にSEO対策の対象は「Google検索」で考えておいて大丈夫です。

SEOで大切なこと

SEOで大切なことは、「検索エンジン」と「読者」の両方に評価される記事を作ることです。

SEOは「記事の検索順位を上げるためのテクニック」として捉えられることが一般的ですが、本質的には少し違います。

SEOは「読者とGoogleにとって、分かりやすくて役立つ記事を書くこと」なのです。

読者の悩みを解決する質の良い記事を書くことが、SEOにとって重要になります。

小手先だけのテクニックではSEO対策をすることは難しいでしょう。

記事を書く上で、「読者への配慮」を忘れないことが重要です。

WebライターがSEOを学ぶメリット

WebライターSEO対策を初心者が学ぶメリット

SEO対策は、「検索上位に表示するための技術である」と紹介しました。

WebライターとしてSEO対策が学ぶメリットは主に以下の3つです。

  1. 記事の修正依頼が減る
  2. 自分のブログに応用して稼げる
  3. 単価が上がりやすくなる

1.クライアントからの記事の修正依頼が減る

Webライターとして仕事をしていると、納品した記事に対してクライアントから修正依頼が来ることがあります。

理由としては、クライアントは納品された記事を「検索で上位表示させることができるか」の視点で見ているからです。

SEO対策の知識を持っていることで、検索の上位表示する上で問題ないと判断されることが増えるため、結果として修正依頼が減りま

修正依頼が減ることで、すぐに次の案件に取り組むことができるようになるため、効率が良くなります。

2.自分のブログに応用して稼げる

SEO対策の知識を身につけると、自分でブログを運用して稼げるようになりま

Webライターの案件として執筆する記事も、自分のブログで執筆する記事も、本質は変わりません。

どちらも、「検索で上位表示させる記事」の執筆が必要です。

WebライターとしてSEOが評価されるレベルになれば、ブログに応用して稼ぐことも可能になります。

Webライターとブログはかなり相性が良いので、ぜひどちらも取り組んでみましょう。

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】初心者でも簡単にWordPressブログを開設する方法【クイックスタート】

続きを見る

Webライターがブログをやっておく理由
参考Webライターがブログをやっておくべき6つの理由【メリットだらけ】

続きを見る

単価が上がりやすくなる

SEO対策ができるようになると、Webライターの単価も上がります。

SEO対策ができるWebライターは、検索上位で表示できる記事を書くことができるため、クライアントから評価されやすく、単価も上がりやすくなります。

ながもん
案件によっては1記事10,000円以上のものもあります

Webライターが知っておくべきSEO対策5個

WebライターSEO対策初心者

では、ここからWebライターが初心者が知っておくべきSEO対策を紹介していきます。

SEO対策は奥が深く、対策の方法も山ほど存在しますが、今回はその中でもWebライター初心者の方でも取り組みやすいものを選びました。

Webライターが知っておくべきSEO対策は以下の5つです。

  1. タイトルは32文字〜40文字にする
  2. キーワードはタイトルの前半に含める
  3. タイトル下にの説明文にもキーワードを入れる
  4. 正しい文章構造にする
  5. 本文に適度に共起語やサジェストを含める

1.タイトルは32文字〜40文字にする

タイトルは32文字〜40文字に設定するようにしましょう

この文字数をオーバーするとGoogleなどの検索結果画面で、文末が省略されてしまうからです。

タイトルが途中で省略されると見栄えが悪くなりますし、文章が途中で途切れてしまうので検索ユーザーに違和感を与えてしまいます。

よって、ページタイトルは可能な限り32文字〜40文字にしましょう。

2.キーワードはタイトルの前半に含める

狙っているキーワードはタイトルの前半に入れるようにしましょう

キーワードを前半に入れることで、Googleからも認識されやすくなり、読者にとっても内容がわかりやすくなるからです。

現在は読者の行動もSEOに影響があります。

読者がわかりやすいようにキーワードを前半に入れましょう。

ただし、タイトルが不自然になってしまう場合は、前半に含めることよりもタイトルのわかりやすさを優先しましょう。

3.タイトル下の説明文にもキーワードを入れる

タイトルの下には、「メタディスクリプション」という記事の説明文を記載する部分があります。

このメタディスクリプションにも狙いたいキーワードを含めることで、SEOの観点から効果があります。

また、記事がクリックされやすくなります。

4.正しい文章構造にする

SEO対策のためには、正しい文章構造にすることが大切です

正しい文章構造にすることで、読者にとってもGoogleにとっても記事の内容が伝わりやすくなります。

記事には、「見出しタグ」があります。

見出しタグは、<h1>、<h2>、<h3>...<h6>の6種類があります。

<H1>が一番大きな見出しで、数字が大きくなるほど見出しとしての大きさは小さくなります。

この記事の場合、見出しタグは、以下のようになります。

<h1>Webライター初心者が知っておくべきSEO対策を5個紹介する</h1>

<h2>SEOについて</h2>
 <h3>SEOで大切なこと</h3>
<h2>WebライターがSEOを学ぶメリット</h2>
 <h3>クライアントからの記事の修正依頼が減る</h3>
 <h3>自分のブログに応用して稼げる</h3>
 <h3>単価が上がりやすくなる</h3>
<h2>Webライターが知っておくべきSEO対策5個</h2>
 <h3>1.タイトルは32文字〜40文字にする</h3>
 <h3>2.キーワードはタイトルの前半に含める</h3>
 <h3>3.タイトル下にの説明文にもキーワードを入れる</h3>
 <h3>4.正しい文章構造にする</h3>
 <h3>5.本文に適度に共起語やサジェストを含める</h3>
<h2>Webライター初心者におすすめの「SEOが学べる本」</h2>
 <h3>沈黙のWebライティング</h3>
 <h3>10年つかえるSEOの基本</h3>
<h2>Webライターの仕事やブログ運営で実践的にSEOを学ぼう</h2>
 <h3>Webライターの仕事を受ける</h3>
 <h3>ブログを運営する</h3>
<h2> まとめ:SEOを学んで実践しよう</h2>

注意点は、<h1>タグの直下に<h3>タグがあったり、<h2>タグの直下に<h4>タグがあったりということはしないことです。

正しい文章構造をGoogleと読者に伝えるようにしましょう。

5.本文に適度に共起語やサジェストを含める

本文には、適度に「共起語」や「サジェスト」を含めるようにしましょう。

共起語とはあるキーワードと一緒に使われることの多い言葉です。

共起語を用いることで、コンテンツの情報を必要としている幅広いユーザーのもとに届きやすくなります。

共起語は、「ラッコキーワード」で確認することができます。

まず、狙うキーワードを検索窓に入力し、🔍マークをクリックします。

WebライターSEO手順

左のメニューバーから、「共通語βを見る」を選択します。

WebライターSEO手順

「共起回数ページ全体」の右側の矢印をクリックし、多い順に並び替えます。

WebライターSEO手順

赤い枠で囲っている部分の共起語を記事中に取り入れるようにしましょう。

WebライターSEO手順

この場合、「Webライター 副業」のキーワードの記事を書くので、上位の「ライター」「Web」「仕事」などは記事に入れるようにしましょう。

Webライター初心者におすすめの「SEOが学べる本」

SEOを本で学びたい場合は、以下の2冊がおすすめです。

初心者でも読みやすい内容なので、ざっと目を通しておきましょう。

沈黙のWebライティング

10年つかえるSEOの基本

Webライターの仕事やブログ運営で実践的にSEOを学ぼう

WebライターSEO対策初心者

ここまで、Webライター初心者が知っておくべきSEOの知識を紹介してきました。

しかし、知識としてSEOが理解できたつもりでも、実践しなければ本当に理解できたとは言えません。

SEOを実践する方法としては主に2つあります。

  1. Webライターの仕事を受ける
  2. ブログを運営する

1.Webライターの仕事を受ける

Webライターとして既に仕事を受けている方は、今回の内容ができているか照らし合わせながら記事を書いてみましょう。

まだWebライターの仕事を受けたことがないという方は、ぜひ始めてみましょう。

未経験からWebライターで月5万円稼ぐまでの手順は以下の記事でまとめています。

Webライターに向いている人の特徴
参考【完全版】未経験からWebライターで月5万円稼ぐまでのロードマップ

続きを見る

2.ブログを運営する

また、ブログを運営するのもおすすめです。

ブログは自分が書きたいテーマについて執筆できるため、自由度が高く、SEO対策の実践に最適です。

また、Webライターとの相性もいいため、Webライターメインでやっていきたい方にも、ブログ運営をおすすめします。

10分でブログを解説する方法は以下の記事で紹介しています。

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】初心者でも簡単にWordPressブログを開設する方法【クイックスタート】

続きを見る

まとめ:SEOで最も大切なことは「読者のためになる記事作り」

本記事では、Webライター初心者が知っておくべきSEO対策を5個紹介しました。

  1. タイトルは32文字以内にする
  2. キーワードはタイトルの前半に含める
  3. タイトル下にの説明文にもキーワードを入れる
  4. 正しい文章構造にする
  5. 本文に適度に共起語やサジェストを含める

ここで紹介したのはあくまで「テクニック」の部分です。

一番大切なのは、「読者のためになるライティング」です。

Webライターとして案件を進めていく上で、「この記事は読者のためになっているか?」と問いながら書いてみましょう。

-Webライター
-

© 2021 NAGAMON Blog