NFT

【簡単】NFTのバーン(Burn)とは?メリット、やり方を解説

【簡単】NFTのバーン(Burn)とは?メリット、やり方を解説

悩む人
NFTの「バーン」って何?いらないNFTを削除できるみたいだけど、やり方がよくわからないから教えて欲しいな

このような悩みに答えていきます。

✔️  この記事でわかること

  • NFTのバーンを行うメリット
  • NFTバーンのやり方

NFTを購入した人に中には「ウォレットの中にNFTが勝手に送られてきた」という経験をした人も多いと思います。Openseaなどのマーケットプレイスには「削除」の機能がないため、煩わしさを感じますよね。

実は、不要なNFTは「バーン」することで削除できるんです。

バーンとは、NFTをバーンアドレスに送ることでウォレットの中からNFTを削除することを言います。とはいえ、これだけではいまいち意味がわからないですよね。

そこで本記事では、NFTをバーンするメリットと実際のやり方を紹介します。

ながもん
初心者さんにもわかりやすいように、画像を使って説明しているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

NFTのバーンとは

NFTのバーンとは

NFTのバーン(Burn)とは、NFTを削除することです。「燃やす」という意味の英単語「Burn」からきています。つまり「NFTを燃やしてしてしまう」というイメージですね。

OpenseaなどのマーケットプレイスにはNFTを削除する機能がないため、バーンするという形でウォレットから削除する形になります。

バーンは「要らないNFTをバーンアドレスと呼ばれるアドレスに送ることで、ウォレットから消す」という流れで進めていきます。

ながもん
バーンしたNFTは戻ってこないため、慎重に行いましょう

NFTのバーンを行うメリット

NFTのバーンを行うメリットは以下の通り。

NFTのバーンを行うメリット

  1. ウォレット内の不要なNFTを削除できる
  2. バーンすることで新しいNFTをゲットできることがある
  3. コレクションの価値向上につながる

1:ウォレット内の不要なNFTを削除できる

NFTをバーンすることで、ウォレット内の不要なNFTを削除することができます。

NFTの中には、詐欺目的で送られてきたNFTや、要らなくなったNFTなどがあるかもしれません。

ながもん
特に、詐欺目的のNFTは、ウォレット内に存在するだけで気持ち悪いですよね。

そのようなNFTをバーンすることで、ウォレット内をスッキリさせることができます。

2:バーンすることで新しいNFTをゲットできることがある

NFTをバーンすることで新しいNFTをゲットできるイベントが行われることがあります。

一例は以下の通り。

  • CNP「バー忍」
  • CNPJ「超転職」
  • わふくジェネ「おでむかえ」

僕も先日、わふくジェネの「おでむかえ」に参加しました。

おでむかえでは、夏わふく姿のNFTをバーンすることで、代わりに秋使用のNFTがもらえるというイベントでした。

イベントの際は、プロジェクトのDiscordにあるリンクから行いましょう。指示に従いながらでなければ新しいNFTは付与されません

今後は、このようなイベントを取り入れるNFTプロジェクトは増えてくると考えられるので、チェックしてみてくださいね。

3:コレクションの価値向上につながる

コレクションの価値が上がるのも、バーンのメリットです。どういうことか、解説します。

NFTは、需要と供給のバランスで価値が変動します。つまり、そのNFTが欲しい人に対して売られている(リストされている)NFTが少なければ、価値が上がるということですね。

NFTをバーンしても「バーンアドレス」に送られるだけで、この世から完全に消え去るわけではありません。

そのため、売りに出されるNFTがコレクションの中から一つ消えることになるので、コレクション内のNFTの価値が上がりやすくなります。

コレクションの中には、あえてバーンを促しているものもあります。その場合、それ以上の価値があるものを付与するのが一般的です。

NFTバーンのやり方

NFTバーンのやり方は簡単。下記のアドレスにNFTを転送するだけです。

0x000000000000000000000000000000000000dead

このアドレスは「BurnAddress(バーンアドレス)」と呼ばれていて、簡単にいえばNFTの墓場ですね。

Etherscanを見ると、バーンアドレスとして扱われていることがわかります。

バーンアドレス

では、やり方を紹介していきますね。

まず、バーンアドレスをコピーします。

0x000000000000000000000000000000000000dead

Openseaの中から、不要なNFTを選択します。今回は、先日エアドロップされてきたNFTをバーンしていきますね。

不要なNFTを選択

不要なNFTを選択

画面右上の「転送」をクリックします。

不要なNFTを選択

不要なNFTを選択

先ほどのアドレスを入力し「転送」をクリックします。

アドレスを入力し「転送」をクリック

アドレスを入力し「転送」をクリック

これでNFTのバーンが完了です!

まとめ:不要なNFTはバーンしてしまおう

本記事では、NFTの「バーン」について解説しました。

エアドロップされてきた要らないNFTはサクッとバーンしてしまいましょう。

以下の記事もあわせて読んでみてくださいね。

>>NFT詐欺から身を守る方法

>>NFTプロジェクトの参加方法

キャンペーン情報

2022年11月28日まで1,500円相当のBTCがもらえるキャンペーンが行われているので、始めるなら今がチャンスです!

無料登録と入金(1円でもOK)を行えば、ビットコイン(BTC)がもらえます。予算がなくなり次第終了になる可能性があるので、気になる人はお早めに!

\1,500円分のビットコインがもらえる!/

コインチェックに無料登録する

今回は以上です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ながもん

ブロガー・NFTコレクター。ブログ月18,000pv /収益月10万円。NFT投資で含み益50万円以上。ブログ✖️NFTで稼ぐ方法やNFTプロジェクトで楽しみながら稼ぐノウハウを発信中。

-NFT
-