Webライター

Webライターが個人ブログをやっておくべき6つの理由【メリットだらけ】

Webライターが個人ブログをやっておく理由

悩む人
Webライターとブログはどっちをやればいいの?どっちもやるべき?
Webライターが個人でブログをやるメリットってあるの?

このような悩みに答えていきます。

結論、Webライターとして稼いでいきたいなら個人でブログをやっておくべきです

個人でブログを運営しておくことでWebライター案件獲得や実際の仕事で大きなアドバンテージを得ることができます。

本記事では、Webライターがブログをやっておくべき理由を6つ紹介します。

これからWebライターとして稼いでいきたい方、ブログを始めるか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

✔️  本記事の内容

・ブログ運営とWebライターの違い
・Webライターが個人ブログをやっておくべき6つの理由
・Webライターが個人でブログを運営するときの注意点



ブログ運営とWebライターの違い

ブログ運営とWebライターの違い

そもそもブログ運営とWebライターの違いはなんなのでしょうか?

まずはここから解説していきます。

ブログ運営もWebライターも「文章を書く」ということに変わりはありませんが、その内容としては以下の違いがあります。

ブログ運営

  • 自分が書きたい記事を執筆する
  • 構成から執筆まで全て一人で行う
  • 収入源は「広告収入」

Webライター

  • クライアントの指示に従って記事を書く
  • 基本的に記事の執筆のみを行う
  • 収入源は「クライアントからの支払い」

Webライターが個人ブログをやっておくべき6つの理由

Webライターが個人ブログをやるメリット

Webライターが個人ブログを運営するメリットは主に6つあります。

  1. Webライティングのスキルが身につく
  2. ブログ経由で仕事を獲得できる
  3. 収益を得ることができる
  4. WordPressの使い方がわかるようになる
  5. ブログがポートフォリオになる
  6. SEOに強くなる

一つずつ紹介していきます。

1.Webライティングのスキルが身につく

Webライターがブログを運営しておくことで、Webライティングのスキルがつきます。

Webライターの仕事もブログの運営も文章を書くということに変わりはありません。

ブログを運営することで記事を書く練習になります。

学んだことをアウトプットする場としてブログは最適です。

ながもん
ブログは自分が好きな分野や内容を書けるので、楽しくWebライティングの学習ができますね!

2.ブログ経由で仕事を獲得できる

Webライターは基本的にクラウドソーシングサイトやSNSで仕事を獲得します。

ただ、個人でブログを運営することで、ブログ経由で仕事の依頼が入ることもあります。

ある程度の実績やアクセスは必要になりますが、自分から営業をかけなくても、仕事が入ってるという状態を作流ことも可能です。

ながもん
プロフィール欄に仕事についてのお問い合わせボタンを作っておきましょう

>>ブログにお問い合わせフォームが必要な理由と設置方法を紹介【画像付き】

3.ブログで収益を得ることができる

ブログにある程度アクセスが集まるようになると、ブログで収益を得ることができます。

ブログでの収入が生まれることで、仕事や生活に余裕が生まれます。

Webライターは文章を書くこと自体には慣れているため、Webマーケティングなどの知識をつければ収益化は十分可能です。

4.WordPressの使い方がわかるようになる

Webライターとして高単価の案件を受けるためには、「WordPressに直接入稿できる」ことが必要です。

ブログを運営しておくことで、WordPressの知識や経験が溜まるため、高単価の案件を受けやすくなります。

ながもん
仕事を発注する立場に立ってみてください。WordPressの知識があるだけの人より、実際に使っている人に仕事を任せたいですよね

5.ブログがポートフォリオになる

Webライターの仕事をしていく上で大切なのが、ポートフォリオです。

Webライターの場合は、ブログ自体がポートフォリオになります。

自分はこんな文章が書けて、こんな知識を持っています、というアピールができるため、仕事ももらいやすくなります。

ながもん
僕自身も、ブログが評価されてお仕事をもらえたことがあります

6.SEOに強くなる

高度なSEOの知識を持っているWebライターはクライアントに重宝されます。

なぜなら、クライアントの目的は「より多くの人に情報を届けること」だからです。

SEOの知識は、Webライターとして仕事をするより、ブログ運営をしながらの方が学びやすいです。

ブログでSEOを学びつつ、Webライターの仕事に生かしましょう。

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

Webライターが個人でブログを書くときの注意点

Webライターがブログをやる上での注意

Webライターがブログを書く上で、注意点があります。

低品質な記事を書かない

それは、低品質な記事は書かないようにすることです。

低品質な記事とは、読者の悩みを解決できない記事や、文字数が少なすぎる記事などです。

ブログはWebライターのポートフォリオになるため仕事をもらいやすくなる、と紹介しましたが、逆効果になることもあります。

記事をたくさん書こうと焦る必要はありません。

丁寧で質の高い記事を書くことを意識してみましょう。

Webライターで案件を獲得したいジャンルについて書く

Webライターで獲得したい案件について個人ブログで発信すると、クライアントへのアピールになります。

例えば、仮想通貨のライティング案件を獲得したいなら、仮想通貨について調べて取引の始め方に記事を書くなどですね。

僕自身、プログラミングについて発信した結果、プログラミングスクールに関する記事の依頼を受けることができました。

ブログ上で記事を公開すると、ライティングのレベルやそのジャンルに関する知識の証明になるので、最初から高単価で案件を受けられることもあります。

ブログはWordPressで開設する

世の中には無料でブログを運営できるプラットフォームがたくさんあります。

ただ、Webライターの仕事の獲得につなげるならWordPressでブログを開設することをおすすめします。

なぜなら、Webライターの案件を発注するクライアントのサイトは高確率でWordPressで運営されているからです。

WordPressへの入稿まで担当できることが個人ブログのメリットですが、無料ブログだとあまり意味をなしません。

WordPressは月に1,000円ほどで運用できる上に、今は立ち上げにもそれほど時間がかからないので、ぜひ挑戦してみましょう。

ブログをWordPressクイックスタートで始める
【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

続きを見る

まとめ:Webライターで稼ぐために個人ブログを始めよう

本記事では、Webライターが個人ブログをやっておくべき理由を6つ紹介しました。

  1. Webライティングのスキルが身につく
  2. ブログ経由で仕事を獲得できる
  3. 収益を得ることができる
  4. WordPressの使い方がわかるようになる
  5. ブログがポートフォリオになる
  6. SEOに強くなる

Webライターと個人ブログの掛け合わせは最強です。

ぜひ、両方にチャレンジしてスキルの高いWebライターを目指していきましょう!

ブログをWordPressクイックスタートで始める
参考【10分で完了】エックスサーバーのクイックスタートでWordPressブログを開設する方法

続きを見る

-Webライター
-,