Webライター

Webライター副業で初月から1万円を稼ぐ方法!実体験をもとに解説する

WEBライター副業 1万円

ながもん
こんにちは、ながもんです。フリーランスWebライターをしています。

副業ブームの昨今、Webライターを副業として選ぶ人が増えてきています。

ただ、Webライターで副業を始める上で、

・Webライターで稼ぐために何をすればいいかわからない

・まずは初月に1万円稼ぎたい

という方も多いと思います。

そのような方向けに、Webライター副業で初月から1万円を稼ぐ方法を紹介します。

この記事はの内容は、実際に初月から1万円の収益をあげた僕の実体験に基づいています。

この記事を読むことで、Webライター副業で1万円を稼ぐまでの道筋が見えるようになります。

これから副業でWebライターを始めたいという方はぜひ参考にしてみてください。




まずは本でWebライティングの勉強をしよう

WEBライター副業の勉強はまずは本から

Webライターで副業を始める前に、本でWebライティングの勉強をすることをおすすめします。

なぜなら、基本的な文法や最低限のWebライティングの知識がないと、案件をもらうのが難しくなるからです。

ここからは、僕が実際に読んでみておすすめできる本を5冊紹介します。

基本的にこの5冊だけ読めば十分です。

本の詳細はこれだけ読めばOK!Webライター初心者におすすめの本を6冊紹介からどうぞ。

クラウドソーシングサイトに登録

クラウドソーシング

本で、ある程度文章の学習ができたら、次はクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼したい人(クライアント)と仕事を受けたい人(ワーカー)を繋いでくれるサービスです。

おすすめは、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

Webライター初心者でも受注しやすい案件が豊富なので、とりあえず登録しておきましょう。

✔️  Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトについてはWebライターにおすすめのクラウドソーシングサイト4選【初心者にもおすすめ】で詳しく紹介しています。

プロフィールを充実させよう

クラウドワークスに登録したら、まずはプロフィールを充実させましょう。

プロフィールはかなり重要です。

実際、僕はプロフィール欄にプログラミングスクールに通っていたことを記載していたおかげで、プログラミングスクールに関する記事の執筆を依頼してもらうことができました。

趣味や仕事の専門性を書くことで、案件をもらえることがあります。

プロフィールは確実に書いておきましょう。

まずはタスク案件をいくつかこなす

プロフィールを充実させても依頼が来ないこともあると思います。

それでも、落ち込む必要はありません。

自分で案件を獲得していけば全く問題なしです。

まずは、タスク案件から始めてみましょう。

タスク案件は、1時間ほどで終わる簡単な仕事です。

単価が低いですが、すぐに取り組むことができます。

ながもん
僕自身も、最初はプログラミングスクールの感想を書くタスク案件から始めました

ただし、タスク案件はやりすぎないようにしましょう。

理由は、以下の二つです。

  • 単価が低いため、稼げない
  • スキルが身につかない

タスク案件を受ける目的は小さな実績を作ることです。

2〜3個やったらプロジェクト形式の案件に移りましょう。

プロジェクト案件に応募する

WEBライター プロジェクト案件

タスク案件を案件をいくつかこなしたら、いよいよプロジェクト案件に応募です。

プロジェクト案件は、クライアントと契約してから作業を進める案件のことです。

案件を獲得するためには提案をして承認される必要があります。

プロジェクト案件に応募する上で大切なことが2つあります。

  1. 自分が詳しいジャンルの案件を受ける
  2. 文字単価が低すぎるものは選ばない

詳しく紹介します。

1.自分が詳しいジャンルの案件を受ける

クラウドワークス上には多くの案件があります。

その中で、最初は自分が詳しいジャンルの記事を選ぶようにしましょう。

自分が全く知識がない案件を受けてしまうと、執筆時にイチから調べて書かなければならないため、執筆に長い時間を要することになります。

まずは、自分の興味や知識のある分野の案件を探しましょう。

2.文字単価が低すぎるものは選ばない

WEBライティングの案件には、「文字単価」というものがあります。

簡単にいうと、「1文字あたりいくらもらえるか」ですね。

例えば、3000文字の記事を文字単価0.8円で受けると、報酬は2,400円です。

初心者のうちは0.5円くらいであれば受けるのもありですが、文字単価があまりにも低いものは選ばないようにしましょう。

ながもん
低単価で案件を受けて、稼げず辞めていくライターさんがたくさんいます

あとはひたすら書くのみ!

WEBライター副業 書く

プロジェクト案件にいくつか応募すると、契約してくれるクライアントさんが現れます。

あとは指示に従いながらひたすら書きましょう。

1万円の目安として、

  • 文字単価1円で2500文字の記事を4本書く
  • 文字単価0.7円で5000文字の記事を3本書く

などがあります。

※ただし、クラウドワークスのシステム利用料として一部持っていかれるので注意です。

1万円手元に残すには1万3千円くらいの収益が必要です。

WEBライター副業で初月から1万円は可能

今回は、WEBライター副業で初月から1万円を稼ぐ方法を紹介しました。

WEBライターは他の副業よりも始めやすく、すぐに収益を得ることができるため、副業としてオススメです。

今回紹介した手順でまずは1万円を目指してみてくださいね。

✔️  Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングサイト

-Webライター
-

© 2021 NAGAMON Blog