ブログ ブログの書き方

ブログ記事の「リード文」の書き方を7つの項目で紹介【差をつけよう】

ブログ記事の「リード文」の書き方を7つの項目で紹介

悩む人
ブログ記事のリード文って重要なの?
読者が記事を読み進めてくれるようなリード文が書きたい

このような悩みに答えていきます。

リード文は記事内でも特に重要な部分といえます。
なぜなら、読者はリード文を読んでその記事の内容を読み進めるかを判断するからです。

リード文に興味を持ってもらえなければ、どれだけ本文の内容がよくても読んでもらうことすらできません。

読者に興味を持ってもらえるリード文を書くことができれば、記事の滞在時間を上げることができます。

ながもん
僕自身も、リード文を書き直したら滞在時間が2倍になったことがあります

とはいえ、リード文をどのように書けばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、リード文の重要性とリード文の構成について紹介します。

この記事を読むことで、初心者でも簡単に「読まれるリード文」が書けるようになり、記事の滞在時間を上げることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

✔️  本記事の内容

・リード文とは?役割を紹介
・リード文の重要性
・リード文を構成する5つの項目
・リード文に関する3つの注意点

リード文とは【役割と重要性】

リード文とは【役割と重要性】

リード文とは、記事の導入にあたる部分です。

この記事で言えば、目次より上の部分がリード文になります。

リード文の役割は本文を読んでもらうこと

リード文の役割は、読者に記事のメイン部分を読みたいと思ってもらうことです。

本文に入るまでのつなぎ程度の考えている人も多いですが、実はかなり重要な部分です。

リード文は記事の「離脱率」と「滞在時間」に大きく左右する

リード文が重要な理由は、記事の「離脱率」と「滞在時間」に大きく関わるからです。

離脱率:読者がその記事でサイトを離れてしまう割合
滞在時間:読者がその記事にとどまっている時間

離脱率と滞在時間は、SEO(検索エンジンで上位するための施策)の評価に大きな影響があります。

リード文はSEOと読者の両方の評価に影響があるのです。

リード文を構成する7つの項目

リード文を構成する7つの項目

リード文を構成する7つの項目を紹介していきます。

✔️  リード文を構成する項目

①読者の悩み
②自分の体験や権威性
③問題提起
④悩みに対する結論
⑤記事の内容をひとことで
⑥記事を読むことで得られるもの
⑦記事の内容(箇条書き)

それぞれ紹介していきます。

リード文に入れる適切な項目や順番は記事の内容によって異なります。以下の項目を参考に、あなたの記事に合わせて書いてください

①読者の悩み

まずは、記事の想定読者の悩みを言語化して書きましょう。

なぜなら、リード文に悩みを入れることで、読者は「これは自分に関係のある記事だ」と思ってもらえるからです。

悩みは文章で書いてもいいですが、箇条書きや、本記事のような吹き出しで書くと読者の目に留まりやすいくなります

悩む人
ブログ記事のリード文って重要なの?
読者が記事を読み進めてくれるようなリード文が書きたい

②自分の体験や権威性

リード文に体験談や権威性を証明する文章を入れると記事への信頼がアップし、本文を読んでもらいやすくなります。

本記事だと、以下の部分です。

ながもん
僕自身も、リード文を書き直したら滞在時間が2倍になったことがあります

ダイエットの記事なら「この方法で3ヶ月で5キロの減量に成功しました」
節約系の記事なら「この方法で月に2万円節約できました」などですね

もし、書ける実績や体験談がなければ無理に入れる必要はありません。

③問題提起

次に問題提起をしていきます。

問題提起では、「記事を読まないとどんな問題が起こるか」を書いていきます。

この記事で言えば、以下の部分が問題提起にあたります。

リード文に興味を持ってもらえなければ、どれだけ本文の内容がよくても読んでもらうことすらできません。

「この記事を読まなきゃ損する」と読者に思ってもらえるような問題提起をしましょう。

④悩みに対する結論

リード文には、悩みに関する結論を必ず入れるようにしましょう。

答えを先に言ってしまうと、読者が離脱してしまうのでは?と思うかもしれませんが、むしろ逆なんです。

ブログの文章は、結論を先に述べることで、読者は最後まで記事を読んでくれる確率が上がります。

リード文は記事内でも特に重要な部分といえます。
なぜなら、読者はリード文を読んでその記事の内容を読み進めるかを判断するからです。

⑤本文の内容をひとことで

リード文には、記事の内容をひとことで紹介する文章を入れましょう。

これがないと、読者は、「結局この記事は何を教えてくれるの?」という疑問を抱いてしまいます。

先に記事の内容を簡潔に伝えることで、記事を読み進めてもらうことができます。

この記事では、以下のように書いています。

本記事では、リード文の重要性とリード文の構成について紹介します。

⑥記事を読むことで得られるもの

記事を読むことで得られるものも書くようにしましょう。

この記事を読むことで何を得られるのかが明確だと、記事を読み進めてもらえるようになります。

この記事だと、以下の部分ですね。

この記事を読むことで、初心者でも簡単に「読まれるリード文」が書けるようになり、記事の滞在時間を上げることができます。

⑦記事の内容(箇条書き)

リード文の最後に、箇条書きで記事の内容を入れるという手もあります。

これは正直、必須ではありません。記事の内容や自分の判断で決めていいかと思います。

本記事では、以下のように入れるようにしています。

✔️  本記事の内容

・リード文とは?役割を紹介
・リード文の重要性
・リード文を構成する5つの項目
・リード文に関する3つの注意点

リード文に関する2つの注意点

リード文に関する3つの注意点

最後に、リード文を書く上での注意点を2つ紹介します。

✔️  リード文の注意点

注意点①リード文は500文字以内に収める
注意点②装飾を使う

注意点①リード文は500文字以内に収める

リード文は500文字以内に収めるようにしましょう。

なぜなら、リード文が長すぎるとそれが離脱の原因になってしまうからです。

リード文の適切な文字数は記事によって異なります。

500文字以内になるように気をつけながら情報を過不足なく入れることを心がけましょう。

ながもん
この記事のリード文は約400文字です

注意点②装飾を使う

リード文には装飾を入れるようにしましょう。

記事を見た瞬間に画面が文字のみで埋まっていたらそれだけで離脱の原因になります。

・吹き出し
・箇条書き
・太字やマーカー
・背景の色の変更

などを使い、見やすさにこだわりましょう。

まとめ:リード文を工夫して「長く読んでもらえる記事」を目指そう

本記事では、ブログ記事の「リード文」の書き方を紹介しました。

✔️  リード文を構成する項目

①読者の悩み
②自分の体験や権威性
③問題提起
④悩みに対する結論
⑤記事の内容をひとことで
⑥記事を読むことで得られるもの
⑦記事の内容(箇条書き)

✔️  リード文の注意点

注意点①リード文は500文字以内に収める
注意点②装飾を使う

リード文を工夫することで、アクセスを伸ばすことができます。

この記事を参考に取り組んでみてくださいね。

✔️  あわせて読みたい
>>ブログ記事はタイトルが命!決め方の基本を5つ紹介【SEO対策効果あり】
>>ブログの文章が10倍読みやすくなる書き方のコツ20個【初心者向け】

-ブログ, ブログの書き方
-