NFT

【5分でわかる】NFTの「DYOR」とは?おすすめの実践方法も解説

【5分でわかる】NFTの「DYOR」とは?おすすめの実践方法も解説

悩む人
NFTの情報を見ていると「DYOR」ってよく見るけど、どういう意味?具体的に何をすればいいの?

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • NFTの「DYOR」の意味
  • DYORのおすすめ実践方法

NFT界隈でよく耳にするようになった「DYOR」という言葉ですが、意味がわからない人も多いと思います。

そこで本記事では「DYOR」の意味と、具体的な実践方法を紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

NFTの「DYOR」とは「自分で調べましょう」という意味

DYORは「Do Your Own Research」の略で、「自分で調べましょう」という意味です。

もっと噛み砕いていえば、「何かあっても責任が取れないから、自分で調べながら自己責任でやってね」といった感じでしょうか。

NFTは詐欺などのトラブルが多い

NFT界隈で「DYOR」という言葉がよく使われる理由は、NFTには詐欺が多いからです。NFT市場が国内で本格的に盛り上がり始めたのは最近です。そのため、詐欺に遭いやすかったり、遭ってしまっても対応してもらえないことが多いんですよね。

例えば、メルカリの取引でトラブルがあった場合、メルカリの運営に問い合わせすれば、高確率で対応してもらえます。

一方でNFTでは、詐欺に遭ってしまっても基本的には「自分の責任」で、誰も保証してくれません。これは、NFTが非中央集権型であるため、仕方ないことです。

だからこそ、自分で調べつつ、自分の身は自分で守らなければならないわけですね。

DYORのおすすめ実践方法

「DYORは自分で調べましょう」ということはわかっても、具体的にどうやって調べればいいか、普段から何に気をつければいいかわからない人も多いと思います。ここでは、DYORのおすすめ実践方法を紹介します。

DYORのおすすめ実践方法

  • 詐欺の手法や対策を知っておく
  • 常に最新情報を入手しておく
  • プロジェクトやギブアウェイに参加する際はよく調べる

1:詐欺の手法や対策を知っておく

あらかじめ詐欺の手法やその対策を知っておくと、防御力を上げられます。

NFT詐欺に遭わないための主な対策は以下の通り。

  • Twitterの設定を変更する
  • Discordの設定を変更する
  • ミントは必ず公式Discordから行う
  • ウォレットを分ける
  • 怪しいと思ったら運営に問い合わせる

上記の通り。

やり方は以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

>>NFT詐欺の手法と対策方法

2:常に最新情報を入手しておく

常に最新情報を入手しておくことも大切です。

情報収集方法はいくつもありますが、個人的にはVoicyがおすすめですね。

審査を通ったパーソナリティが発信しているので、最新かつ正確な情報を得られます。投資の観点からも聞いておく価値はあるので、まずは気になるパーソナリティを探してみてくださいね。

>>Voicy

3:プロジェクトやギブアウェイへの参加時は特に注意

NFTのプロジェクトに参加する際や、Twitterのギブアウェイ企画に参加するときは特に注意して、よく調べましょう。

ギブアウェイは、NFTのプレゼント企画です。

ギブアウェイ企画の中には、悪質なリンクを踏ませてNFTや仮想通貨を引き抜く詐欺であるものも存在します。

参加する際は一旦立ち止まり、信頼できるアカウントかをよく確認しておきましょう。

ながもん
リンクだけは絶対に踏んではいけません

まとめ:NFTはDYORで!

本記事では、NFTにおける「DYOR」について解説しました。

✔️  本記事のまとめ

  • NFTのDYOR(Do Your Own Research)は「自分で調べましょう」という意味
  • NFTは詐欺が多いため、調べることが重要
  • 詐欺の手法と対策を知る、情報収集するねどのrたいさくを日常的に行う必要あり

何度も言いますが、NFTは詐欺が多いため、自分の身は自分で守らなければなりません。

普段から調べる習慣を身につけつつ、安全にNFTを楽しんでいきましょう。

今回は以上です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-NFT
-