NFT

NFTのリビール(Reveal)とは?やり方やメリットを解説【初心者向け】

NFTのリビール(Reveal)とは?やり方やメリットを解説【初心者向け】

悩む人
NFTのプロジェクトで「リビール」って言葉を聞いたんだけど、どういう意味なの?

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • NFTにおける「リビール」の意味
  • NFTをリビールするメリット、デメリット
  • NFTをリビールする方法

NFTプロジェクトが増える中で、様々な用語が登場します。中でも聞き馴染みのない言葉が「リビール」です。初めてこの言葉を聞く人も少なくないと思います。僕もそうでした。

本記事では、NFTにおける「リビール」の意味を解説しつつ、実際のやり方も紹介します。

ながもん
僕自身、リビール販売されているNFTを購入したことがあるので、参考にしていただけるかと

5分ほどで読めるのでぜひ参考にしてみてください。

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

リビールとは「NFTの絵柄が変わること」

NFTにおけるリビールは「購入したタイミングでは同じ絵柄のNFTが、あるタイミングでそれぞれ個別の絵柄に変わること」です。 「Reveal」という単語には、「公開する、明らかになる」という意味があります。

言葉だけではわかりづらいと思うので、実例を紹介します。

以下は先日僕が購入した「ジト目ジェネ」です。ミント時には食欲をそそるラーメンの画像で統一されていましたが、リビール後にそれぞれ可愛い女の子の絵柄が表示されました。

✔️ リビール前

ミント直後

✔️ リビール後

リビール前

上記のように、同じ絵柄だったNFTがそれぞれ違う絵柄に変わりました。

なお、リビールが行われるのは主に数千体から数万体のNFTが販売される「ジェネラティブNFT」がほとんどです。

NFTをリビールするメリット

NFTをリビールするメリット

NFTをリビールするメリットを紹介します。

リビールのメリット

  1. 何が出るかわからないワクワク感がある
  2. コミュニティの一体感が生まれる
  3. レアなNFTをゲットできれば価格が高騰することもある

1:何が出るかわからないワクワク感がある

リビール方式のNFTは、発表されるまでどのような絵柄が出るかわかりません。

そのため、何が出るかわからないワクワク感を楽しめます。

2:コミュニティの一体感が生まれる

リビール方式でNFtが販売される場合、販売後にコミュニティからNFTの絵柄が発表されることが多いです。

そのため、発表前後にはコミュニティが盛り上がり、一体感を味わうことができます。

このようなお祭り感覚で楽しめるのもリビールのメリットと言えるでしょう。

3:レアなNFTをゲットできれば価格が高騰することもある

リビールされたNFTには、レアリティが設定されていることもあります。

NFTのレアリティ

NFTのレアリティ

もしレアなNFTをゲットできれば、価値が大きく上がることも。

そうなれば、販売することで収益を得ることもできるでしょう。

NFTをリビールするデメリット

NFTをリビールするデメリット

NFTをリビールするデメリットを紹介します。

リビールのデメリット

  1. 何が出るかわからないワクワク感がある
  2. コミュニティの一体感が生まれる
  3. レアなNFTをゲットできれば価格が高騰することもある

1:日本だとリビール方式はグレーな販売方法

実は、リビール方式でNFTを販売することは、賭博罪に当たる可能性があります。とはいえ、今までリビール形式でNFTを販売し逮捕された事例はありません。

リビールだけでなく、NFTではまだまだ法整備が進んでいないため、このあたりは、自分で調べつつ自己責任でお願いします。

2:絵柄次第では価値が下がることがある

リビールされるまで絵柄がわからないことは、ワクワクできるメリットがある一方、絵柄がイマイチで価格が下がる可能性があるというデメリットでもあります。

NFTの価値が上がらなければミント割れ(ミントした価格よりも価値が下がってしまうこと)してしまうこともあるため、注意が必要です。

ながもん
心配な人は、0.001ETHのような低価格のNFTの購入をおすすめします

NFTをリビールする方法

NFTをリビールする方法

NFTをリビールする方法は簡単で、Openseaの画面右上にあるリロードマーク(メタデータを更新)をクリックするだけです。

リロードマーク(メタデータを更新)をクリック

リロードマーク(メタデータを更新)をクリック

クリック後にもう一度画面を戻すと、NFTの絵柄が変わっていることが確認できます。

絵柄が変わればリビール完了

絵柄が変わればリビール完了

時間がかかることもあるので、変わらない場合はしばらく時間を置いて再挑戦してみましょう。

まとめ:NFTのリビールは簡単

まとめ:NFTのリビールは簡単

本記事では、NFTの「リビール」について解説しました。

✔️  本記事のまとめ

  • リビールとは、NFTの絵柄が変わること
  • NFTをリビールするメリットは、レア度の上昇やコミュニティの盛り上がり
  • ただし、デザイン次第ではリビール後に価値が下がることもある
  • NFTをリビールする方法は、リロードボタンを押すだけ

記事内で紹介した通り、NFTのリビールはかなり簡単です。この記事を参考にしつつNFTを楽しんでみてくださいね。

NFTプロジェクトの参加方法は以下の記事で解説しているので、あわせて読んでみてください。

>>NFTプロジェクトの参加方法完全版

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

今回は以上です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-NFT
-